2017年05月29日

鳩ヶ峰、樟葉宮跡

翌日に陸上クラブのマラニック大会を控えた土曜の午後、疲れをあまり残さないようにということで、近場でまだ訪れたことの無い場所を訪ねてみることにした。



男山から石清水八幡宮への丘陵地は、マラソン全盛期の頃は淀川と並んで練習のメインコースだった。その頃は今よりも男山に近い場所のマンションに住んでいたので、ちょうど丘陵地の稜線にあたる道路で片道約 5km のコースを設定して、週末にはそこを3往復やるのが定番メニューだった。何カ所か信号があるけれど、その当時はそんなこともそれほど気にならなかった。

DSC_0001.jpg

結婚前の一時期、門真の方に職場があったので、このあたりには2年半ほど住んでいたことがある。その頃は山は細々とはやっていたけれど、ランニングはまだやっていなかった。

DSC_0002.jpg

石清水八幡宮に西側から上がる道は、急な登りになっている。ここを息を切らせて上がるのがポイントだったのだけれど、今はロードの練習に急な登り坂はあまり意味が無いんじゃないかと思っている。

この丘陵で一番標高が高いのが鳩ヶ峰という山なのだけれど、実はこれまで山頂に行ったことが無い。そもそも最近まで、どこに山頂があるのかということすら知らなかった。

何となく石清水八幡宮のエリアの中にあるんじゃないかと思っていたのだけれど、実は少し西に離れた場所にあった。

急坂を上がりきると北側(左側)にグラウンドがあるのだけれど(ここは昔からあった)、この横からハイキング道路が出ている。

DSC_0003.jpg

このエリアに入ってすぐのところに左側に標識が立っていたのだけれど、それに気付かずに駐車場の奥まで行ってしまった。

向こうの方に標識が見えたので、それが案内標識だろうと思って近づいたら・・・

DSC_0004.jpg

この左に斜面を上がっている踏み跡があったので、それを辿ってみたら、しっかりした道に出会った。

DSC_0005.jpg

この階段を上がった所が鳩ヶ峰の山頂(142.5m)だった。三角点がある。

DSC_0007.jpg

山頂には祠とお寺の跡(鳩峰国分寺跡)があった。

DSC_0009.jpg

下山は正しい道で。

DSC_0010.jpg

実は立派な標識が立っていました。

DSC_0012.jpg

昔はこのあたりは鬱蒼とした竹林だったのだけれど、宅地開発されて、随分眺めが良くなっている。交野の山や生駒が望める。明日のマラニックは交野山へ。

DSC_0013.jpg

次なる目的地は樟葉宮跡だったのだけれど、思いのほか近くに和気神社という神社があった。

DSC_0014.jpg

そばには足立寺(そくりゅうじ)史跡公園。

DSC_0022.jpg

奈良時代に瓦や土器を焼いた窯の跡。

DSC_0019.jpg

実はこの時、ここが樟葉宮跡と錯覚していたのだけれど、どうも様子が違う。スマホの地図で確認してみたら、やはり樟葉宮跡はもう少し南だった。

住宅街を適当に行って、木が茂っているエリアに近づくと、ようやくありました。

DSC_0026.jpg

鳥居をくぐって中に入ります。

DSC_0025.jpg

交野天神社(かたのてんじんじゃ)。

DSC_0030.jpg

一瞬、これで帰りそうになってしまったのだけれど、入り口の案内板をもう一度読むと、樟葉宮跡はこの本殿の向こうにあるということがわかって、あわてて戻った。

DSC_0033.jpg

貴船神社。

DSC_0036.jpg

継体天皇が 507 年に即位したのはこのあたりと伝えられている。

DSC_0034.jpg

ここの杜はわりと大きくて、こんな住宅街の中にこんな閑静な林が残っているというのは不思議な感じ。何か異次元の世界に迷い込んだかのような不思議な感覚を覚える場所だった。

DSC_0038.jpg

そして少し南に鏡伝池(きょうでんいけ)。

DSC_0041.jpg

これで今日の目的地はすべて終了。

好日山荘の 500 円割引券があったので樟葉駅の店に寄ってみたけれど、3000 円以上買わないと使えないので、結局何も買わずに出た。

最後のおまけは家の近くの片埜神社(かたのじんじゃ)。

DSC_0044.jpg

いつもただ境内を通り抜けるだけなのだけれど、実は本殿は重要文化財で(この写真の向こう側にある)、かなり歴史のある神社らしい。写真を撮ったのはたぶん初めて。

このあたりにはもう 30 年以上住んでいるけれど、私にとって新鮮な場所はまだまだ残っていると感じた日でした。
ラベル:街中ラン
posted by まつだ at 11:16| Comment(0) | 街中ラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: