2019年04月07日

釈迦ヶ岳

昨日(4/6)は大峰の釈迦ヶ岳へ行ってきた。

釈迦ヶ岳と言えば何と言っても山頂に立つ釈迦如来像。大正時代に「オニ雅」と呼ばれた強力の岡田雅行氏が一人で担ぎ上げたと言われている。と言ってももちろん一度ではなくて、いくつかに分けて運ばれたそうだが、それでも重い物は 100kg 近くの重さだったらしい。ただ、その後何度か修復されている。

おそらくその頃は東側の前鬼(ぜんき)からのルートだったと思われるが、今は西側の太尾(ふとお)登山口まで車道があって、標高約 1300m からわずか標高差 500m 程度で登ることができる。大峰の名のある山の中ではもっとも簡単に登れる山なのではないだろうか。



朝3時半に家を出て、途中でカップ麺とおにぎりの朝食をとって、3時間少々で登山口に到着した。すでに数台の車が停まっていた。

準備を整えて、6時50分に出発した。

DSCF1401.jpg

しばらくぐいぐいと上がるが、ほどなくなだらかな稜線に出る。

DSCF1402.jpg

西から冷たい風が吹き付けてきて耳が痛い。天気予報では好天で気温が高くなると言っていたので耳を覆える帽子を持ってこなかった。これ以上冷えたら雨具を着てフードを被るしかない。

古田の森を通過。

DSCF1404.jpg

そろそろ雪が出てきた。かくし水と呼ばれる水場があるけれど、今日は流れていない。

DSCF1407.jpg

ほどなく奥駆道に合流した。

DSCF1409.jpg

出発して1時間半であっさり釈迦ヶ岳の山頂(1799.9m)に到着した。

DSCF1411.jpg

まさかこれだけで戻るわけにはいかないので、さらに北に向かって、釈迦ヶ岳より高い仏生ヶ岳まで行こうと思っていた。ところが、

DSCF1413.jpg

ロープのある急斜面のノートレース。チェーンスパイクは持ってきているけれど、こういう軟雪ではチェーンスパイクはほとんど効果が無い。このあたりはしばらく難路なので、あっさりと諦めることにした。

代替案は逆に奥駆道を南に向かうこと。ただし南に向かうと標高が下がっていくので、戻りが登り返しになる。ほどほどの所までで戻ることにする。

釈迦ヶ岳から30分ほどで深仙宿に着いた。

DSCF1414.jpg

実はここから帰りにショートカットの破線ルートがあるようなので、それを確認しておく。大丈夫そう。

展望は今ひとつ。

DSCF1417.jpg

避難小屋はたき火のにおいが漂っていて、こんなところには泊まりたく無い。

DSCF1418.jpg

少し登って振り返ると、大きな岩場がいくつかある。大峰にはこういう岩場が随所にある。

DSCF1420.jpg

大日岳の麓の道標。あまり危険なことはやりたくないので、行場はパス。

DSCF1422.jpg

いかにも厳しそうな山容。

DSCF1423.jpg

しばらく行って、太古ノ辻。前鬼からの道はここに出てくる。

DSCF1424.jpg

ちょっとしたコブの仙人舞台石。

DSCF1426 (1).jpg

ここから30分の所に石楠花岳というのがあるそうなので、そこまでにする。

わずか10分少々で石楠花岳(1472m)に到着した。ここで今日初めて腰を下ろしてぼたもち休憩にした。

DSCF1430.jpg

深仙宿からのショートカットルートははっきりしている。

DSCF1432.jpg

深仙宿から25分ほどで元の道に合流した。

DSCF1435.jpg

ここからは来た道を戻る。行きには気が付かなかった千丈平。

DSCF1436.jpg

八経ガ岳は木々の向こう。

DSCF1437.jpg

先ほど歩いた道が南東方向に見える。真ん中の尖っているのが大日岳。その左のコルが深仙宿。

DSCF1441.jpg

この後、軽装のハイカーがたくさん登ってきた。

12時4分、登山口に戻ってきた。

DSCF1444.jpg

行動時間5時間15分程度。累積標高差もおそらく1000mにも満たないくらいで、不完全燃焼感は否めないが、山は無事に戻ってくることが何よりも大切なので、これでいいのだと自分を納得させようと思った。
posted by まつだ at 16:21| Comment(2) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回も楽しく拝読しました
ご無事の下山何よりです(^^)
Posted by ken at 2019年04月08日 15:27
ken さん、コメントありがとうございます。

遠路はるばる出かけたのに、いささか不完全燃焼でした。仕方ありませんね。
Posted by まつだ at 2019年04月08日 19:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: