2012年12月24日

加古川マラソン

昨日の加古川マラソンは、思っても見ない散々な結果になった。何と3時間32分もかかってしまったのだ。

11月の2レースを踏まえて、今回はペースやタイムの数字よりも体感を重視して、最後まできっちりと走りきれるようにしたいと思っていた。12月の練習ではそこそこの手応えもあったので、やはりそろそろ結果がほしかった。

寒いレースだったので長袖シャツにランシャツを重ねて、下はロングタイツにした。スタート前には冷たい小雨がぱらついてきたので、急遽帽子もかぶることにした。

スタートしてしばらくして、どうも身体が重いように感じた。時計を見ると、そこそこのペースで行っているつもりが、実際には4分40秒から50秒くらいになっている。路面も荒れていて、気持ちがまったく乗ってこない。

しかし序盤は身体が少し重いくらいの方が好結果になることが多いので、ここでムリをせずに成り行きにまかせようと思った。

案の定、5kmあたりから少しずつペースが上がってきた。福知山の時よりは遅いが、時折4分30秒くらいまで上がっている。ただし気分はどうも盛り上がらない。

その後5kmを23分前後くらいのペースで20kmを越えたが、股関節がやや不安な状態になってきて、気持ちもさらに弱気になってきた。25kmあたりではさらに右膝もあやしくなってきて、一瞬もう止めてしまおうかという気持ちが頭をよぎった。しかし何とか完走だけはしたいと思い、これからは鯖街道の練習のつもりにしようと気持ちを切り替えて、何とか走り続けた。

一時期晴れ間が出て汗ばむ時もあったが、北上している時に追い風がやってきて、折り返してからの終盤の向かい風を思うと気が重かった。時計を見ると、3時間30分以上かかりそうだ。

終盤の向かい風は冷たかったが、さほど強風が続く訳でもなく、恐れたほどはひどくなかった。

残り5kmあたりからはもう一度踏ん張れそうな気持ちになったりしたが、やはり長続きはできなかった。

ゲートが見えてから最後だけは少しペースアップして、何とか完走だけは果たすことができた。

まったく何も得ることの無いレースだった。失うものはいっぱいあったけど・・・。

このあとは枚方新春ハーフと篠山にエントリーしているが、ロードレースはしばらく休養にしようかという気になっている。このところロードを走ってもただひたすらゴールを目指して走っているだけで、かつて感じたような気持ちよさ、楽しさ、充実感というものがまったく無い。

残念だが、これが現実なのだ。
ラベル:ロードレース
posted by まつだ at 11:26| Comment(0) | ロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: