2018年11月08日

荒神山

月曜日(11/5)の随行はびわ湖湖東の荒神山(こうじんやま)だった。もちろん私は行ったことも聞いたことも無い山。



集合は東海道線の河瀬駅。季節外れとも言えるような暖かさ。

DSC_0127.jpg

しばらく舗装道路を歩く。正面に目指す荒神山。

DSC_0128.jpg

このまま直行すると時間的に早すぎるので、山崎山城跡に寄り道する。

DSC_0131.jpg

織田信長の時代の築城らしい。

DSC_0133.jpg

またしばらく車道を歩いて、いよいよ登山口の荒神山神社里宮へ。

DSC_0137.jpg

昔は参拝者で賑わったのだろう。石畳が敷き詰められている。

DSC_0139.jpg

足元にセンブリ。

DSC_0140.jpg

石段を上がって山頂(284m)の荒神山神社へ。

DSC_0142.jpg

到着しました。ここで昼食。

DSC_0145.jpg

ここからはマキノ方面の展望が開けている。

DSC_0144.jpg

すぐ下にパラグライダーの飛び立つ場所があるので寄ってみる。亀岡の三郎ヶ岳のそれとは違って出発場所は板きれが設置されているだけ。

DSC_0146.jpg

ここからは比良山系が望める。1000m 以上は雲がかかっていた。

DSC_0147.jpg

それから北に向かって、荒神山古墳。4世紀末の前方後円墳ということで、息長(おきなが)氏関連かも? 後円部には他人のお墓が並んでいた。

DSC_0149.jpg

三角点(261.5m)は少し北東に離れた場所にある。

DSC_0151.jpg

ここからは彦根の市街地が足元に見える。左の雲にかかっているのが伊吹山。

DSC_0152.jpg

ここにはシャクナゲの狂い咲き?

DSC_0153.jpg

車道を少し下って千手寺(せんじゅじ)。行基が開いた寺で、元は天台宗と書いてあったけれど、最澄より前の時代の僧なのに天台宗?

DSC_0157.jpg

川沿いをしばらく歩いてから往路の道に戻って、河瀬駅で解散した。

DSC_0159.jpg

ぽかぽか陽気で気持ちのいい一日だった。
posted by まつだ at 21:45| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする