2018年12月31日

兜岳、鎧岳、倶留尊山、古光山

今月は初旬に腰を痛めて個人山行にはまったく行っていない。予想以上に長引いたけれど随行の仕事では問題無いし、練習会でも 20km くらいは走れているので、1ヶ月ぶりに今年の締めの山行に行くことにした。

曽爾の鎧岳(よろいだけ)・兜岳(かぶとだけ)はその特異な山容で関西の山ヤで知らない人はいない。国の天然記念物にも指定されている。私ももう随分以前から興味は持っていたけれど、この二山だけのために行くというのはもったいないし、うまいルート設定が思いつかなくて、まだ未着手のエリアだった。

地図をつらつら眺めていると、青蓮寺川をはさんで対岸の古光山(こごやま)を周回するとほぼ1日コースが設定できそうだ。倶留尊山(くろそやま)まで足を延ばすと充実感がありそうだけれど、これはちょっと遠いかも。

ということでこのルートで計画したのだけれど、今月上旬の好天休日は腰痛のために諦めざるを得なかった。

腰の調子はまだ完治一歩手前という状態だけれど、何とか年内にはもう1回山へ行っておきたいと思って、30日に出かけることにした。



朝4時半過ぎに家を出て、途中でおにぎりとカップ麺、コーヒーの朝食をとって、7時過ぎにサンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場に到着した。事前に調べたところではここの駐車場に停められるようだけれど、区画にしっかりと番号が割り振ってあって、ここに停めて大丈夫なのかどうか不安を感じたので、通行止めになっている手前の広いスペースに路上駐車した。

準備を整えて、7時18分に出発した。ウエアは上がモンベルの長袖アンダーとミズノのブレスサーモの長袖ジップシャツ。冷え込みはそれほどではなかったのでジャケットは着なかった。下は最近アマゾンで安く買ったチャイナブランドのサイクリング用パンツ。ウインドストッパー入りで内側起毛。なかなか暖かい。ただし生地がごわごわするのはやはり価格相応というところ(3600円くらい)。

DSCF1020.jpg

車が通行止めになっているのは道路が陥没している場所があるからで、歩行には問題無い。車道を15分足らずで登山口に到着した。

DSCF1023.jpg

道標が無ければここが登山口とはわからないだろう。

DSCF1024.jpg

沢筋の道は荒れて崩壊していて、際どい巻き道が設定されている。

DSCF1025.jpg

ほどなく沢を離れて山肌の急登になる。

DSCF1027.jpg

ぐいぐい上がって、8時3分に兜岳(920m)に到着した。出発してわずか45分だった。

DSCF1028.jpg

風が当たると寒いのでウィンドブレーカーを着用した。

縦走路から正面に鎧岳の雄姿が見える。あの壁を登る人はいるのだろうか。脆いかな。

DSCF1031.jpg

峰坂峠(むねさかとうげ)。

DSCF1032.jpg

登りはそれほどではなく、8時47分に鎧岳(893.6m)に到着。

DSCF1033.jpg

対岸に曽爾高原が広がる。

DSCF1035.jpg

その右には後半に行く予定の古光山。

DSCF1036.jpg

写真を撮ったら早々に来た道を戻る。ただし峰坂峠には戻らずにショートカット。

DSCF1039.jpg

山頂から40分ほどで車道に出た。

DSCF1044.jpg

緩い下りなのでここは走る。この道は東海自然歩道らしい。

DSCF1047.jpg

ショートカット道で青蓮寺川を渡って、車道で曽爾高原に向かう。

DSCF1049.jpg

当初の予定では曽爾高原には寄らずに後古光山(うしろこごやま)に向かうつもりだったけれど、前半戦が思いの外あっさりと終わってしまって、まだ10時前。せっかくここまで来ているので曽爾高原に寄ることにした。

DSCF1052.jpg

曽爾高原は30年以上前に職場の同僚と3人でテント泊で来たことがある。それ以来の再訪ということになるけれど、この光景は覚えている。

さて、ここまで来たらやはり倶留尊山まで行くしかないだろう。稜線に上がると西からの強風で寒い。東側にちょっと下りて酒饅頭休憩にした。

エネルギーを補給して、冷たい強風に立ち向かう。今度は曽爾高原側からの鎧岳。

DSCF1056.jpg

樹林帯に入ると強風はおさまった。標高が 1000m に近づくとようやく現れました。

DSCF1058.jpg

二本ボソから先は入山料がいるらしい。30年前はこんなものは無かったような・・・。でも登山道の整備は手間がかかるということはよくわかるので、払いますよ。帰りに。

DSCF1059.jpg

二本ボソ(980m)はすぐそこ。

DSCF1066.jpg

11時28分、倶留尊山(1037.3m)に到着した。標高が 1000m を越えるとやはりちょっと雰囲気が違う。

DSCF1062.jpg

写真を撮ったら早々に下山。入山料を払おうと思ってサイフを開いたところ、小銭が○百円しかない。おつりはもらえそうにないので、これで勘弁して下さい。

曽爾高原の全景。そして右奥はこれから行く古光山の山稜。

DSCF1067.jpg

またまたしばし強風にあおられて、樹林帯に下りて道標に導かれて後古光山に向かう。

DSCF1070.jpg

車道を渡る。道標には「ハイキングルート」と書かれている。残りの行程はほとんどおまけの気分。

DSCF1072.jpg

こういうのを称して「登山道が整備されている」というのかも知れないけれど、私はがっかりする。木道がハードル状態になっているよりはマシだけれど。

DSCF1073.jpg

いつものように今回もルート状況はあまり詳しく調べてこなかったのだけれど、後古光山に近づくと非常な急登になって、ロープが立て続けに現れてきた。

DSCF1078.jpg

鎧兜よりもはるかに急峻で、おまけ気分は吹っ飛んでしまった。

12時53分、ようやく後古光山(892m)に到着した。

DSCF1075.jpg

ここからの下り、そして古光山への登りもロープ斜面のオンパレード。私はこういう場所の古いロープは不安なので極力頼らないようにしているのだけれど、そんなことは言っていられない。ロープ無しではとても上り下りできないような箇所が何カ所もあった。

一つ一つの山はそれほどの大きさではないけれど、朝からすでにいくつかの山々を上り下りしてきているので、さすがに疲れが出てきた。

午後1時30分、古光山(952.4m)に着いた時はほっとした。

DSCF1079.jpg

しかしここからもいやらしいジャンクションピークがいくつかあって、南峰までは 20 分くらいかかった。

DSCF1081.jpg

さすがに南峰を過ぎると穏やかな山容になってきて、ようやくおにぎり休憩が取れた。鎧兜を眺める余裕も出てきた。

DSCF1082.jpg

午後2時8分、車道に下りてきた。そばの建物は斎場。

DSCF1085.jpg

あとはひたすら車道を走って車に戻るだけ。走ると暑いのでウィンドブレーカーを脱ぐ。

青蓮寺川そばの車道からの鎧兜の雄姿。

DSCF1087.jpg

オートキャンプ場までの登り返しはもちろん歩きで。最後で車道をショートカットするためにちょっとだけ東海自然歩道に入る。

DSCF1089.jpg

午後3時5分、無事車に戻ってきた。結果的には満足感の大きい一日になった。これで気分良く今年を終えられそうだ。
posted by まつだ at 15:56| Comment(0) | トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

高代寺山、城山

先の日曜日(12/16)は今年最後の随行で北摂の高代寺山から城山を歩いてきた。このあたりは2年近く前にも別の講座で歩いている。



出発は能勢電鉄の妙見口。前回は雪景色だったけれど、今回は寒いとは言え雪は無い。

DSC_0001.jpg

前回はぐるっと大回りの道を歩いたけれど、今回はより初心者クラスということで距離の短い参道を行く。

DSC_0002.jpg

参道なのでお地蔵さんなどが随所にある。

DSC_0006.jpg

DSC_0007.jpg

車道に出て、妙見山を望む。

DSC_0009.jpg

ほどなく高代寺に到着した。

DSC_0012.jpg

これが本堂。

DSC_0014.jpg

前回はチラッと眺めただけのクマ舎。イノシシの仕掛けにかかった小熊を飼育しているらしいけれど、寒いせいか姿は見えなかった。

DSC_0015.jpg

五輪塔に寄り道。

DSC_0016.jpg

DSC_0017.jpg

車道をヤブでショートカット。

DSC_0020.jpg

11時前、高代寺山(488.5m)に到着した。

DSC_0022.jpg

その後は車道を下る。途中の展望場所から、真ん中奥は六甲。

DSC_0023.jpg

しらかば公園に下りて、ここで昼食にした。

DSC_0025.jpg

トイレ休憩にスポーツセンターに立ち寄って、また山道に入る。

DSC_0027.jpg

わかりにくい道を辿って無事 242.2m の三角点へ。

DSC_0028.jpg

そして最後に城山(178m)の山頂。

DSC_0029.jpg

このあたりは城跡で、遺跡を守るための猪鹿よけのシカケがたくさん設置されている。

DSC_0030.jpg

最後の展望場所から市街地を眺める。向こうの山裾には新名神道路。

DSC_0032.jpg

市街地に下りて山道は終了。

DSC_0034.jpg

その後、山下駅で解散した。DSC_0035.jpg

これで今年の講座はすべて修了した。突然の腰痛で一時はどうなることかと心配したけれど、何とか無事仕事を終えることができてほっとした。
posted by まつだ at 13:31| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

清滝川、六丁峠、試峠

水曜日(12/12)は京都一周トレイルの講座で清滝から六丁峠あたりを歩いてきた。山間部では霧雨が降ったり止んだりですっきりしない天気の一日だった。

清滝集合の時はいつも保津峡駅から歩いていくのだけれど、今日は嵯峨嵐山駅から歩くことにした。実は先週の金曜日に突然腰痛が再発した。そのうちに収まるだろうと思っていたのにどんどんひどくなる一方で、貴重な好天の週末を家でおとなしく過ごすことになってしまった。

念のために月曜日に病院へ行ってみたところ、骨には異常は無いということで、痛み止め薬は断って手ぶらで帰ってきた。どうせ効かないので。

一時はどうなるかと心配したけれど、月曜日からはかなり改善してきて、何とか今回のコースくらいなら歩けるだろうと思って一安心した。

そんなわけで、まずは整備された車道で行くことにした。



嵯峨嵐山駅で下車して、清滝への車道を行く。

DSC_0001.jpg

山間部に近づいてくると霧雨が強くなってきたので致し方なく傘をさした。

清滝トンネルには入らずに旧道で試峠(こころみとうげ)に向かう。講座でもまた午後にはここを歩く予定。

DSC_0002.jpg

峠を下って、集合地の清滝バス停に到着した。保津峡からよりも楽なんじゃないかと思っていたけれど、それほどでもなかった。帰りは保津峡に向かうことにしよう。

DSC_0003.jpg

バス停に集合して、まずは駐車場そばにトイレに立ち寄って、橋を渡って愛宕山表参道入り口の鳥居のそばの愛宕ケーブル跡。ケーブル跡や山頂エリアの建物の跡は、廃墟マニアには人気があるらしい。

DSC_0005.jpg

橋を渡って一周トレイルコースに入る。

DSC_0008.jpg

与謝野晶子の歌碑。

DSC_0009.jpg

「ほととぎす嵯峨へは一里京へ三里水の清滝夜の明けやすき」

右岸の岩場を行く。霧雨で岩が濡れていて滑りやすい。

DSC_0010.jpg

落合の河原で昼食にする。せっかく陽の当たる場所で腰を下ろしたのに、ほどなく小雨が降ってきた。

DSC_0011.jpg

昼食後は車道に出てから一周トレイルルートをちょっとはずれて、水尾へのトンネルをくぐって保津峡の展望台へ。正面の岩場は書物岩。川から見ると本が並んでいるように見えるらしい。

DSC_0012.jpg

松尾芭蕉の歌碑。

DSC_0013.jpg

「清滝や 波に散りこむ 青松葉」

一周トレイルコースに戻って、車道を上がって六丁峠へ。

DSC_0014.jpg

坂を下って、鳥居本。昔はここが愛宕山表参道の入り口だった。

DSC_0015.jpg

ここから試峠を経由して清滝バス停に戻るというのが今日の予定ルート。バスは1時間に1本なので、時間調整のためにそばの店でだんご休憩となった。お茶と抹茶とだんごで840円とか。私はこういうのは食べません。おいしいものに出会ったことが無いので。

DSC_0016.jpg

個人的には今日2回目の試峠。峠のミラーは下向きに設置されている。

DSC_0017.jpg

その後、清滝バス停に戻って解散した。そして私はもう一度清滝川沿いの道を行って、保津峡駅に向かった。

一人なので気楽にホイホイと歩いていたら、あの滑りやすかった岩場で足を滑らせて、右手に持っていた傘とともに地面に手をついたところ、いやな感触が・・・。

案の定、骨が曲がっていました。

約1年前に骨を折ってしまって、幸いわりと安く修理できたのだけれど、あまりにも簡単に壊れてしまうので、また修理しようという気持ちにはなれなかった。

モンベルに限らず最近の登山用品は軽量化されている代償か、耐久性はずいぶん落ちているように思う。耐久性だけではなく、労働単価の安い国で大量生産しているものが多いせいか、細かい造りが雑になっていると感じる。

昔の Made In France のミレーのザックなどは内側の縫い目にロウのようなものが塗布されていたけれど、そういう丁寧な造りの製品は普及価格帯ではもはや得られないのだろう。

国産でもファイントラックなどは高いけれどそれ相応の品質になっているようには感じる。多分モンベルとは競合しないようにしているのだろうけれど。

高くても質の良いものを長く使うか、割り切って使い捨て感覚で安いものを選ぶか、懐に余裕のある人なら悩む必要は無いのだろうけれど、私などには悩ましい問題だ。ただし登山用品に関しては場合によっては命に関わるので、アマゾンでよく見かけるようなチャイナブランドの超安価商品は手を出さないようにしている(皆無ではないけど)。

と言うことで、品質には定評のあるユーロシルムの傘に買い換えることにした。実は以前、ユーロシルムの折りたたみ傘を持ったことがあるのだけれど、重くて、さらにオートマチックの使い勝手が悪かったので、オークションに出して処分してしまった。

登山用なので手動で軽量モデルがほしいけれど、いつ探しても売り切れている。ユーロシルムは折りたたみではないタイプで非常に頑丈なものが有名だけれど、ホンマ?



折りたたみではここまでの強度は期待できないと思うけれど、ネットを探しまくって真っ赤っかのラスト1本を見つけたので、山用と割り切ってそれを注文した。日曜日(12/16)の講座に間に合えばいいのだけれど・・・。
posted by まつだ at 20:38| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。