2018年03月20日

国見山

昨日(3/19)は随行で国見山へ行ってきた。「国見山」という山名の山はたくさんあるけれど、今回は奈良の春日山の近くにある国見山。

この講座は登山講座の中で最も初心者クラスで、前日昼前の気象庁の天気予報で行き先方面の降水確率が 50% を越えると延期になる。当初は 3/5 に予定されていたのだけれどそのせいで延期になってしまった。実は2日ほど前にはまたもや延期になりそうな雰囲気だったのだけれど、前日の予報では 30% になってくれて、かろうじて決行となった。

しかし午後の降水確率は高くて、今日は間違い無く雨という覚悟で集合の近鉄奈良駅に向かった。家を出る時はすでに雨が降っていた。



奈良は雨が多いという印象があるが、近鉄奈良駅に着いた時は雨は降っていなかった。路面も濡れていない。

しかし日程が変更になったり、今日も雨予報ということで欠席者が多くて、わずか5名のご参加となってしまったのだけれど、参加者の顔ぶれを見るとスムーズに行動できそうな感じ。

当初、バスで登山口まで行く予定だったけれど、何と二日前にバスがダイヤが変わっていて、予定の便が無くなっていた。致し方なくタクシーに分乗して行ったのだけれど、4人乗車ならバス代より少し高いくらいの費用で済んだ。郊外のバスは割高だ。

DSC_0001.jpg

バス停から南に見えるのが国見山。標高 680m の山なのだが、ここはすでに 400m くらい。

DSC_0003.jpg

しばらく車道を行く。

DSC_0004.jpg

春日宮神社。志貴皇子(しきのみこ)が奉られている。壬申の乱では大海人皇子(天武天皇)についたけれど、天智天皇の皇子だったので出世とは無縁で、政治よりも和歌など文化の世界に生きた。

DSC_0005.jpg

写真右下の歌碑は万葉集にある「石ばしる 垂水の上の さわらびの 萌え出づる春に なりにけるかも」。

ようやく登山道に入る。

DSC_0007.jpg

路面がコンクリートの急坂を登る。もし雨だったら滑って登れないかも・・・と思えるくらいの急坂だった。

急登が一段落すると西側の展望が開けた。奥は生駒山。その手前にはほんの2日前に駆け抜けた矢田丘陵。右の方には交野山も見えていた。

DSC_0008.jpg

最後のひと登り。

DSC_0011.jpg

11時過ぎに国見山(680m)に到着した。

DSC_0013.jpg

ここからの葛城金剛や市街地の眺めも素晴らしく、ちょっと早いけれど昼食タイムにした。

DSC_0012.jpg

昼食後は稜線を東に向かう。15分ほど歩いて三角点(666.2m)。

DSC_0016.jpg

さらに10分ほどで塔の森の六角六重石塔(奈良時代の創建当時は十三重だったらしい)。

DSC_0017.jpg

ここは稲荷神社で、参道を下ると日吉神社。そばにはフキノトウがあった。

DSC_0022.jpg

少し下ると車道に出た。

DSC_0023.jpg

車道を北に向かってしばらく行くと南田原磨崖仏。鎌倉時代と室町時代に彫られたもの。

DSC_0024.jpg

このころからついに雨がポツリポツリと落ちてきたけれど、幸い小雨程度。

DSC_0026.jpg

少人数で足が揃っていたので帰りのバス停には乗る便の1時間以上前に着いたので、ちょっと足を延ばして太安万侶の墓に向かった。

ちょっと遅い感じがするけれど、ロウバイ。

DSC_0033.jpg

20分ほど歩いて、今度も急なコンクリート急坂を上がった所にあった。

DSC_0030.jpg

昭和54年に茶畑の改植中に発見されたらしい。銅製の墓誌が出土して、奈良時代の遺構にしてはめずらしく出土状況がはっきりとわかった。

バス停には3時過ぎに戻ってきた。

DSC_0034.jpg

完全に雨の一日を覚悟してきたのだけれど予想外の天気で、晴れ間こそ無かったものの山頂からの展望は素晴らしく、太安万侶の墓まで訪れることができて、充実した一日だった。
ラベル:登山
posted by まつだ at 16:13| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: