2013年05月31日

『火の鳥』

私は基本的に、フィクションには興味が無い。映画(ドキュメントは除く)やドラマはまったく見ないし、小説も読まない。現実こそがいちばんドラマチックだと思っている。

先日もふとしたきっかけで村上春樹の本を何冊か読んだが、いずれもエッセイのようなもので、結局小説を読むまでには至らなかった。

ところが今、マンガを読んでいる!! それもかなりワクワクしながら・・・。

手塚治虫の『火の鳥』である。

私はちょうど『鉄腕アトム』世代だ。小学生の頃がちょうどブームの最中だった。当然のことながら、アトムのマンガにはまった。

もう少し大きくなってからは『ブラックジャック』。『アドルフに告ぐ』も印象に残っている。もちろん、『巨人の星』や『あしたのジョー』、『タイガーマスク』などにも熱中したが、手塚治虫は他とはちょっと(と言うか、かなり)違う読後感が残る作品だった。

ただ、それほどの手塚ファンという訳では無かったので、超大作の『火の鳥』を紐解くことは無かった。あまりにもイメージが大きすぎて、とても読み切れないだろうと感じていたのだ。

ひょんなことで手塚作品を非常に高く評価している文章に出会って、それなら一度図書館で借りて読んでみようと思った。ちょうどうまい具合に『火の鳥』はほとんどがすぐに借りられる状態だった。

まだ『黎明編』を読み終えたばかりだが、あまりのスケールの大きさに圧倒されている。何と表現したら良いのか、言葉が見つからないくらいだ。

実は昨年の夏に有馬温泉へ行った帰りに、宝塚で手塚治虫記念館に立ち寄った。そこでは手塚治虫の偉大さを再認識させられたのだが、改めてその作品に触れてみると、子供の頃に感じたのとはまったく異なる世界観が感じられて、そのスケールの大きさにはただただ感服するばかりである。

とにかく感心しているだけでは時間のムダである。ぜひ続きを開いてみたいと思う。
posted by まつだ at 18:14| Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

三浦雄一郎さん、エベレスト登頂

三浦雄一郎さんが80歳でエベレストに登頂された。

素晴らしいことだと思うと同時に、無事の下山を祈らざるを得ない。山は登ることよりも下ることの方がはるかに難しいのだ。山岳事故の大半は登りよりも下りで起こっている。

日本人として初めて植村直己さんがエベレスト登頂に成功されたのは1970年。私が15歳の時だ。中学校のクラブ活動でワンダーフォーゲル部にいたので、こういう出来事には非常に関心があった。

しかしその時に私がもっと興味を抱いたのは、同じ時期に同じエベレストで、サウスコルの8000mからスキーで滑降した三浦雄一郎さんの方だった。

誰も歩いたことの無いウェスタンクウムの斜面を双眼鏡で確認しただけでスキー滑降。パラシュートを開いてブレーキにするも、転倒して何百メートルも滑落した。急斜面をゴムまりが落ちていくような映像は、今もかすかに記憶に残っている。

世界的に注目されたのは日本隊の登頂よりも、むしろ三浦さんのスキー滑降の方だった。転倒したことなどまったく問題にならず、三浦さんのアドベンチャースピリットは最大限の賛辞で評価されたと思う。

転倒して滑落しながら、三浦さんは『人生は夢だった』と思ったと著書に書かれている。この時、三浦さんは37歳だった。

そして80歳になられた今、まだ夢を追い続けられている。

私の部屋には『夢 いつまでも』と書かれた、三浦さんにいただいた色紙が飾ってある。私の大切な宝物だ。

私は私なりのレベルでまだ『夢』を追っている。しかしその『夢』は必死になって探したものではなく、自然に湧いて出てきたものだ。『夢』が自然に湧いて出てくる間は、前向きな気持ちで走り続けていられるだろうと思っている。

願わくば人生を終える時も『夢』を持ち続けていたいと思う。人生に満足して終わるよりも、やりたい事を残して終われる方が実は幸せなのではないかと感じている。
posted by まつだ at 15:39| Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

『Sydney !』

村上春樹シリーズ第二弾は『Sydney !』。タイトルからもわかる通り、2000年のシドニー・オリンピックの観戦記だ。

なぜかプロローグが有森裕子のアトランタでの走りから始まっている。有森はシドニー・オリンピックには出場していない。代表選考会の大阪国際女子マラソンに出場はしたが、序盤で早々とレースから脱落していた。すでに33歳で、彼女の活躍はほとんど誰も期待していなかっただろう(おそらく本音では本人も)。

これに続いて犬伏孝行の合宿風景が語られる。犬伏はマラソンの代表としてシドニーを走ったが、38kmあたりでリタイアしてゴールすらできなかった。私を含めて多くのマラソンファンが期待感を持っていたので、勝負になる前に脱落してしまったのにはかなりがっかりさせられた。

村上春樹氏自身はマラソン以外はオリンピックに対してさほど興味が無いようである。はっきりと公言もされている。しかし出版社からの依頼ということで、せっかくの機会なので行ってみようということになったらしい。

『走ることについて語るときに僕の語ること』を読んだ直後だったので、この時ほどの新鮮さは感じなかったが、相変わらずの読ませる文章に引き込まれて行った(実際に書かれた年代では『Sydney !』の方が数年早いが)。

氏の基本姿勢としては『オリンピックがいかに退屈でつまらないか(マラソンを除いて)』というスタンスで文章が綴られている。特に開会式や閉会式はその最たるもので、開会式では氏はその退屈さに耐えかねて、入場行進の序盤で退場している。氏の感性から推測すると『そりゃそうだろうな』と納得してしまう。私だっておそらく同じように感じるだろう。

サッカーや野球、テニスなどはオリンピックには不要という意見も、まったく同意する(すでに野球は廃止が決まっているが)。

そしてエピローグでまた有森裕子と犬伏孝行が登場する。

有森裕子はオリンピック後の10月に行われたニューヨークシティマラソンに出場したらしい。本人の期待とは裏腹に、極めて不満な結果に終わったようだ。

この頃はすでにリクルートを退社して小出監督から離れており、そのあたりの影響もあったのかも知れない。いずれにしてもシドニー・オリンピックとは何の関係も無い出来事のようにしか思えない。

犬伏孝行は帰国後の記者会見などの様子。監督の総括のような話も述べられていたが、私はプロローグを読んだときに犬伏がこういう結果に終わった理由がわかったような気がした(『オマエなんかにわかるもんか!』と言われそうだが)。

犬伏は『とにかくオリンピックに行きたかった。種目は何でも良かった』と言っていたそうだ。つまり代表に選ばれた時点で彼の夢は実現してしまっていたわけである。もちろんメダルを目指すという気持ちもあったには違いないが、心の奥底にはほのかな満足感が漂ってしまっていたに違いない。このあたりは金メダルを取った高橋尚子とはまったくの正反対である。

こういう選手の失敗分析は、何を語られてもただの言い訳にしか聞こえない。

失敗した二人をプロローグとエピローグに持ってきたのは意図的なものであると氏は述べている。これがなければこの本の印象も随分違ったものになったに違いないと書かれているが、私の印象としてはこれらは不要である。むしろこれが無ければもっと好印象で読了できたのではないかと思うくらいだ。

普通のオリンピック観戦記には無いような視点での文章は非常に楽しかったが、プロローグとエピローグには違和感を感じた。それが私の印象である。もう一度読み返したいとは思わない。

さらに一緒に借りてきた『意味がなければスイングはない』を開いてみた。このタイトルは言うまでもなく、デューク・エリントンの名曲『スイングがなければ意味はない(It Don't Mean a Thing (If it Ain't Got That Swing))』のパロディ。タイトルからジャズ関連のエッセイかと思ったが、実際にはかなり広い範囲の音楽が選ばれており、ちょっとついて行けない感じ。ジャズ関連の章をいくつか読んだだけで、やめにした。

文章がちょっとくどい。氏の博識はよくわかるが、こっちはそんなレベルじゃないよという感じ。

こういうタイプの文章、どこかで出会ったことがあるような気がするなぁと思った。よく考えてみるとそれは、菊池成孔だった(と思う。図書館で借りたので手元に残っていない)。菊池成孔もかなりの博識だが、どうも好きになれない。音楽も(さほど多く聴いたわけではないが)、ハートよりも頭でやっているように感じられて、うまいとは思うがそれ以上でもそれ以下でもないという感じ。坂本龍一と同様に。

そんなこんなでここ1週間ほどは村上春樹マイブームと言った感じだったが、それもこれで終了と言ったところだ。幸か不幸か小説を読みたいという気持ちにはならなかった。
posted by まつだ at 15:02| Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。