2018年07月18日

鈴鹿縦走2日目 石榑峠から御在所山

石榑峠の標高は 700m くらいだけれど、さすがに夜の暑さは下界よりはマシで、しっかり寝ることができた。

少し明るくなってから起きて、準備を整えて出発したのはちょうど6時だった。



しばらくは車道を行く。ただし一般車は入れない。

DSC_0057.jpg

車道を上がりきると広場があって、その奥に登山道のテープマークがあった。

DSC_0058.jpg

この時間だとまだ暑さはマシ。しかし幸か不幸かピーカンの晴天。鈴鹿にはこんな箇所がたくさんあります。

DSC_0060.jpg

なかなかタフなアップダウンを繰り返して、7時50分に三池岳(971.5m)に到着した。ここで大福休憩にした。このあたりから多くの登山者と出会うようになってきた。

DSC_0061.jpg

八風峠に向けて下る。正面に次なる目標の釈迦ヶ岳。御在所はさらにその奥。

DSC_0063.jpg

八風峠を8時13分に通過。

DSC_0066.jpg

この先で細い沢水が流れている箇所があったのだけれど、運悪く数人のパーティが到着したばかりの様子で、こんなのを待っていたらどれだけ時間がかかるかわからないので、諦めて先に進むことにした。水分は多めに持っている。

気温さえ低ければ最高の稜線漫歩なのだけれど、今日はただただ苦行でしかない。三重側に下りてしまおうかという悪魔の囁きもチラッと出てくる。

しかし三重側に下りると帰りの交通機関が大変というのが歯止めになって、9時15分に釈迦ガ岳(1091.9m)に到着した。

DSC_0071.jpg

当初の計画では武平峠から鎌ヶ岳をピストンするつもりだったのだけれど、それはもう諦めて、今日は御在所までにしようと思った。

鈴鹿にもあった猫岳(1057.7m)。

DSC_0074.jpg

国見岳がはっきり見えてきたけれど、御在所はまだその先。

DSC_0075.jpg

この先で水場に遭遇して、ボトルに満タンにした。ちょっと気分が落ち着いた。

DSC_0078.jpg

ようやくハト峰(823.1m)に到着。もう勘弁してほしい暑さ!!

DSC_0082.jpg

見下ろすとハートマーク。あれは何?

DSC_0081.jpg

ハト峰峠。朝明渓谷への道標がうらめしいが、ここで下りたらさらに酷暑に見舞われる。

DSC_0083.jpg

登り返して金山(906m)。背景は釈迦ガ岳?

DSC_0085.jpg

横道にそれて水晶岳(954m)にも寄っておく。北アルプスの水晶岳を思い出す。

DSC_0091.jpg

ようやく根の平峠。

DSC_0094.jpg

さて、ここから今日最後の厳しい登りが始まる。slow but steady で黙々と足を運ぶ。

国見岳北面の巨岩が目に入ってきた。

DSC_0097.jpg

1時52分、ようやく国見岳(1175.2m)に到着した。山頂から伊勢湾方面の眺め。暑さのせいでかすんで遠くは見えない。

DSC_0099.jpg

ようやく御在所の山頂エリアが近くに見えてきた。スキー場のゲレンデもはっきり見える。

DSC_0100.jpg

石門に寄り道。自然にしては出来過ぎという感じがするけれど、このあたりにはこういう巨岩の重なったものが随所にある。まさか古墳の跡ということは無いだろう。

DSC_0103.jpg

国見峠に降り立った。

DSC_0105.jpg

ここはかつては何度も通った峠なのだけれど、それももう20年以上前のこと。過去の記憶はまったく無い。御在所山の山頂に直接向かえるのではと思っていたのだけれど、そういう道は無くて、ロープウェイの山上公園駅までまだ結構な登りが残っていた。

山上エリアのどこかでテントを張ろうと思っていたので、汗まみれになって最後の登りをふんばる。2時27分に突然、舗装道路に飛び出した。

DSC_0106.jpg

場違いな観光エリアに一瞬とまどったけれど、テントを張れそうな場所と水場を探しながらロープウェイの駅舎に向かった。

まだ2時半だけれど今日の行動はここで終わりにする。朝6時にスタートしているので、実は8時間半歩いている。

駅の建物に入って自動販売機を眺めたら、ソフトドリンク類はほぼすべて売り切れていた。致し方無く(というのは口実で)、ビールのロング缶を買って、日陰で極上のビールを味わった。

まだ観光客がいっぱいいてテントを張るわけにはいかないので、トイレの水を浄水器に通してボトル満タンにした。

そして眺めのいい場所で早めの夕食にした。辿ってきた山々を振り返りながら。

DSC_0109.jpg

そして公園の片隅にテント。標高が 1200m 近いので日が陰るとさすがに過ごしやすくなってきた。

DSC_0110.jpg

持ってきたビールと日本酒でいい気分になって、まだ残照の残るうちに心地よい眠りに落ちた。
posted by まつだ at 20:32| Comment(0) | ファストパッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

鈴鹿縦走1日目 藤原岳から石榑峠

先の三連休(7/14〜16)は晴れ続きの予報だったけれど、好天というよりは各地で35度超の酷暑予想だった。

せっかくの晴れ続き予報なので家でクーラーという訳にはいかないけれど、かなりの高山まで出かけないと涼は期待できない。ところが例の豪雨災害からまだ1週間で、山やアプローチの林道の状況がよくわからない。わざわざ遠くまで出かけて行って登れずに帰ってくるというようなことは避けたいので、それほど遠くないエリアでどこか適当な行き先が無いかと考えて、かねてからぼんやり考えていた鈴鹿山脈の縦走をターゲットにすることにした。



家から5時間かけて10時前にようやく西藤原駅に到着した。近鉄特急は使わなかった。使っても1時間くらの短縮にしかならないし、テントを背負っているので水さえあればどこでも泊まれる。

DSC_0001.jpg

車なら2時間くらいで来られる。前に考えた時は車で来て休憩所の駐車場に停めて、御在所から湯の山温泉に下りて電車で戻るという1泊2日行程だったけれど、今回は2泊3日で滋賀県側に下山の予定だ。

人気の藤原岳なので登山者がたくさんいるかと思ったけれど、時間が遅いせいか下車した客は私を含めて3人で、登山者は他には無し。準備を整えて10時13分に駅を出たけれど、すでにかなりの気温だ。

休憩所の駐車場はまだ多少の空きがあった。

DSC_0004.jpg

登山道に入ると木陰になって多少はマシだけれど、暑さでバテないようにゆっくり登る。それでもすぐに汗が噴き出してきた。

DSC_0008.jpg

11時半に8合目に到着した。

DSC_0010.jpg

9合目の展望台から伊勢湾方面。

DSC_0011.jpg

藤原小屋に到着して、山頂まであとひと登り。

DSC_0013.jpg

藤原岳山頂(1140m)には12時15分に到着した。駅からほぼ2時間だった。

DSC_0016.jpg

これから向かう方向を眺める。真ん中あたりの草原のようになっているのが竜ヶ岳。

DSC_0018.jpg

登山地図ではここから先が破線の不明瞭ルートになっている。山頂に竜ヶ岳方向への道標が立っていたけれどその方向にはまったく道は無く、しばらく周囲をうろうろして、ようやくピンクのテープを発見した。

DSC_0019.jpg

これで一安心して、少し進んだ木陰でおにぎり休憩にした。

しかしこれまでのしっかりした道とはうって変わって、急に不明瞭な歩きにくい道になった。テープを見落とさないように進んで、治田(はった)峠の道標に従って下ったが、途中でついに斜面が崩れて通れなくなっている箇所に出てしまった。

少し手前の何とか登れそうな斜面を、木や岩をささえに強引に這いずり上がって、何とか上の道に出た。

DSC_0023.jpg

さっきの治田峠への道標は実は古いものだったようで、今は稜線伝いがしっかりした道になっているようだ。藤原岳まで結構いいタイムで来たのでいい気分になっていたのだけれど、これで一気に意気消沈してしまった。

コースタイムより多くかかって、2時前にようやく治田峠に到着した。

DSC_0026.jpg

このあたりからは道がはっきりしてきたけれど、それにしても暑い。気温さえ低ければ快適至極のコースなのだけれど、今日は苦行だ。

もう二度と来ないかも知れないので、銚子ヶ岳(1019m)に寄っておく。

DSC_0031.jpg

そして静ヶ岳(1088.5m)。

DSC_0033.jpg

竜ヶ岳が近づいてきた。

DSC_0035.jpg

稜線に上がると笹原になって日が照りつける。たまらん暑さ!! シカは暑くないのだろうか。

DSC_0042.jpg

4時26分にようやく竜ヶ岳(1099.3m)に到着した。

DSC_0045.jpg

御在所ははるか彼方だ。

DSC_0046.jpg

石榑峠より先まで進めるかもと思ったりしていたけれど、今日は石榑峠で打ち切ることにした。ここは水があるはずなので、そこでゆっくりした方がいいだろう。

少し下って、重ね岩。鈴鹿にはこういう巨岩が積み上がったようなものが随所にある。

DSC_0051.jpg

ようやく石榑峠に下りてきた。

DSC_0053.jpg

三重側に少し下りた所に水場。

DSC_0055.jpg

5時10分、今日の行動をここで終わりにする。すぐそばの平坦地にテントを張った。

DSC_0056.jpg

まずは冷たい(というほどではないのだけれど・・・)水をがぶ飲みして、頭からかぶって汗を洗い流して、さらにシャツとアームカバーも汗を洗い流した。

そしてポリ袋に水を満たしてビールを冷やして、夕食の準備をした。

やはりかなりの汗をかいていたようで、夜中に何度も水を飲んだ。
posted by まつだ at 15:03| Comment(0) | ファストパッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

乗鞍スカイライン復路

夜中にトイレに起きた時、きっと星空が素晴らしいだろうと思ってメガネをかけて出たところ、期待はずれで星はほんの少ししか見えない。何故かと言うと、月明かりで影ができるほどのド満月だった。

たっぷり寝て、外がちょっと白んできたと感じた5時頃に起きた。

朝は定番の棒ラーメンにサラミを入れる。

食事の用意をしていたところ、何やら奇妙な物音が耳に入った。風はほとんど吹いていない。例えてみれば動物が鼻や喉を軽く鳴らすような音。

クマ?????

全身が凍り付いた。テントを破ってくるのではないか。もし襲われたらどうしよう。ケガをしてもあの携帯エリアまでたどり着ければ何とかなるかも知れない。

そんなことが一瞬にして頭を駆け巡った。

息をひそめてしばらくじっとしていたが、幸い何事も無く時間が過ぎて行った。恐ろしくてテントの外を見る気にならない。

やはり熊よけスプレーは早く入手すべきだと思った。

すっかり明るくなってから外に出たが、今となってはあの音が何だったのかは知る由もない。



ザックに軽食と水分と雨具だけを入れて、アイゼンを装着して出発したのは6時ちょっと過ぎだった。

DSC_0038.jpg

鶴ヶ池のそばの雪の斜面を上がると、スキーとスノーシューのトレースに出会った。わりと新しいトレースだが、スノーシューは歩きにくいんじゃないかという感じがする。

DSC_0039.jpg

そのトレースを追ってしばらく進む。富士見岳の南側の斜面にライチョウが2羽いた。小さくて写真では見えないけれど。

DSC_0041.jpg

剣ヶ峰への道標が現れて、ようやく剣ヶ峰にご対面。まだまだ遠い。

DSC_0042.jpg

スキーのシュプールの残る魔利支天岳の東斜面をトラバースぎみに進むが、なかなかの傾斜で緊張する。位ヶ原を登る登山者が見える。涸沢からザイテングラードのような雰囲気。

DSC_0044.jpg

今日の装備でこのままこの斜面を進むのは危険と感じた。まぁ足を滑らせても雪の斜面を滑り落ちるだけで、いずれ止まるような地形だけれど、あまり格好のいいものではない。

一旦位ヶ原に下ってそこから登り返しということもチラッと考えたけれど、剣ヶ峰手前のリッジには雪庇が出ている。ここが潮時だ。

元々この時期のこのレベルの山にトレッキングシューズと軽アイゼンで山頂まで行ける可能性はあまり高くないということはわかっていたので、迷いは無かった。標高 2,800m まで上がれただけでも十分という気持ちもあった。

テントには7時半くらいに戻ってきて、装備をまとめて8時前に帰路についた。二泊分の用意をしてきたので本当はもう一日山で過ごしたかったのだけれど、あまりにも時間が早すぎる。私はのんびりぼうっと時間を過ごせるタチではないのだ。今日中に帰ることにした。

車道のすぐそばにライチョウがいた。

DSC_0051.jpg

多少は荷物は軽くなっているはずなのだけれど、下りにもかかわらずペースは上がらない。昨年、小辺路の車道歩きでつらかった時よりもひどいくらいの状態になってきた。

時たま立ち止まって腰をストレッチしないと歩き続けられなくなってきた。

軽装で上がってくるハイカーと MTB に出会った。

平湯峠からの下りはさらにつらくて、1〜2分ごとに立ち止まらなければならないほどになってきた。

最もつらかったのは平湯トンネルからの車道に合流してからキャンプ場までの数百メートルで、車が通らない道はあたりを気にせずに立ち止まることができたけれど、たくさんの車が通る道ばたであまりなさけない姿は晒したくない。それくらいのプライドはまだ残している。

こんなにつらい思いをしながら歩くのは近年には記憶が無いと思いながら、最後の気力を振り絞ってキャンプ場に戻ってきた。

DSC_0054.jpg

12 時 36 分に到着。ザックを下ろして車のそばにあった丸太に腰を下ろして、しばし放心状態だった。

そんなせいもあって、今回は敗北感はあまり無かった。本来なら「乗鞍岳敗退」というタイトルになるはずなのだが、気持ちとしては結構満足していた。

さて、一息ついたらここへ行くしかないだろう。

DSC_0055.jpg

初めて「ひらゆの森」に来たのはもう十数年前だけれど、その時からずっと入浴料は 500 円のまま。消費税増税でも値上げされなかった。今までいろんな温泉に行ってきたけれど、ここに来て以降、ここを上回る質の温泉には出会ったことが無い。

無事に帰宅して、翌朝起きたら足の筋肉痛がひどかった。しかも昔にトレイルレースの後に出た筋肉痛とは場所が違っていた。昔は筋肉痛が出るのは大腿四頭筋だったのだけれど、今回は股関節や下肢のあたり。こんな筋肉痛は初めてだと思う。

ここ数年はトレイルレースの後などでも筋肉痛が出ることはほとんど無かった。その要因は決して筋力がついたのではなく、自己防衛本能で余裕のあるレベルまでしか力を発揮しないようになってきているのだと考えている。

今回くらいの荷物を持って長時間歩くのは、軽装で走り歩きする時とは違う筋肉を使っているということだ。逆に言えば、短期間にこういうことを何度か繰り返せばトレーニング効果が期待できるということかも知れない。

テント泊で山歩きをするのであればせめて 15kg くらいの荷物では普通に歩けるようにしたい。

そして悩ましいのはもう少しまともな登山靴を買うかどうかということ。昨冬からまた雪山に出かけるようになって、装備の不備を感じることが何度かあった。

私に一番向いているのは軽装でロングロートを1日で駆け抜けるスタイルだということはもうわかっているのだけれど、やはり雪山やテント泊も諦めるわけにはいかない。

アイゼンとピッケルはまだ十分使えるものが残っているので、ワンタッチアイゼンが着用できる靴さえ入手すればすべて解決するのだけれど・・・。
posted by まつだ at 21:16| Comment(2) | ファストパッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする