2016年01月27日

大峰山

昨日の登山教室は宝塚の大峰山へ行ってきた。

このところの低い気温のおかげで思いがけず氷瀑が眺められ、下山後は武庫川の JR 廃線歩きを楽しんで、充実した一日だった。



JR 福知山線の武田尾駅をスタート。

KC3Y0039.jpg

いきなり廃線のトンネルが現れる。

KC3Y0040.jpg

少し進んだ所で大峰山への登山道に入る。このあたりは散策路がたくさんあって、しっかり道標を確認しないと公園内を廻ってしまいそうだ。

KC3Y0041.jpg

満月滝は見事に凍っていた。

KC3Y0044.jpg

しばらく沢沿いに登って、その後は右岸の道を上がる。結構な登りが続く。

ほどなく稜線に上がり、ニセピークから西へ向かうとすぐに頂上(552m)だった。

KC3Y0045.jpg

下山はさくら道。途中の展望ポイントでは六甲が間近に眺められる。

KC3Y0046.jpg

足元にはこの後歩く予定の武庫川。

KC3Y0047.jpg

無事、登山道を一周回って元の場所へ到着。

KC3Y0048.jpg

プロローグは人気の JR の廃線歩き。

ここは基本的には自己責任の世界で、事故が起こっても JR は責任を持たないという看板が何カ所か立てられている。しかし実際には結構な人気ルートで、休日なら歩く人は多いはずだ。

KC3Y0049.jpg

何カ所かあるトンネルはライトを点けないと何も見えない。

危なそうな鉄橋跡を渡る。

KC3Y0050.jpg

対岸には大きな岩が何カ所かある。

KC3Y0051.jpg

ここに線路を引く工事は大変だっただろうと思う。トンネルも多く、河岸はわりと傾斜がきついので、斜面をへつるのも手間がかかったことだろう。

保津峡のトロッコ列車のような感じで再生させたら、結構人気が出るのではないかと思える。眺めもなかなかのものだ。

ただ、電車で通過したらほんの数分で終わってしまいそうだが。

1時間半近く歩いて JR の生瀬駅に到着して、一日の予定が終了した。

この講座の人たちと再会するのは昨年の夏以来で、久しぶりの出会いをあたたかく迎えていただいて、何とも言えないなつかしい気分になった。
posted by まつだ at 10:00| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: