2017年12月19日

上醍醐から天下峰

日曜日(12/17)は今年最後の随行で醍醐の山を歩いてきた。

このあたりの山を歩いた記憶はまったく無く、醍醐寺のエリアも入るのは初めてだったと思う。



地下鉄の醍醐駅に集合して、しばらく車道を歩く。今日は寒い。

DSC_0001.jpg

上醍醐の入山料を払って山道に入る。

DSC_0005.jpg

道は整備されているけれど、それなりの登りの道がずっと続く。

DSC_0006.jpg

薬師堂。

DSC_0009.jpg

実は国宝だそうです。

DSC_0010.jpg

五大堂。

DSC_0014.jpg

醍醐山の山頂はこの奥の方向なのだけれど、奥はフェンスで行けなくなっているので、山頂はあきらめる。

さらに進んで開山堂。

DSC_0018.jpg

この先から修験道に入る。

DSC_0021.jpg

千頭岳を望む。

DSC_0022.jpg

覗きの岩場。岩の向こう側は垂直のガケ。

DSC_0023.jpg

今日の最高峰、本宮ノ峰(476m)で昼食にした。かなり寒い。

DSC_0024.jpg

その後、志津川に向かって下る。沢に出会う手前にはちょっとした鎖場もあります。

DSC_0027.jpg

車道に出会った所から西側の沢筋に入って、ユウレイ峠へ。峠名の由来はわからず。

DSC_0030.jpg

稜線を南下して、パノラマ岩から眺める京都南部と西山の山並み。

DSC_0032.jpg

日野山(373m)。

DSC_0033.jpg

供水峠。

DSC_0034.jpg

さらに南下して天下峰(348m)。展望無し。随分たいそうな山名だけれど、ここもその由来はわからず。

DSC_0035.jpg

供水峠まで戻って、西側に下山する。

街に出るちょっと手前でちょっと横道にそれて、鴨長明の方丈石。

DSC_0038.jpg

DSC_0037.jpg

今でこそ住宅街まで歩いて十数分程度だけれど、その時代(平安末期?)ならかなりの山奥だったと思う。山寺ならいざ知らず、よくこんな所に一人で住めたなという感じ。

本道に戻って、ほんのわずかで車道に出た。

DSC_0040.jpg

地下鉄の石田駅に向かって歩いていると、サクラ?

DSC_0041.jpg

その後、石田駅で解散となった。もう5時近くで、一段と冷えてきた。寒い一日だった。
ラベル:登山
posted by まつだ at 15:26| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。