2017年11月26日

大又から薊岳、国見山周回

昨日(11/25)は台高山脈の薊岳(あざみだけ)から国見山(くにみやま)を周回してきた。

薊岳国見山は共に随行で行ったことがある。

11/23 に予定していたのだけれど、朝方の天候が怪しげだったので、好天予報の土曜日にした。



随行の時はマイクロバスで登山口まで送ってもらったけれど、自分の車だと駐車場所をあらかじめ確認しておかなければならない。

大又には県道から少し入った登山口のあたりに少しスペースがあるとのことで、細い林道を上がったところ、ターンできないくらいの急カーブが出てきた。少し上に民家があるようで、よくわからない分岐もある。

間違って民家の方に少し上がってしまって、道幅が車幅ギリギリくらいの坂道をバックで戻るという緊張を強いられて、結局そのままバックで登山口のスペースに停めた。

他には車は無かったけれど、もし後から車が来たら、ヘタをすると下りられなくなってしまうんじゃないかと心配だったけれど、ここに置いておくしか無さそう。

DSC_0001.jpg

随行の時は県道脇の笹野神社から登山道に入って、ちょうどここに出てきた。

しばらく緩い登りで、ちょっと厚着し過ぎだったかもと思った。と言っても上は登山用の長袖下着と薄いフリースだけなのだけれど。

ほどなく急登になるのは記憶していた。おかげで1時間足らずで標高差数百メートル上がって 1000m くらいになると雪景色になってきた。

DSC_0004.jpg

気温はぐっと下がってきて、風が当たると寒いくらい。好天を期待していたのだけれど、樹林帯のせいもあって日射しはまったく届かない。

出発して1時間少々で大鏡池(1183m)まで来た。池の水面はよくわからない。このあたりまで来ると登り傾斜は緩やかにになる。

DSC_0005.jpg

いよいよ山頂エリアの岩稜帯へ。雪がうっすらとかぶってなかなかデリケートだ。木が茂っているとは言うもののこのあたりは両側ともわりと切れていて、滑って落ちるとタダでは済まない。

DSC_0007.jpg

出発して1時間 50 分で薊岳(1406m)に到着した。遠景中央の鋭峰は大峰の大普賢岳。その右に山上ヶ岳。

DSC_0010.jpg

上部は雪はあるだろうとは思っていたけれど、こんなきれいな霧氷に出会えるとは思わなかった。

DSC_0013.jpg

さすがに寒いのでライトジャケットと、耳を覆えるヴィーニーを着用した。

下りになると足元が滑りやすくて緊張する。ポールを持ってくれば良かったと思ったけれどもはや後の祭り。

しばらく登ったり下ったりで、薊岳から 50 分ほどで明神平を望める場所まで来た。

DSC_0016.jpg

今日は穂高明神まで足を延ばすので、明神平へは下りずに稜線をそのまま進む。

これまで誰にも会わず、足跡すら動物(ウサギ?)のものしか無かったのだけれど、明神平からの道と合流すると突然たくさんの足跡が出てきた。

穂高明神(1432m)には 10 時 43 分に到着した。出発してから2時間 53 分。今日の最高標高点。ここはこれまで2回の随行で予定していながら時間切れで届かなかった山だ。

DSC_0019.jpg

明神平のエリアは思いがけず混雑していた。薊岳やこの先の国見山方面ではほとんど人に出会わなかったので、みんな大又の県道終点の駐車場から登ってくるのだろう。

DSC_0024.jpg

そろそろエネルギー補給したかったのだけれど、人のたくさんいる明神平では落ち着けないので、ひと登りして水無山を少し越えた所で今日初めて腰を下ろしておにぎり休憩にした。

DSC_0026.jpg

国見山(1418.9m)には 11 時 34 分に到着。

DSC_0029.jpg

ここから先は落ち葉で道が不明瞭で、アップダウンはあまり無いものの気分が疲れる。

しばらく行くと幻想的な池。硯池と言うらしい。

DSC_0034.jpg

池から5分で赤ゾレ山(1300m)。

DSC_0035.jpg

振り返ると国見山。その向こうが穂高明神?。

DSC_0037.jpg

南には薊岳。ずっと奥が大峰。

DSC_0038.jpg

西の方には金剛葛城山系が望める。

DSC_0039.jpg

ここから先はさらに踏み跡が不明瞭になって、沢が狭まったデリケートな地形の所に入り込んでしまった。

DSC_0040.jpg

どう見てもルートをはずしているとしか思えないのだけれど、gps や地図のルートからははずれていない。

落ち葉にうっすらと雪が被って滑りやすくて、持てる木もほとんど無い急な斜面で、ポールがほしいところだけれどどうしようも無い。少しだけ露出した木の根や岩角などを気安めにして、何とか危険地帯を通過した。

稜線に上がったらうっすらとした踏み跡に出会った。きっともう少しマシな道があるのだろう。

悪戦苦闘していたのはおそらく 15 分程度だと思うけれど、汗ばんできたのでジャケットとヴィーニーを脱いで、ジェルを補給した。

伊勢辻山(1290m)には 12 時 43 分に到着した。

DSC_0041.jpg

このあたりまで来ると道はかなり明瞭になってきた。

気が楽になってルンルンで下っていたら、いつの間にやらルートをはずしていた。分岐を見落としたようなのだけれど、そんな分岐は無かったような・・・。

gps を見ながら戻って、分岐のあたりにさしかかったら、テープマークがあった。gps を見ながら正しい方向に少し進んだところ、見落とした原因がわかった。

ちょうど分岐で道標が立っている場所が倒木で通れなくなっていたのだ。

DSC_0045.jpg

しばらく下ると道は沢筋になった。明瞭ではあるけれど、土砂崩れの跡が何カ所かあった。

DSC_0048.jpg

単調な緩い下りを淡々と足を運ぶ。歩きやすいと言えば歩きやすいのだけれど、傾斜が緩いのでなかなか標高が下がってくれない。

和佐羅滝に近づいたあたりで、gps のルートからはずれてきた。しかし道はこれしか無かったと思う。

しばらく下ると和佐羅滝への分岐の道標が現れた。ずいぶん沢から離れてしまっているように思えるけれど、おそらくもうここへ来ることは無いと思うので、滝の方へ向かってみた。

しかしやはり遠そうだったので、諦めて戻ることにした。

さらにしばらく下ると、また分岐の標識があった。

DSC_0051.jpg

おそらく和佐羅滝まで行けばここに下りて来られたのだろう。

ほどなく県道に出た。

DSC_0052.jpg

ここはちょうど駐車スペースへの林道の分岐の場所で、そちらに向かった。

この林道に入って橋を渡ってすぐの所にちょっとした駐車スペースがあった。朝は気が付かなかったのだけれど、ガイドブックに記載されている駐車スペースというのはここのことだったのかも知れないと思った。

車の所に戻ったのは午後2時半くらいだった。

楽しかったのかどうか、なかなか評価の難しい山行だった。ただ、久しぶりにちょっと手応えのあるコースだったとは思う。個人的に来ることはおそらくもう無いと思うけれど。
ラベル:登山
posted by まつだ at 15:46| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: