2016年05月29日

淀川ロングジョグ

私にとって UTMF 完走の鍵はロード部分をどれだけしっかり走れるかということだ。

序盤はキロ6分台、中盤はキロ7分台、そして終盤をキロ8分くらいでカバーできれば理想的なのだが。

そういう意味で UTMF に向けた練習はトレイルよりもロードにウェイトを置くべきだと思っている。

しかしながらこれはスピード練習と同じく、私にとってはつらい練習になる。もはや単調なロードの長い距離を走る意欲が湧かないのだ。

と言うか、元々ロードは基本的にフルマラソンがメインだったので、ロードでフル以上の距離の大会は2年前に走った奥熊野いだ天の 100km だけだ。この大会は全コース舗装道路だけれど、アップダウンが多く、私はおんたけウルトラの練習という気持ちで走った。

昨年の4月にクラブの仲間と淀川 80km 走をやった。

こんな練習はとても一人ではできないと思って仲間に入れてもらったが、終盤はよれよれでキロ7分以上のペースになった。しかし自宅発着にしたので、トータルで 86km ほど走った。

今日は 80km はないと思うが、ざっと見て 70km くらいありそうなコースを自分で設定して、チャレンジしてみることにした。

序盤は2週間前に走ったコースで、淀川左岸を八幡方面に向かって、御幸橋を渡って京滋バイパスの側道で大山崎に渡って、それから右岸を大阪方面に下って、4年ほど前にクラブの相棒とやった 40km 走のコースを辿って左岸を枚方に戻ってくるというもの。

ゴール直前で gps のバッテリーが切れてしまったが、結果的には 68km くらいだった。



残念ながら朝から快晴だった。山へ行けば良かったかもと思ったけれど、暑い中を走るのも練習と割り切った。

今日は終始フラットなロードだけれど、シューズは HOKA にした。キャノンボールで終盤 HOKA に助けられた気がしたのと、昨年からの長距離、長時間のコースでは結果的にほとんど HOKA を履いていたのが頭に浮かんだから。

トレイルではないので躓いて転倒する危険もほとんど無いだろう。

淀川河川敷に下りたって、八幡を目指す。キロ6分前半というところ。

KC3Y0043.jpg

今日の目標は最後までキロ6分台を維持すること。それ以上のスピードは求めない。

スタートして1時間くらいで御幸橋にたどり着いた。

KC3Y0045.jpg

先日と同様に京滋バイパスの側道に乗る。

KC3Y0046.jpg

大山崎に入って淀川右岸に下りて、これからひたすら大阪市内を目指す。

日射しが強いが、まだ午前中なので所々に木陰があるのが助かる。

スタートして2時間半ほどでようやく枚方大橋まで来た。

KC3Y0047.jpg

河川敷は公園がたくさんあって、トイレと水場があるのがありがたい。水場ではしばしば顔を洗って、ネッククーラーを湿らせた。

いつの間にかペースは6分ちょうどくらいまで上がっている。

モノレールの橋の下で今日初めて荷物を下ろしてパックサンドを一切れ食べた。

11 時を過ぎる頃から日射しが陰ってきた。天気予報通りだ。このまま快晴が続くと後が不安だったので、一安心した。

毛馬の閘門に着いたのはもう 12 時前だった。

KC3Y0048.jpg

このあと正しい道を辿らずに駐車場の中を抜けようとしたら、グラウンドの横の斜面をしばらく行くことになってしまった。これは失敗だった。

リズムが崩れて一気に疲労感が強くなってペースが落ちた。

これはまずいと思って、橋の下で腰を下ろしておにぎり休憩にした。

そろそろ左岸に渡らなければならない。

40km 走をやった時は、距離調整のために一旦歩行者が渡れない橋まで行ってから戻って、左岸に渡った。

もうずいぶん以前のことなので、その橋がどれだったかはっきりと思い出せない。

何となく前の橋は以前に戻った橋のような気がしたが、取りあえずそこまで行ってみることにした。

橋のそばで尋ねてみたら、やはりこれは以前に戻った橋だった。

KC3Y0050.jpg

手前の橋に戻るために堤防に上がったところ、下の車道脇に自動販売機が見えた。

ちょうど疲れてきていいタイミングだったので、コーラを買った。

橋の上からは梅田の高層ビルがすぐそばに見える。

KC3Y0051.jpg

渡ってからは車道を行ったり、やっと堤防に上がれたと思ったら工事で車道に下ろされたりで、心身ともに疲れてキロ7分近くまで落ちてしまった。

午後1時過ぎにようやく毛馬閘門に着いて、気分的に終盤戦に入った感じがした。

KC3Y0053.jpg

走り慣れた道になると気分が楽になるのか、ペースはキロ6分台前半まで持ち直した。

ただし随所の水場で顔を洗って、ネッククーラーを湿らせた。

モノレールの橋の近くで残りのパックサンドを食べた。休憩すると走り出してしばらくがつらい。

淀川新橋までは遠かった。橋の手前で堤防を越えた所に自動販売機があることを覚えていたので、迷わずそこに向かった。

オレンジジュースを買って、縁石に腰掛けて飲んだが、再スタートがつらかった。

少しするとまたリズムが戻ってきて、キロ6分半くらいまで戻った。

枚方大橋に近づいた時はほっとした。

KC3Y0054.jpg

距離的には 70km には届かなさそうだった。

ちょっとした買い物を頼まれたので御殿山のライフに立ち寄ったが、ここで gps のバッテリーが切れてしまった。

家に帰ったのは午後4時過ぎだった。

総距離約 68km、行動時間8時間半、走行時の平均スピードはキロ6分32秒だった。
ラベル:個人練習
posted by まつだ at 21:42| Comment(0) | 個人練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

淀川ジョグ

今日は朝から快晴。

しかし明日は登山教室の仕事があるので生協にまとめ買いに行かなくてはならない。

明日のことを考えるとあまりムリはできないし、かと言って交野の山はいささか食傷ぎみ。

日射しが強いので木陰のある山田池の周回というのが妥当な選択なのだが、もはや単調な周回を繰り返すのは忍耐力が持たないと思って、この天気にはもっとも不似合いな淀川に向かうことにした。

ただしモチベーションが保てるように、以前から気になっていた大山崎から右岸を下るコースへ行ってみることにした。



午後3時前に家を出発。

牧野駅のそばを通って淀川に出て、樟葉のゴルフ場のそばを八幡方面に向かう。キロ6分前後というところ。

このコースで桂川、鴨川を経由して京都市内まで、もしくはその反対コースはもう何十回も走っている。

しかし今日は御幸橋を渡ってから京滋バイパスの側道に入る。ここは初めてだ。

どこで対岸に下りられるのかが不安だったが、以外と早いうちに下りられる道があった。

しかし下りてから道が分かれていて、最初しっかりした車道の方に向かったが、すぐにうれしくない方向に向かっていたので、反対側の道に戻って川縁を目指した。

ほどなく舗装道路に出て、あとは淡々と大阪方面へ向かうだけ。ペースはキロ6分を少し切るくらい。

今日は暑いので薄めたポカリを持ってきている。それを補給しながら進む。

こういう平坦なロードのロングジョグは久しぶりだ。

人が少ないので気分がいい。

大山崎から枚方大橋まで1時間くらいとふんでいたが、以外と長くて1時間10分くらいかかった。

枚方大橋を渡って、走り慣れた道に合流する。

河川敷公園は芝生の上をしばらく走って、舗装道路に出る。

脚は結構疲れてきたけれど、慣れた道のせいかペースはキロ5分半を切るくらいまで上がった。

もうあと30分もかからないくらいだったが、エネルギー切れを感じて、念のためにと持ってきたジェルを補給する。

さすがにジェルは即効性があって、その後もいい感じのペースを維持して、約 30km を3時間弱くらいで終了した。

私にとって UTMF 完走のポイントはロードや平坦な部分をしっかり走れるかどうかというところだと思っているので、本当はトレイルよりもこういう練習を増やした方がいいはずだ。

ただし距離も時間ももっともっと多くしなければならないが。

帰ってシャワーを浴びて体重を量ったら 47.8kg まで落ちていた。

体重増加も重要ポイントの一つだと思っているのだが・・・。
ラベル:個人練習
posted by まつだ at 21:54| Comment(0) | 個人練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

山田池の梅

今日は夕方、山田池へ行った。

午前中、半月ぶりに病院での検診があって、医者にジョグを始めているということを伝えたところ、予想外に『どうぞどうぞ』という反応だったので、少しペースを上げてみることにした。

医者の一言というのはなかなか威力が大きく、なぜか序盤から気持ち良く走れた。

このところたまに出た左足の力が抜けるような違和感も無く、このところはずっとキロ6分半程度のペースだったのが、一気に5分半くらいまで自然と上がった。

先週、山田池へ来た時に、梅のつぼみがおおきくふくらんでいるのを見て、植物には極めて疎い私でも『早いな〜』と感じていたのが、今日はすでに咲き始めていた。

KC3Y0039.jpg

ここ二日ほどは平年並みの気温になっているので、つぼみもしぼんでいるかもと思っていたが、先週末の好天で咲いてしまったのだろう。

こういうペースで走るのは9月半ば以来、ほぼ4ヶ月ぶりだ。

もうこういう走りはできなくなるかもと思った時期もあって、そうなったらそうなったでそれも人生かと思ったりしたけれど、やはりこうやって走って汗をかく快感は捨てがたい。

やはり走れるうちは走り続けていきたいとしみじみと感じながら、冷たい小雨の中を家に向かった。
ラベル:個人練習
posted by まつだ at 17:56| Comment(0) | 個人練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする