2018年09月10日

石清水八幡宮

先の週末は天気が良ければ遠出を考えていたのだけれど、生憎の雨予報。しかも先日の台風21号通過で近場の山の状況はよくわからない。おそらくかなり荒れているだろう。

日中の雨はそれほどではなかったので、土曜日の午前中は陸上クラブの練習会へ行って、日曜日(9/9)は石清水八幡宮へ行くことにした。

石清水八幡宮は30台の全盛期の頃は毎週の様に練習に通った場所なのだけれど、いつも走り抜けるばかりで、ゆっくりと中を歩いたことが無い。いつの間にやら国宝になっていて、京都市内を眺められる展望台があるということをつい最近知ったので、そのあたりを散策してみようと思った。



家を3時に出て男山に向かう。

丘陵地の稜線にあたる場所にちょうど車道が通っていて、そこが石清水八幡宮に向かって若干の登りになって、クロカン走のような練習ができる。ただし信号が何カ所かある。

DSC_0001.jpg

最後にひと登りして駐車場のエリアへ。このあたりは竹林。

DSC_0003.jpg

男山の竹林と言えばエジソン。エジソンが発明した電球のフィラメントに男山の竹が使われたのは有名な話。

DSC_0004.jpg

久しぶりに眺めたのだけれど、昔はこんなんじゃなかったような気がする・・・。

そして本殿へ。

DSC_0007.jpg

たいていの神社では本殿の前に拝殿があるのだけれど、ここは拝殿が無い?

展望台へ行こうとしたところ、分岐が半分通行止めになっている。そばで仕事をしていた人に尋ねてみたら、展望台へは行けるけれど下には下りられないとのこと。

展望台から比叡山。

DSC_0010.jpg

愛宕山は雲の中。

DSC_0011.jpg

谷崎潤一郎の文学碑。

DSC_0012.jpg

当初の予定ではここから八幡市駅の方に下りて、淀川の河川敷を走って帰ろうと思っていた。しかし裏参道は悲惨!!

DSC_0014.jpg

さすがにここに突っ込もうとは思わない。そばの灯籠も大きな被害。

DSC_0015.jpg

これでは来た道を戻るしかないかなと思った。鳩ヶ峰から八幡市駅に下りるというルートもあるけれど、道の状態が心配だ。

表参道はどうかと思って覗いてみたところ・・・。

DSC_0016.jpg

どうもすでに整備されているようだ。もし荒れているのであればここに通行止めの表示があるはず。

濡れていて滑りやすい石段をゆっくりと下りて、無事正面まで下りてきた。

DSC_0019.jpg

八幡市駅はすぐそば。

DSC_0020.jpg

会社員時代に久御山の事業所に通っていた頃は朝はこの駅で降りて、御幸橋を渡って木津川沿いのジャリ道を走って行った。帰りはここで電車に乗るか、時間のある時や走り込みの時期は家まで走って帰った。と言ってもたかだか 12 〜 13km くらいだったと思うけど。

そう言えば台風で背割の桜が何本か倒れたとかニュースで言っていた。

DSC_0022.jpg

会社員時代には背割の桜なんて無かった。

あとは単調な河川敷の道を淡々と家に向かった。雨が降ったり止んだり。思いがけず陸上クラブの人が走っているのと遭遇した。

DSC_0023.jpg

約 20km。2時間半ちょっとののんびりジョグでした。
posted by まつだ at 10:59| Comment(0) | 街中ラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

鉢伏山、旗振山、鉄拐山

月曜日(9/3)は講座で六甲最西部の鉢伏山、旗振山、鉄拐山(てっかんやま)へ行ってきた。台風の影響で暖かい空気が南から流れ込んで、蒸し暑い一日だった。



出発は須磨浦公園。

DSC_0002.jpg

まずは平敦盛の塚へ寄り道。こんな所へ来るのは初めて。

DSC_0003.jpg

また元に戻って、全山縦走路の階段に入る。

DSC_0006.jpg

最初の展望台から淡路島。

DSC_0007.jpg

遊園地の展望台。

DSC_0010.jpg

すぐそばが鉢伏山の山頂(260m)で、ここで早めの昼食にした。全山縦走路は 20 回くらい通っているけれど、ここに来るのは初めてかも?

DSC_0011.jpg

少し涼しくなるかと思ってカップラーメンとホットコーヒーにしたけれど、判断ミスだった。

そして旗振山(252.6m)へ。

DSC_0013.jpg

旗振茶屋。

DSC_0016.jpg

今日、最後のピークの鉄拐山に向かいます。

DSC_0018.jpg

鉄拐山(234m)。ここも全山縦走の時はパスする山頂。

DSC_0019.jpg

今日はここから下山。途中にある毎日登山の署名所。

DSC_0020.jpg

今日、最後の展望台。

DSC_0021.jpg

一ノ谷に下りてきた。

DSC_0022.jpg

2時前に須磨駅に着いて、解散となった。それにしても暑い一日だった。
posted by まつだ at 15:40| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

大天井ヶ岳、山上ヶ岳

23日から26日まで随行で穂高周回の予定だったのだけれど、台風直撃で中止となってしまった。しかし台風は24日に通過したので土日の週末は大丈夫のはず。

天気予報では台風が過ぎても台風一過の快晴とはならないとのことだったので遠出は避けて、さりとて近場の 1000m 程度の山ではおそらく暑さが厳しいので、近すぎず遠すぎずの適当な場所ということで大峰を選択した。

吉野から高野山へ至る「弘法大師の道」というのが以前から気になっていて、そのコースで「Kobo Trail」というトレランレースがここ何年か5月に開催されている。このコースはその大半が登山地図には記載されていない不明瞭な道で、しかもずっと稜線を辿るので水場がまったく無い。

弘法大師が高野山を開く時、吉野から辿ったルートがこれではないかと推測されているのだけれど、正確な記録はまったく残っていない。

約 55km のコースで、もはやレースに参加しようという気にはならないけれど、今の自分では一気に駆け抜けるのはまずムリ。テントを担いで1泊2日なら何とか行けるかもと思うけれど、水場のことを考えるとなかなか思い切ることができない。

とは言っても少しくらいはどんなコースなのか味わってみたいという気持ちはあって、序盤にこのコースの一部を辿るルート設定にした。



朝5時前に家を出て、ノンストップ約2時間で洞川の母公堂(ははこどう)前の駐車場に到着した。ここは昨年3月に山上ヶ岳へ行った時に利用した所。

DSC_0001.jpg

母公堂は役行者が、大峰で修行している自分を心配して追いかけてくる母親のために建てたと言われているもので、母親がこれ以上、山に近づくと危険なので結界門を設置して、それから大峰の女人禁制が始まったとか。

7時5分に駐車場を出発して、車道を一旦温泉街に戻って、スロージョグで小南峠(こみなみとうげ)へ向かう。

DSC_0006.jpg

今回のルートで唯一不安なのが、小南トンネル脇から稜線へ乗り上げる所。地図には道は無く、はっきりした情報も得られなかった。しかし Kobo Trail では洞川温泉を出発して小南峠で稜線に合流するコースもあるので、何らかの標識が残っているのではないかと期待していた。

と思っていたところ、さっそく道ばたに残骸が出てきた。

DSC_0007.jpg

そしてトンネル手前には期待通りの標識が。

DSC_0008.jpg

おそらく Kobo Trail のために造られた道で、それ以外の時はほとんど誰も通っていないだろう。踏み跡も不明瞭で、所々に残るテープマークが唯一の目印。

わずか3分ほどで小南峠に出た。ちょうど8時。

DSC_0010.jpg

道は不明瞭で、杉の枯れ枝がたくさん落ちていて、傾斜は緩いけれど足元が悪くて走れない。ただし稜線を辿るので大きくロストする心配は無さそう。

DSC_0013.jpg

最初のピークの高山(1169.6m)。展望はまったく無し。「弘法大師の道」という標識が随所に設置されている。

DSC_0016.jpg

小天井ヶ岳(1170m)には9時4分、出発してほぼ2時間で到着した。このあたりまで来ると足元の杉の枯れ枝はほとんど無くなっていた。

DSC_0018.jpg

大天井ヶ岳が近づいてきて、ようやく奥駆道の稜線が眺められるようになってきた。

DSC_0021.jpg

山頂直下でも木材搬出のためのレールが設置されている。

DSC_0023.jpg

大天井ヶ岳(おおてんじょうがだけ、1439m)には9時43分に到着した。ここも展望は無し。

DSC_0024.jpg

少し下って奥駆道に合流した。ここまでが Kobo Trail のコースの逆走。よくこんな道でレースをやるなぁという感じ。おそらくレースの時以外は歩く人は非常にまれだろうと思う。行くならレースが開催されている今のうちだ。今ならコースマークが随所に残っているけれど、これが無くなったら一段と道が荒れて、相当困難になるだろう。

DSC_0026.jpg

ここからはガンガン下る。ここで今日初めて登ってくる二人パーティに出会った。

女人結界門の五番関に到着。ここで今日初めて腰を下ろしておにぎり休憩にした。

DSC_0027.jpg

ここからの道は所々鎖場などがあるけれど、なかなか気持ち良くて楽しい道だった。

DSC_0031.jpg

たまには南の方の展望も。

DSC_0030.jpg

もちろんこんな箇所も。

DSC_0033.jpg

法螺貝の音が聞こえてきて、11時22分に洞辻茶屋に到着した。

DSC_0037.jpg

修行の集団がたくさんいて、運悪く数人グループの後になってしまったが、次の休憩所で止まってくれたので先に出ることができた。

前回来たのは積雪期だったので修行者には逢わなかったので知らなかったのだけれど、このあたりでは山中で人に出会うと「おまいり〜」と挨拶するようだ。

朝からずっとほとんど人に会わずに歩いてきたので、突然別世界に入り込んだ気分。

DSC_0040.jpg

有名な「西の覗」にも寄っておく。

DSC_0043.jpg

ここから身を乗り出します。体験料 500 円なり。

DSC_0044.jpg

こんなロープで大丈夫なのか?

DSC_0045.jpg

ようやく山門へ。

DSC_0046.jpg

あとちょっと思ったらとんでもない障害物。前日の台風のせい?

DSC_0047.jpg

本堂の広場に到着。

DSC_0048.jpg

お花畑には花は無し。

DSC_0050.jpg

最高点の湧出岩(ゆうしゅついわ、1719.4m)。12時5分。出発してちょうど5時間だった。

DSC_0052.jpg

目の前に稲村ヶ岳。後ろは弥山や八経ヶ岳あたり。

DSC_0051.jpg

レンゲ辻方面への道がよくわからなくて少しウロウロしたけれど、ようやく分岐を発見。

DSC_0054.jpg

ここからの下りはなかなかの道で、岩場や階段などがたくさん出てきた。昨年の正月に来た時にはレンゲ辻の手前で敗退したけれど、あそこで戻って正解だったと思った。積雪期にトレランシューズ、スパイク、ポールで歩けるような道ではない。

一気に下ってレンゲ辻へ。ここも女人結界門。ここで腰を下ろしてどら焼き休憩にした。

DSC_0055.jpg

これで今回興味のあったコースはほぼ終了。あとは消化試合という感じ。で、これまでに歩いたことのある稲村小屋経由で母公堂に下りようと思っていたのだけれど、いざ歩き出すとなかなかの登りで、どうも気持ちが切れてしまった感じ。レンゲ辻から直接下る道もあるので、そちらに気持ちが揺らいだ。

実は今回、やりたかったことがもう一つある。それは、洞川温泉にはもう何度も来ているのだけれど、温泉にはまだ一度も入っていない。今回はぜひ温泉に入って帰りたいと思っていた。

レンゲ辻から沢筋を下ると終盤がずっと車道になるので、ずっと山道の稲村小屋コースを考えていたのだけれど、早く下って早く温泉に行きたいという気持ちが大きくなって、踵を返して沢筋を下ることにした。

DSC_0056.jpg

しかしこの道もなかなかの難路だった。鎖場が随所にあって、しかも前日の台風のことを途中で思い出して、もしどこかが崩れていて下れなくなったらどうしようという不安の念が頭に広がってきた。

流れを何度も渡りながら下っていくのだけれど、下れば下るほど水量が多くなって、ルート取りを間違うと困ったことになる。テープマークが所々にあるけれど、元々そこにあったのか、流されてそこに来てしまっているのかわからない。

最後の方ではムリに石を飛んで転倒するよりも足が濡れるくらいの方がマシと思ってジャブジャブと渡った。こういう時はトレランシューズはいい。登山靴やトレッキングシューズではなかなかここまでは思い切れない。

レンゲ辻から約50分、ようやく車道まで下りてくることができた。

DSC_0057.jpg

車道は当然走る。数分で清浄大橋に来て、ここの女人結界門にちょっと寄り道。

DSC_0059.jpg

母公堂には午後2時ちょっと前に戻ってきた。これなら温泉でゆっくりできる。

これまで来た時はすべて冬だったので、休日でも温泉街は閑散としていて、これで営業が成り立っているんだろうかと心配になるくらいだったけれど、今日は結構な数の観光客で賑わっていた。何となく温泉は冬場の方が気持ちいいんじゃないかと思っているのだけれど、どうも世間ではそういうわけでも無さそうだ。

DSC_0060.jpg

温泉そのものは可も無く不可も無くという感じで600円は妥当なところ。洞川は大峰講の宿場としての歴史は古いけれど、温泉が掘られたのはまだ30数年前くらいのことらしい。昔から温泉が湧いていたというのではなくて、観光資源として掘削して温泉を掘り当てたというのが実情のようだ。

帰りの道もスムーズで、6時前には家に帰り着くことができた。昔は大峰は交通の便が悪くて、大峰へ行くくらいなら白山にでも行った方がコストパフォーマンスがいいという感じだったけれど、高速道路のおかげで随分便利になった。
posted by まつだ at 17:23| Comment(0) | トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする