2019年02月14日

京都一周トレイル 松尾山

昨日(2/13)は京都一周トレイルの講座で松尾山を歩いてきた。



集合は阪急の嵐山駅。

DSC_0001.jpg

今日は時間的に余裕があるので、まずは嵐山公園へ。愛宕山の山頂部分は雪。

DSC_0002.jpg

いつものように一ノ井堰を歩く。

DSC_0006.jpg

昨秋の台風で木が倒れたせいで展望がきくようになった場所から比叡山。

DSC_0007.jpg

もう少し上の展望台から北山の山並み。そして足元には岩田山のモンキーパーク。

DSC_0009.jpg

松尾山(275.6m)に到着して、ここで昼食にした。

DSC_0010.jpg

少し南に下ったあたりにある古墳。おそらく秦氏の誰か。

DSC_0011.jpg

京都市内の全景。

DSC_0013.jpg

急坂を下って西芳寺川に下りて、登山路は終了。

DSC_0014.jpg

いつもひっそりしている西芳寺。予約しないと入れないそうで、私は入ったことが無い。

DSC_0016.jpg

まだまだ時間があるので、今日は松尾大社まで歩く。途中の家にロウバイ。

DSC_0017.jpg

鈴虫寺はここでした。

DSC_0018.jpg

そして月読神社にお参り。

DSC_0019.jpg

松尾大社の前で解散した。

阪急の松尾大社駅のホームから今日歩いた稜線を望む。

DSC_0020.jpg

今日の行程は元々距離が短いので、これまでは途中でコーヒータイムを設けて時間つぶしをして、鈴虫寺のバス停で解散していた。なのでその後、山上ヶ峰や唐櫃越えなどに行ったりしたけれど、今日は松尾大社まで来てしまったので、そのままおとなしく帰ることにした。3時半には家に帰れた。
posted by まつだ at 17:43| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

釣鐘山、石切山

先の月曜日(2/4)は講座で宝塚の釣鐘山と石切山を歩いてきた。



集合は能勢電鉄の滝山駅。妙見線は何度も乗っているけれど、ここで下りるのは初めて。

DSC_0004.jpg

しばらく車道で八皇子神社へ。

DSC_0006.jpg

梅が咲き誇っている。

DSC_0005.jpg

まずは北雲雀きづきの森に向かって住宅街の急坂を登るが、以前は歩けた道が土砂崩れで通行禁止になっていた。

DSC_0007.jpg

致し方なくぐるっとまわって、きづきの森のみはらし広場へ到着。

DSC_0012.jpg

大阪方面の眺め。遠方は霞んでいたけれど、二上山あたりまでは見ることができた。

DSC_0014.jpg

そしてまた住宅街を下る。

DSC_0016.jpg

いよいよ釣鐘山に向かう。最初は急な階段、それから石段の「懺悔坂」という道を登る。

DSC_0018.jpg

昼前に釣鐘山山頂(205m)に到着して、ここで昼食にした。

DSC_0022.jpg

山頂から少し下って、しっかりした登りを 100m ほど上がって、山頂直下の展望台へ。なかなかの眺望で、甲山と六甲山系。

DSC_0024.jpg

石切山山頂(283.5m)はしょぽい。

DSC_0027.jpg

途中の展望台から、これは妙見山方面。

DSC_0028.jpg

ミニ八十八カ所めぐりの道で満願寺を目指す。

DSC_0030.jpg

箱に 100 円を入れて、裏側から満願寺に入る。

DSC_0035.jpg

立派なお寺でした。

そして大日十矢不動明王。

DSC_0038.jpg

そして締めは最明寺滝。この滝は立派でした。住宅街のほんのすぐそばにこんな立派な滝があるとはびっくり。

DSC_0042.jpg

住宅街を歩いて、阪急の山本駅で解散となった。

こんなところにこんな山や滝があるのかと、ちょっと以外な楽しいエリアだった。
posted by まつだ at 13:18| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

大文字山、如意ヶ嶽、長等山

以前に登山講座の受講生だった方から、どこかに案内してほしいと以前から頼まれていて、昨日(1/30)、このコースを歩いてきた。

このコースはほぼ同じルートを講座でも2回歩いているが、大文字山山頂を除いては人通りの少ない静かなコースだ。



銀閣寺近くで落ち合って、まずは大文字山の火床コースへの道を行く。さすがに平日の朝方は銀閣寺でも観光客は少ない。

DSCF1336.jpg

未舗装路に入ってわずかで道標の無い踏み跡を左側に入るのだけれど、昨年の台風の影響か随分荒れていてわかりにくい。

取り付いたあたりは倒木だらけで、大きなものはノコギリで切られているけれど、小さなものはまたいで越えて行く。

少し急登を上がると道の倒木は減ったけれど、中尾城跡のあたりは随分様子が違っていた。

DSCF1337.jpg

脇道がたくさんあってわかりにくい。中尾の滝に寄るのは初めてかな?

DSCF1338.jpg

このあと沢をずっと詰める予定だったのが、右岸の稜線に上がる明瞭な踏み跡に引き寄せられて、まぼろしの滝には寄ることができなかった。

標高が 400m くらいになると日陰斜面には結構雪が残っていた。

DSCF1340.jpg

火床からの道に合流して、11時半に山頂(465.3m)に到着した。天気は良いけれど、遠方は霞んでいる。正面はポンポン山や小塩山などの西山。

DSCF1341.jpg

ここでのんびりとお湯を沸かして味噌汁を飲んだりして小一時間の昼食休憩にした。

如意ヶ嶽への道も部分的には大変な倒木で、整備されていなかったらとても歩けない。

DSCF1342.jpg

雨社にお参り。

DSCF1343.jpg

如意ヶ嶽には航空機のレーダー施設があって、山頂(472m)には立ち入れない。

DSCF1344.jpg

ここからしばらく車道で(と言ってもレーダー施設に行く車しか走らないので、これまで車に出会ったことは無い)、車道の展望場所から音羽山。

DSCF1346.jpg

ガードレールの下をくぐってまた登山道に入ってしばらく行って、今日は本当の長等山(354m)まで足を延ばした。

DSCF1349.jpg

琵琶湖方面が絶景。雪を被った伊吹山の上部が見えていたのだけれど、写真ではわからない。

DSCF1352.jpg

少し戻って北に向かって、ゴルフ場のそばを行く。正面に比叡山。

DSCF1353.jpg

無事、早尾神社に下りてきた。

DSCF1354.jpg

最後に、皇子が丘公園でお湯を沸かしてコーヒータイムにした。

DSCF1355.jpg

守山のお二人は京阪線で石山へ、私は湖西線の大津京駅に向かって別れた。
posted by まつだ at 15:16| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする