2017年05月07日

熊野古道小辺路2日目

2日目は夜明けとともに歩き出すために4時に起きた。

夜は中綿ジャケットとダウンパンツ、そして全身マットのおかげで思ったより快適に寝られた。ただ、朝方は足元が少し寒かったけれど。

朝のメニューはかつて愛用した懐かしの棒ラーメン。しかし大きなミスを犯してしまった。

棒ラーメンは2食分が一袋に入っていて、1食分だけをラップに包んだ時、粉末スープを取り分けるのを忘れてしまっていた。仕方無いので少しでも塩味の足しにと思ってサラミを二つ入れて煮込んだ。

かすかな塩味は悪くなかった。お湯が少なめだったので、粉末スープだったら辛すぎたかも知れない。

コーヒーを飲み終えてテントの外に出た頃には薄ら明るくなっていた。



荷物をまとめて5時過ぎに出発した。もうヘッドランプはいらない。

DSC_0126.jpg

歩き出して 30 分足らずで三浦峠(1080m)に到着した。一人でシェルターを張っている人がいた。

DSC_0127.jpg

ここからはまたしばらくなだらかな下り基調が続く。木々の間から朝日が差し込んで、とても気持ちがいい。

DSC_0130.jpg

しかし早くも腰に鈍痛が出てきた。そうだ、ロキソニンを持ってきているのをすっかり忘れていた。昨日も、終盤で厳しくなってきたら服用しようと思っていたのに、完全に失念していた。

と言うことでおまじない代わりにロキソニンを投入。私はこういう薬はほとんど効かないのだけれど(ヘルニアの時のボルタレンやリリカもまったく効かなかった)、ヘルニア手術で退院した時に持たされたものがまだたくさん残っている。こんな時にでも使わないともったいない。

単調でなかなか標高の下がらない道をうんざりしながら1時間半くらい歩いて、矢倉観音堂まで来た。

DSC_0140.jpg

このあと下りが急になって、小康状態だった腰にこたえる下りだった。

三浦峠から2時間半かかってようやく車道に下り立った。

DSC_0142.jpg

ここから十津川温泉手前まで、延々と車道歩きになる。

DSC_0145.jpg

腰がつらくなってきたので公衆トイレの前の川合神社でザックを下ろして休憩した。

DSC_0147.jpg

朝から私と同じ方向の人は一人も出会わないけれど、反対方向から来る人には二人ほどすれ違った。

また腰がつらくなってきたので、バス停の待合ベンチに腰をかけて少し休んだ。

あの遙か彼方に見えるのが果無峠(はてなしとうげ)だろうか。

DSC_0149.jpg

車道に出てから延々2時間、8km ほど歩いて、ようやく温浴施設の昴の里に到着した。

DSC_0150.jpg

トンネルを抜けて、吊り橋を渡る。5人以上同時に渡るなという警告が書かれているが、結構揺れて恐ろしかった。一人なので自分が歩くリズムで渡れたけれど、複数で渡ると揺れるリズムが複雑になって一段と恐そうだ。

DSC_0151.jpg

いよいよ今回のコースで最後、そして最大の標高差約 900m の果無峠への登りにさしかかった。

DSC_0155.jpg

展望場所にベンチがあったので、そこでザックを下ろして休憩にした。今日二度目のロキソニンを投入。

DSC_0156.jpg

石畳の道を上がると果無集落。こんな所に突然、と思うけれど、実は車道があって少ないながらもバス便がある。「にほんの里 100 選」というものに選ばれているらしい。

DSC_0157.jpg

シャクナゲ(たぶん)。

DSC_0160.jpg

登りにさしかかってから1時間半くらい歩いて、ようやく観音堂に到着した。

DSC_0167.jpg

果無峠だけ歩くという人がわりといるようで、このあたりではたくさんの人に出会った。ここにも数人が休憩していたが、水場があるので素通りというわけにはいかない。

ザックを下ろして一休みして、最後の登りに向かう。今回の登りはこれが最後だ。おそらく 30 分あれば登れるだろう。

20 分ちょいの登りで果無峠(1114m)に到着した。少し小雨。

DSC_0170.jpg

12 時にここまで来られればと思っていたけれど、まだ 11 時半ちょっと前。これなら3時過ぎのバスに乗れそうだ。

二十丁石、そして三十丁石と下って行く。

DSC_0173.jpg

いよいよ今回の行程もトレイルは最終章にさしかかってきた。久しぶりに、終わってしまうのがちょっと寂しいという気持ちになった。

DSC_0177.jpg

午後1時過ぎに八木尾のバス停に下り立った。

DSC_0180.jpg

ここからはまた車道。

少し時間がありそうなので「道の駅ほんぐう」でまたいそべ餅を楽しんだ。

DSC_0183.jpg

あとは淡々と車道を行くだけと思っていたら、実はまだトレイルが残っていた。

三軒茶屋跡のそばの門。

DSC_0187.jpg

このあたりは観光客の世界。

DSC_0188.jpg

いよいよ熊野本宮大社へ。

DSC_0192.jpg

中のエリアは撮影禁止とのことで、参道の石段を下りて午後2時 45 分に山門にゴールした。

DSC_0195.jpg

本当ならここでとびきりおいしいビールをぐっといきたかったのだが、バスが3時 10 分に迫っているので、早々にバス停に並んだ。まだ屋根のかかっている部分に入れたのだけれど、このあと一気に列が延びて、それと同時に雨が本降りになってきた。

バスに2時間揺られて紀伊田辺駅に出て、特急を奮発して8時半過ぎには家に帰ってくることができた。

2日目は行動9時間半、約 32km だった。
posted by まつだ at 17:34| Comment(2) | ファストパッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

熊野古道小辺路1日目

5月3日は5時過ぎの始発に乗るため、携帯のアラームで3時半に起きた。ところがここで思わぬハプニング。

アラームを止めた瞬間、携帯の画面が消えてしまったのだ!! その後、何度か電源のオンオフを繰り返してみたけれど復旧せず。

画面表示が壊れているだけで通話はできそうだけれど、メールの送受信はできない。

中途半端な状態だとかえって面倒で、幸いデータ通信専用のスマホは別に持っているので、連絡はスマホのメールでやるというメモを残して、携帯は電源を切って置いて出た。

行きの電車はたっぷり時間があったので、地図とガイドブックのコピーを見ながら今日の行程を考えた。

その結果、今日は最低でも三浦口まで。できればここから三浦峠へ向けて登って、三十丁の水のあたりまで行ければ翌日が少し楽になると思った。おおむね 35km くらいだろう。



電車、ケーブル、バスを順調に乗り継いで、8時過ぎには金剛峯寺に到着した。

DSC_0039.jpg

山門のそばのベンチで準備を整えて、8時 23 分に出発した。

電車の中でさんざんガイドブックを読んでいたのに、金剛三昧院のところでいきなりロスト!!。

DSC_0043.jpg

右へ曲がらなければならないところを直進してしまった。標識が立っていたのに・・・・。

小辺路を歩く人はやはりそれなりに多そうで、先行した人達を抜いて行く。

まずはろくろ峠。

DSC_0046.jpg

そして薄峠。

DSC_0049.jpg

ここまで緩い登りの林道のような道。ここから下りになって、御殿川(おどがわ)の橋を渡る。

DSC_0052.jpg

この先にトイレがあるようなので、そこでちょっと休憩していこうと思っていたら、ちょうど数人のパーティが休憩していて、おまけにタバコを吸っている。止まらずにスルーする。

今回の行程ではスタート直後の序盤を除いてはハイカーと出会うことはあまり多くなかったのだけれど、なぜか休憩ポイントのような場所に来ると誰かいるということが多くて、写真を撮りたい場所には誰かがいるというケースにしばしば出くわした。

緩い登りのトレイル。天気は曇りで、歩くにはちょうどいい天候だ。

DSC_0057.jpg

このあと高野龍神スカイラインに合流して、しばらく車道を行く。バイクがぶっ飛ばして行くので恐ろしい。

DSC_0059.jpg

水ヶ峰の分岐には 10 時半ちょっと過ぎに到着した。

DSC_0062.jpg

トレイルを少し進むと舗装された林道に出る。このあたりはわりと展望が開けている。西の奥の方は大峰だろうか。

DSC_0067.jpg

ところどころカーブをショートカットする旧道が残っている。

DSC_0075.jpg

大股には 12 時5分に到着した。おおむね予定通りのペースだが、重荷のせいか右肩の裏あたりが凝ってきた。

DSC_0083.jpg

ここから今日のメインイベントの伯母子岳(おばこだけ)への登りになるので、腰を下ろしてエネルギー補給にした。

急登を上がる。一気に高度がかせげるので急登は嫌いではない。

DSC_0086.jpg

急登が一段落して萱小屋跡。少し一息つこうかと思ったらまた人がいた。

DSC_0087.jpg

変わり映えのしない単調な道を進んで、ようやく伯母子岳と伯母子峠への分岐に来た。ここまで来て山頂に行かない手はない。

DSC_0090.jpg

伯母子岳山頂(1344m)にはちょうど午後2時に到着した。今回のコースの最高標高点で、数少ない展望の開けた場所。

DSC_0092.jpg

しかし写真を撮ったら早々に下山に移る。

10 分ほどで伯母子峠。ここには避難小屋があって、誰か中にいるようだった。

DSC_0096.jpg

ここからの下りもうんざりするような単調な道が続く。左側が谷になった斜面をトラバースして下って行くのだが、所々崩れている箇所があって、谷側はあまり木が生えていないので、もし落ちたらタダでは済まない。

DSC_0099.jpg

このあたりから腰に疲労感を感じるようになってきた。慣れない重荷のせいだと思うけれど、ヘルニア前科者としては腰痛の再発がおそろしい。

昭和の初期まで旅籠があったという上西家跡。

DSC_0101.jpg

腰を休ませるためにここで腰を下ろして取っておきのいそべ餅を味わうことにした。

コッフェルの蓋に小さな乾燥餅を4つ並べて、水に1分ほど浸す。そして水を切って粉末醤油をふりかけて、味付けのりで食べる。

思った以上においしかった。食べたあとは粉末の麦茶。これでフラスクの水が無くなってしまった。残る水分はスポーツドリンクの 200ml くらい。

次第に下りが急になって、午後4時 40 分にようやく車道に出た。急な下りで腰が痛い。

DSC_0109.jpg

10 分少々車道を歩いて三浦口のバス停を過ぎて、神納川(かんのがわ)を渡る橋の所まで来た。ありがたいことにここには湧き水が引かれていて、そばにベンチが置いてあった。

DSC_0114.jpg

ここのベンチに腰掛けて、ひととき思案した。

時間的にはおおむね予定通りのペースで来ている。あと1時間歩けば三十丁の水場まで行けるだろう。

しかし腰の調子は良くない。あと1時間の登りに耐えられるかどうか・・・。

ここから河原に下りたらテントが張れるだろうし、水の心配も無い。ここで早めにゆっくりして身体を休めた方がいいのではないか・・・。

しかし今日の行程をここで終えてしまうと翌日は標高差の大きい登りを二カ所残すことになる。熊野本宮大社から紀伊田辺に出る最終バスは午後4時 45 分だし、翌日の体調がどうなるかも翌日になってみないとわからない。

そんなことを考えていたらトレランスタイルの4人パーティが橋を渡らずに河原の方に下りて行った。どこへ行くのだろう。

悩んだ末に、何とかあと1時間登ることにした。しばらく休んだせいか、腰は少しマシになっていた。

DSC_0116.jpg

時々立ち止まって腰を伸ばしたりしながらゆっくり登っていたら、後ろから声が聞こえてきた。どうもさっき河原に下りて行ったパーティのようだが、3人しかいない。

わずらわしいので避けて先へ行ってもらう。ヘッドランプを着けている人がいたので暗くなっても進むつもりなのだろうが、それにしては荷物が大きい。どういう予定なのだろうか。

まさかこんな時間に登ってくるパーティと出くわすとは思っていなかったのだが、またしても三十丁の水場でこのパーティとかち合わせることになってしまった。

DSC_0120.jpg

彼らが水を補給するのを待って、私はこの先のテント泊用に 500ml のプラスティックパック2つとフラスク2つに水を入れる。

そうしていたら後ろからまた一人やってきた。一人だけ少し遅れていたようだ。

彼らが行ってくれるのを待ってから歩き出した。あたりは薄暗くなってきているので、とにかく早くテントが張れるような場所を見つけなければならない。

これまではずっとつづら折れのような道で、テントが張れるようなスペースはどこにも見あたらなかったのだが、運良くこの水場のすぐ上のカーブの所に「ここにテントを張って下さい!!」と言わんばかりのスペースが見つかった。

DSC_0125.jpg

迷うことなくここに張ることにした。ここなら水場までもさほど遠くない。

時間は午後6時半。テントを張っているうちに日が暮れて、ちょうどいい時間になった。

DSC_0124.jpg

アルファ米用のお湯を沸かしながらレトルトの鯖の味噌煮を温める。そしてアルファ米が蒸れるのを待ちながら鯖の味噌煮でビールを飲む。まさに至福の時である。

DSC_0122.jpg

今日の行程は約 10 時間、36km だった。
posted by まつだ at 16:39| Comment(0) | ファストパッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

熊野古道小辺路プロローグ

「ファストパッキング」という言葉があるらしい。

「軽装でより速く、より遠く」を主目的とした登山スタイルで、「ライトハイク」とか「ウルトラライトハイク」というような呼称もあるとか。

こういうスタイルに興味を持ったのはもう何年も前のことで、3年ほど前には軽いシェルターやシュラフ、アルコールバーナーなどを購入して、実行への準備を進めていた。

しかしその頃はまだ日帰りトレランで行きたいルートがたくさん残っていたので、重いザック(日帰りトレランに比べれば)を担いでの歩き山行はなかなか思い切るチャンスが巡って来なかった。

日帰りトレランはもう数年続けていて、さすがに京阪神や奈良、和歌山北部くらいの日帰りエリアでは興味をそそられるコースが見いだしにくくなってきている。

登山のベテランが好む「地図に無い不明瞭なルートを地図とコンパスを駆使して踏破する」というようなスタイルは私は興味が無い。

そうなると新たな世界に進出しようとすると「ファストパッキング」しか無かった。つまり日帰りではなくて宿泊を伴う山行ということ。

「山を走る」という行為に対しても以前ほどの意欲は感じられなくなってきたし、ひょっとしたら一度限りになるかも知れない道を真夜中にヘッドランプで通過するだけというのはもったいないんじゃないかという気持ちも出てきた。

アルプスの長距離縦走なども以前からやってみたいと思っていて、体力的なことを考えると残された時間はあまり多くない。

ここ2〜3年のうちに実行に移さないと、永久にチャンスを失ってしまうかも知れない。

山をやらない人はよく「山は逃げない」などと言うけれど、山を続けているある程度以上の年齢の人であれば「日に日に山は遠ざかっていく」ということを誰しも認識しているはずだ。

「ファストパッキング」というスタイルが先か、「ロングルート」という対象が先だったのか、それは自分でもわからない。

いずれにしても「機が熟した」のだ。

せっかくのゴールデンウィークだけれど、いきなり3日も4日もというわけにはいかない。物事には順序というものがあるし、特に登山のような何某かの危険を伴う行為においては、段階を踏むということは極めて重要だ。

この冬は久しぶりに何度か雪山へ行って、雪山の楽しさを思い出したので、本音を言えばアルプスのようなたっぷり雪の残る高山へ行ってみたいところだったが、さすがにいきなりというわけにはいかない。

重い荷物を背負って雪だ岩だとやっていたのはもう 20 年以上も前のことだ。

まずは雪の無い、しかもあまり気温の下がらないエリアで、1泊2日くらいで装備のことや身体のことを確認することから始めなければならないと思った。

そこで見つけたのがこの「熊野古道小辺路(こへち)」。高野山から熊野本宮大社までの公称約 70km。

調べたところではいくつかある熊野古道の中ではいちばん距離が長くて厳しいとされている(大峰奥駆道を除けば)。

しかしこの「厳しい」というのは「参詣道としては」ということで、登山の視点で見るとほとんどハイキングコースのようなレベルだ。

しかし途中に標高差 800m から 900m の峠を3カ所越えなければならないので、一気に行こうとすると体力的にはなかなか「厳しい」とは言えるだろう。

それと、途中で何カ所か集落に出るけれど、コンビニのような便利な店はまったく無く、せいぜい自動販売機がある程度(終盤には温浴施設と道の駅がある)。公共交通機関も限られたルートのバスが1日にほんのわずか運行されているだけなので、途中敗退は非常に難しい。スタート地点とゴール地点の交通機関は安心できるので、高島トレイルよりはマシだけれど。

一般的には途中の集落で宿を取って、2泊3日か3泊4日で歩くそうだ。

そこを私はファストパッキングで1泊2日で抜けようと企てた。宿泊装備は背中に背負っているので、宿泊地を決める必要は無い。行ける所まで行くだけだ。

小辺路は他の熊野参詣道に比べると宗教的な歴史はあまり古くなく、元々物資の運搬のために利用されていた生活道路が近年になってから参詣道として利用されるようになったらしい。

しかしその路も道路の整備や集落の衰退などで次第に利用されなくなって、参詣道という位置で何とか生き残っているということかも知れない。

実際に歩いてみると、宿や茶店の跡はたくさんあるけれど、宗教的な遺物は少ない(例えば大峰の「靡(なびき)」のようなもの)。

物資を運搬するための生活道路だったせいか、平坦で単調な道が延々と続くという箇所が多く、山歩きとしての魅力には乏しい。展望もあまり無く、淡々と足を前に進めるだけだ。

特に西中から昴の里までの 7km 以上に及ぶ車道歩きはただただ忍耐のみである。

今回初登場となった装備は、まずはモンベルのシェルター

フレームとペグを入れても 1kg くらい。

猛者は「タープ」という、大きな風呂敷をロープで張っただけようなもので過ごすようだけれど、私は建てる手間を考えて自立式のドーム型がほしかった。ツエルトは建てるのが面倒だ。

シュラフはファイントラックのポリゴンネスト 2x2

この「2x2」というモデルは今は無くなっているようで、とにかく薄くて軽い。ゴアテックスのシュラフカバーに毛が生えたくらいのサイズだ。

宣伝上手なファイントラックの「濡れても保温力があまり落ちない」という文句につられてネットで買ってしまったけれど、こんなペラペラで本当に寝られるのだろうかという不安を感じるシロモノ。

しかしシュラフの快適さを大きく左右するのは中綿(もしくはダウン)の量よりも、地面に体温を奪われないようにするマットの質である。

最近、購入したのは「山と道」のU.L.Pad15L

ファストパッキングのベテランはマットはお尻の下あたりまで(120cm くらい)で十分と言うけれど、私は足先が冷えるのが心配なので、全身サイズにした。これをシュラフの中に入れる。

今回は到着後の防寒具兼就寝時の保温のために薄い中綿のジャケットと薄いダウンパンツを持参した。

アルコールバーナーは FREERIGHT のTrinity ONE

アルコールバーナーはとにかく軽いし(わずか 20g !!)、故障の心配もまず無い。燃料もコンパクトで安い。

ただしガスやガソリンのバーナーのように火力の調節や点けたり消したりはできない。入れたアルコールの分量で燃焼時間を調節するので、長時間煮込むような調理はできない。

そしてできれば使いたくない携帯用浄水器

夕食は以前も利用していたジフィーズのアルファ米と乾燥おかず。久しぶりに登山店に買いに行ったら、昔のような四角いパックに2食分が入ったアルファ米は無くなっていた。

問題は行動食で、ファストパッキングのベテラン達はドライフルーツやミックスナッツなどだけで何日も過ごすらしいが、それで十分なエネルギーが補給できるのだろうか。

日帰りトレランの時はおにぎりやパックサンドなどを持って行くけれど、ファストパッキングの試行としてはやはり乾燥系のものを試しておく必要があると思って、食べ応えのある炭水化物系は我慢して、ジェルの他にミックスドライフルーツと一口サイズのチョコケーキ、ソイジョイ、甘いものばかりでは飽きるので小さなサラミ。そして登山店で見つけた乾燥餅のいそべ餅を持った。

ザックに詰めて重さを計ってみたところ、水を入れない状態で 7〜8kg くらいだった。水を入れても 10kg 以下に収まった。

それでも日帰りトレランに比べると倍くらいの重さで、体感的には「重っ!!」。

さらに不安は、二日連続の行動にどこまで耐えられるかということ。

連続行動時間 20 時間くらいは何度も経験しているけれど、いずれも軽装で、途中で何かあっても何とかなるような環境ばかりで、睡眠時間はしっかり取れたとしても、翌日どれくらいの体調になっているかはわからない。

そんなこんなで、期待と不安の入り交じった気持ちで当日の朝を迎えた。
posted by まつだ at 15:42| Comment(0) | ファストパッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。