2016年09月21日

UTMF へ

いよいよ UTMF 2016 のスタートが金曜日に迫ってきた。

こういうビッグレースに緊張感を持って参加するのは、おそらくこれが最後になるだろうと思っている。

昨年は直前で体調を崩してスタートすらできなかったので、今年は練習不足にもかかわらず直前にはムリをしないことにした。おかげで体調は悪くない。

唯一の不安と言えばこのところ違和感のある右足の股関節くらい。走れなくなるほどの痛みが出ることはないけれど、長時間になるとどうなるかわからない。

私がビッグレースに参加するとしばしば天候が悪くなるというジンクスは今年も引き継いでいるようで、金曜日の山梨県の降水確率は 80%。

台風 16 号の影響もあって、早々と2カ所のコース変更が発表された。

序盤の竜ヶ岳がカットされて麓の車道を迂回することに。この影響で標高差 500m ほどの登りが無くなる代わりに距離が 1km ほど増えることになった。

終盤の杓子山からの下りはコース変更で距離も標高差も若干増えることになった。

序盤の変更は私にとっては若干のプラス材料かも知れない。

今回は装備を極力減らすことにした。

昨年はいつも使っているザックでは荷物が入りきらないので、事前に少し大きめのザックを購入したが、今年は使うザックをまず決めて(Ultimate Direction PB Adventure Vest 11L)、それに入る分だけを持って行くということにした。

昨年は必携になっていた保温用のウエアが今年は「特に勧める」ということになったので、不必要と思われるものは思い切って割愛することにした。

持参する食料はジェルや粉末だけにして、固形物はエイドに頼る。

戦略は序盤からある程度突っ込むこと。

こどもの国の関門(約100km、22時間20分)までが私にとっては厳しいので、ここがゴールくらいのペースで押していかなければならない。

その先まで考えてペース配分している余裕は無い。

明日は昨年よりは早めに出て、夕方には河口湖に着く予定。

昨年は、序盤の関門閉鎖時刻の延長を知らせる携帯メールを病院のベッドの上で点滴を受けている時にもらって寂しい思いをしたけれど、今年はそれだけは避けられるだろうと思っている。

とにかく、スタート地点に立って、ゲートをくぐること。それが果たせればこの1年間の悔しさが半分は晴らせると思っている。
posted by まつだ at 20:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

同窓会

私は「同窓会」というのはあまり好きではなくて、学校の同窓会はこれまでほとんど参加したことが無い。

しかし同窓会好きという人もそこそこはいるようで、10 年近く前に中学校の同窓会に初めて参加した時は、いつも参加しているのであろうと思われる人たちがグループになっていて、その輪に入れなくて孤立していた。

昨日はかつて勤めていた会社のあるプロジェクトに関わったメンバーの同窓会で、京都へ行ってきた。

もちろん今は影も形も無くなってしまった古い製品の開発にたずさわったメンバーで、ちょうどバブリーな時代で予算もふんだんにあり、会社全体も毎年売り上げがどんどん伸びていた頃のプロジェクトなので、私自身も楽しかった思い出しか無い。

この同窓会はもう 10 年くらい毎年やっていて、最初の頃は毎回参加していたけれど、ここ2〜3年はちょっと疎遠になっていた。たぶんたまたま日程の都合が悪かったのだと思う。

今回はかつてお世話になった方が来られるということで、それならと久しぶりに参加することにした。

総勢 12 名くらいで、中には数年ぶりに顔を合わせたような人もいたけれど、こういう繋がりは単に同じクラスだったというのとは違う感覚があって、何の違和感も無く昔の宴会のような雰囲気になった。

私と同年代や年上の人たちは次第に来なくなってきて、大半のメンバーは私より 10 歳くらい年下でまだほとんどみんなが在職中なので、彼らの職場の話題にはついていけない。

たまたま席がお世話になった方の隣だったので、ほとんど終始その方とのプライベートな話題の会話で終わってしまったけれど、なかなか楽しい時間を過ごすことができた。

すでに会社に勤めていた期間よりも辞めてからの方が長くなってしまったけれど、それでもこういう時間が過ごせるのはいいことなのだろうと思った。

昔は宴会というものがきらいで、特に忘年会などは苦痛でしかなかった。芸をさせられるようなことは無かったけれど。

今はもう義理の宴会というものは一切無いし、たまに文化センターの歓送迎会に誘われるくらいで、自分の参加したい時だけ参加できるので、たまにはそういう場も悪くないなと感じている。
posted by まつだ at 15:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

アジサイ園

昨日は花を見る講座で舞鶴の自然文化園へ行ってきた。

天気予報通りの天候で、午後から雨が降り出し、一時は本降りになったが、何とか目的のアジサイ園は一回りすることができた。

これまで講座で見てきたツバキやシャクナゲ、バラなどにしても、園芸品種の多くの種類を的確に見分けられる人というのは信じられない。

もちろん並んでいるのを見比べると違うということくらいはだいたいはわかるけれど、それぞれの品種の名前はもちろん、特性などもしっかり覚えているという人が少なくない。

私はただ黙ってついて行くだけである。

七段花。

DSC_0003.jpg

大虹。

DSC_0005.jpg

クレナイ。

DSC_0007.jpg

クロヒメアジサイ。

DSC_0008.jpg

これは先日、深山への車道脇で見かけたササユリ。

DSC_0010.jpg

アジサイの海を泳ぐ。

DSC_0012.jpg

DSC_0020.jpg

墨田の花火。

DSC_0003.jpg

柏葉アジサイ。これは葉っぱの形が特徴的なので、覚えられそうだ。

DSC_0016.jpg

これはノリウツギ。

DSC_0018.jpg

ウツギもいろいろあります。
posted by まつだ at 15:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。