2018年05月15日

ほしだ園地、交野山マラニック

13日の日曜日は前日から悪天予報だった。

この日はクラブ恒例のマラニック大会の予定だったけれど、おそらくみんなこれでは中止やむなしと思っていただろう。

前日の夜になって、朝に最終判断するという連絡が入った。となると起きて準備をしておかなくてはならない。

決行になっても大丈夫な時間に起きて、食事を摂っていたら、決行するという連絡が入った。

まだ雨は降っていないけれど、今にも降り出しそうな雰囲気で、午後は大雨という予報が出ている。

「ホンマに行くの?」と思ったけれど、後尾のサポート役を頼まれていたので行かないわけにはいかない。

いつも通りのコースでゴールがスパバレイなので、ここまで自転車で行ってデポしておくつもり。

家を出るやいなや雨が降り出してきて、あわてて雨具を着込んでスパバレイに向かった。



雨はさほど強くはならなかったので、スパバレイで雨具を脱いで、集合地の河内森駅にジョグで向かった。

約 5km、30 分ほどで河内森駅に到着した。さすがに例年よりは随分少なかった。

DSC_0001.jpg

ここからロング約23kmのAコース、ミドル約15kmのBコース、ショート約10kmのCコースに分かれるのだけれど、Cコースは希望者が一人だけだったので無理矢理Bコースに引きずり込んだ。私はBコース。

ほしだ園地に入ったあたりから雨が降り出した。おかげで星のブランコは誰もいない。

DSC_0003.jpg

展望台で集合写真。

0001751.jpg

ここからちょっと大回りして磐船神社そばに下りて、きさいちカントリークラブの取り付け道路を上る。ほとんどどしゃぶり。

DSC_0008.jpg

くろんど園地も林道ではなくトレイルで上って、交野山へ。それにしても寒い。

0001751_2.jpg

寒いので国見山はパスしてスパバレイにゴールした。

0001751_3.jpg

約19km、3時間15分でした。私は行きの分5kmプラス。

ここで温泉に入ってもまた自転車で濡れて帰らなければならないので、このまま帰ってしまおうかと思ったりもしたのだけれど、とにかく寒くてやはり一度暖まった方がいいかもと思い直して、フロに入ってビールとあたたかいラーメンで身体を温めた。

しかしこのマラニックの代償は大きかった。

ようやく2年かけて分割払いが終わったスマホが、この雨で瀕死状態になってしまった。防水モデルで、これくらいの雨ならこれまで何度も出会っていたのだけれど、これまでに道路に落としたり、落とした直後に蹴飛ばしてしまったりと、荒っぽい扱いを何度かやってきたので、少しずつ隙間などができてきていたのだろうと思う。

翌月曜日にお知らせ LED が点灯しなくなって、あれっと思っていたら、火曜日の朝には液晶画面がひどい状態で、画面操作ほぼ不可能に陥ってしまった。通話のみ何とか。

想定外の散財にがっくり。
posted by まつだ at 17:41| Comment(0) | マラニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

上方温泉一休マラニック

3連休最終日は陸上クラブの有志で井手町エリアのマラニックに行ってきた。



JR 三山木駅を9時スタートということで、私は家から走って行くことにした。

生駒への定番コースの穂谷川沿いを行くが、この日は藤阪駅を経由して行く。

CIMG1444.jpg

それにしても朝から暑い。

若干の余裕を持って家を出たつもりだったけれど、9時着の電車とほぼ同時に駅に到着。家から約 15.5km。

CIMG1446.jpg

しばらくは車道で、玉水橋で木津川を渡る。

CIMG1448.jpg

その後もずっとほとんど車の通らない車道をジョグで登って、万灯呂山の展望台へ。

CIMG1456.jpg

木津川マラソンのスタートゴール地点の運動場が見える。

CIMG1458.jpg


ここはこの日のコースで唯一、展望のきく場所だった。

その後、未舗装の、まるでおんたけウルトラトレイルのような道をしばらく走って、舗装道路を少し行ってから大正池に到着した。

ここまでで三山木から約 14.5km、2時間15分くらい。

CIMG1466.jpg

自動販売機で水分を補給して、持参したどら焼きを食べて、後半戦に向かう。ここからはようやくトレイルになる。

CIMG1468.jpg

本日の最高標高地点の艮山(うしとらやま、443.7m)を 12 時9分に通過。

CIMG1469.jpg

このあたりから道はかなり不明瞭になってきて、所々にテープはあるものの、整備された道ではない。

今日のコースは立案した人がすでに何回か下見で走っているので、迷うことは無いと思うが、次第にみんな不安の表情になってきた。

城陽市最高地(433m)を 12 時 35 分に通過。

CIMG1473.jpg

シダが一面を覆っている所や、ヘビがとぐろを巻いている所を通って、午後1時半前にようやく上方温泉一休にゴールした。

CIMG1478.jpg

後半の数キロに2時間かかった。

三山木駅から約 21km、家からは約 36.5km のマラニックだった。

上方温泉一休はなかなかいい温泉で、1,200円(税別)といささか高めの値段だけれど、それなりの値打ちはあると感じた。

京田辺(もしくは宇治田原)までのバスのタダ券がもらえるので、バスを利用すればそれほど高くはないかも知れない。

我々はもちろんこのタダ券で京田辺に出て、王将で打ち上げとなった。
ラベル:マラニック
posted by まつだ at 15:48| Comment(0) | マラニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

音の花温泉マラニック

昨日はクラブ恒例の音の花温泉マラニックに行ってきた。

例年は4月に開催していたのが今年は今月にずれこんで、暑くて厳しい一日になってしまった。



昨年は4月の上旬で、ちょうど UTMF に出場できることが決まった直後だったのでモチベーションが非常に高く、おまけに気候も快適だったので、先頭グループに必死について行った。

しかしやはり気持ちだけではこういう長い距離は走りきれないもので、終盤でガス欠になってよれよれ状態に陥ってしまった。

その教訓もあって、今日は余裕を持って後ろの方から行こうと決めていた。

集合は先日のクラブ全体のマラニックと同じく河内森駅なので、私は家からジョグでスタートした。

かなり気温が上がることが予想されたので、首筋を冷やすネッククーラーを着けて出た。

先日のマラニックと同じコースでまずはほしだ園地へ。

KC3Y0043.jpg

大阪岳連のクライミングコンペが開催されるようだ。

KC3Y0044.jpg

先日は頑張ってジョグで上がった星のブランコへの登りも歩きを交えて登った。

KC3Y0045.jpg

最上部の休憩エリアに上がってから、これまで行ったことの無い展望台へ寄り道した。

KC3Y0046.jpg

登りは歩きを入れながら、飯盛霊園へ。

KC3Y0047.jpg

堂尾池への登りも当然歩きで。ここでジェルを補給した。

KC3Y0048.jpg

阪奈道路のコンビニが閉店したので、生駒の方に少し入った所にある自動販売機でアクエリを買った。

KC3Y0049.jpg

ここでサンドイッチを一切れほおばった。

このメンバーで来ると山道ではなく、生駒ボルダーを行くことになる。

KC3Y0050.jpg

しかし今回はコンビニでのアイス補給が無かったので、山頂遊園へ上がることにする。

KC3Y0051.jpg

カートの横の階段をひたすら上って、遊園地のレストハウスでソフトクリームやアイスを補給した。

KC3Y0052.jpg

どうもチャレンジ登山大会が開催されているようで、ハイカーの集団にしばしば出くわす。

少人数のグループなら後ろを見て通してくれるけれど、大集団となるとそうはいかない。仕方無くゆっくりと着いて行くが、車道を横切る所で先に行く。

KC3Y0053.jpg

3月に一人で行ったコースを辿って、暗峠に出る。

KC3Y0055.jpg

KC3Y0054.jpg

ぼくらの広場で残りのサンドイッチを補給して、鳴川峠へ。

KC3Y0056.jpg

今回はかなりセーブしてきたが、それでもそこそこの疲労感がある。脚筋の疲労はそれほどではないけれど、体力はかなり消耗している感じ。おそらく暑さのせいだと思う。

スタートして5時間弱でようやく千光寺に到着した。

KC3Y0057.jpg

途中で分かれた3人グループとここで合流して、いつもとは違う複雑な道を経由して、待望の音の花温泉にゴールした。

家からのトータルで 38km ほど。いつも通りの楽しいマラニックだった。
ラベル:マラニック
posted by まつだ at 21:44| Comment(0) | マラニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする