2019年03月16日

栂尾から沢ノ池、鷹峯

水曜日(3/13)は京都一周トレイルの講座で、昨秋の台風の被害で不通になっていた区間を歩いてきた。

交通の便の関係で栂尾から沢ノ池に向かって、それから鷹峯まで歩いた。



栂尾に集合して、少し車道を歩いてから福ヶ谷の林道に入る。

DSC_0003.jpg

このあたりは最も被害が大きかった地域で、北山杉の植林がこの有様。

DSC_0005.jpg

小一時間でようやく山道へ。

DSC_0006.jpg

今回、唯一の展望場所。しかしこれは台風のせいで木が倒れて開けたもの。正面の尾根は先月歩いた松尾山の稜線。

DSC_0007.jpg

ひっそりした仏栗峠(ほとくりとうげ)。

DSC_0009.jpg

沢ノ池に到着して、ここで昼食にした。

DSC_0010.jpg

しばらく車道を歩いて本来は山道に入るのだけれど、この先が斜面の崩落で通れない。迂回路へ回る。

DSC_0011.jpg

迂回路は東海自然歩道。何十年も前に東海自然歩道を箕面から室生寺まで行ったので、ここは通っているはずだけれど、もちろんそんな記憶はまったく無い。それにしてもその当時と比べると東海自然歩道はもう忘れ去られているような箇所が多いと感じる。

DSC_0012.jpg

路上に何かの骨? 長さ数センチくらい。

DSC_0013.jpg

上ノ水峠も静か。道標すら無い。これはこれで悪くない。

DSC_0014.jpg

このすぐ下が通行止めの箇所。さっきの箇所からここまでが不通区間になっている。

DSC_0015.jpg

ここから千束に向かって下っていくけれど、ここもまだまだ荒れている。

DSC_0016.jpg

車道に出て少し行くと、紙屋川の左岸に数年前の大崩落の補修箇所。

DSC_0018.jpg

午後2時に鷹峯に到着して解散した。

DSC_0019.jpg

私はその後1時間ほど歩いて出町柳から帰った。
posted by まつだ at 10:33| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

びわ湖バレイ3回目

今日は3週連続でびわ湖バレイに行ってきた。たぶん今シーズンのラストびわ湖バレイ。来週はいろいろあって時間が取れないし、その次となるともう賞味期限切れになっているだろう。

そろそろ暖かくなっているだろうと思って春用のジャケットとオーバーパンツで行ったところ、これが大失敗。ゲレンデエリアは強風で、これまでで一番寒かった。

それでも展望はそこそこで、武奈ヶ岳を望むことはできた。

DSC_0002.jpg

5週連続のゲレンデ練習となったが、3週目までは復調が見られて気分良かったけれど、それ以降は足踏み状態。元々のレベルまで戻ってきてしまったということなのだろう。

寒さのおかげで気力も削がれて、東京マラソンの大迫傑状態になった。

30分ほど休憩所に入って気力回復をはかったけれど期待ほどには回復せず、制限時間を1時間以上残して下りてきた。

こういう眺めは今シーズン最後になるだろう。

DSC_0003.jpg

日帰りエリアのゲレンデ練習はもう行けないと思う。しかし高速を走ってまでゲレンデ練習へ行く気にはならない。もはやゲレンデで1日まるまる滑る気力は無い。

それくらいなら易しい山スキーコースへ行った方がいいのだけれど、残念ながら今年はかなりの雪不足で、岐阜や福井の美濃エリアはすでに下部はヤブになっている模様。もちろん白山まで行けば大丈夫だろうけれど。

次に行けるのは4月になる。となるともはや行き先はアルプスエリアしか無い。

しかしコストをかけて栂池まで行って白馬乗鞍だけで帰ってくるというのもちょっとむなしい。

悩ましい・・・。
posted by まつだ at 21:55| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

釈迦岳、武奈ヶ岳

2月は週末に用事が続いたり、スキーへ行ったりで、個人山行はゼロで終わってしまった。ゲレンデスキーは4回行ったけれど、そろそろ山にも行かなければ。

と言うことで好天予報の今日(3/2)、正月に敗退した釈迦岳と武奈ヶ岳のコースを再挑戦することにした。



正月と同じ電車に乗って、同じく8時18分に比良駅を出発した。

DSCF1357.jpg

雪が少ないことはわかっていたので、ゴアテックスのトレランシューズで来た。そして簡易ヘルメットをしのばせた帽子を被った。

トレランシューズは快適で、30分でイン谷口まで来た。やはり山歩きはこれに限ると再認識した。山スキーならいざ知らず、重い登山靴はもう履きたくない気分。

正面に釈迦岳が見える。ここから標高差で850mくらい。

DSCF1360.jpg

ようやく登山道に入った。日射しの木漏れ陽がまぶしい。気分は上々。

DSCF1362.jpg

正月に2時間半かかった敗退地点まで1時間半で来た。足元の道標は正月は雪に隠れて見えなかった。

DSCF1366.jpg

ここで先のことを考えてチェーンスパイクを履いて、ポールを出した。

雪はそれほどはしっかりしていなくて、しばしば踏み抜いてヒザあたりまではまり込んだ。歩きにくい。

予想以上に時間がかかったけれど、あと少し。

DSCF1370.jpg

10時28分、出発して2時間10分で釈迦岳(1060.1m)に到着した。

DSCF1371.jpg

立ったままでジェルだけ補給して、早々に武奈ヶ岳に向かう。武奈ヶ岳は遠いような近いような・・・。

DSCF1373.jpg

八雲ヶ原に向かって下る。スキー場があった頃のリフトの跡がくっきり。その右奥が武奈ヶ岳。

DSCF1376.jpg

ここのスキー場は何度か来た。びわ湖バレイほどは混んでいないのが良かった。何せシングルリフトを乗り継がなければならないので、それほど大量にスキー客を運ぶことができなかった。

そろそろ雪が緩んで歩きにくくなってきたが、最後の登りはなかなかしんどい。稜線に上がるとあとわずか。

DSCF1379.jpg

12時12分、武奈ヶ岳山頂(1214.2m)に到着した。

DSCF1380.jpg

快晴無風という最高のコンディションだったので、今日初めて腰を下ろしておにぎり休憩にした。びわ湖バレイのスキー場が真正面に見える。

DSCF1382.jpg

昨年、堂満岳から武奈ヶ岳へ向かった時の逆コースでコヤマノ岳へ。

DSCF1386.jpg

最後の方は昨年とはちょっと違うトレースで、金糞峠の西の沢筋に下り立った。

DSCF1389.jpg

わずかの登り返しで金糞峠へ。

DSCF1390.jpg

ここでまた腰を下ろしてどら焼き休憩にして、青ガレを下る。

DSCF1392.jpg

40分ほどで大山口。

DSCF1394.jpg

あとはひたすら比良駅に向かう。またまた電車の時間ギリギリで、あわただしいフィナーレになったが、ちょっと立ち止まってびわ湖を眺める。

DSCF1396.jpg

電車出発3分前の午後2時50分、比良駅に戻ってきた。

今年初めて、山らしい山へ行ったという気分になった。
posted by まつだ at 18:12| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする