2013年03月21日

プレッシャー

これまで大会と称するものにはおそらく200回以上参加してきたと思うが、どんな小さな大会でも大会前には何らかのプレッシャーや緊張感を感じてきた。しかし今回の六甲縦走キャノンボールランはちょっと特別だ。

その理由は、『完走できるかどうかわからない』ということである。

これまでのプレッシャーはすべて結果のタイムに対するものであり、完走できない可能性に対して不安を感じたことは一度も無かった。逆に言えば、そういう大会にはそもそもエントリーしてこなかったということでもある。

正確に言えば、別大マラソンでレース前に大きな故障をして、本番まで2週間ほどまったく走らずに出場した時は『完走できないかも知れない』と感じていたが、それは故障が原因なので、今回とは状況が異なる(実際に30kmを過ぎてヒザの痛みのためにリタイアした)。

かつてハセツネに出場した時も、スイスアルパインマラソンに出場した時も、ケガさえしなければ完走は絶対にできると思っていた。

これまで一度に走った最長は120kmである(途中、だいぶ歩いているが)。旧東海道を京都から桑名まで20時間ほどかけて行ったが、翌朝は起きられずに、東京まで行く予定がわずか初日だけでリタイアとなってしまった。

それ以外では100kmを越える距離を経験したことは無いし、ハセツネなどのロングトレイルももう20年近く前のことだ。

今回は公称112kmだが、実際は95kmくらいだろう。それにしても自分の経験では最長の部類に入る。おまけにコースの半分以上はトレイルである。

しかし不安感は徐々に少なくなってきた。気持ちが前向きになってきているのが一番良いことだと思う。

あまり守りに入らずに、攻めの走りをしたいと思っている。
posted by まつだ at 18:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。