2018年11月12日

白山御前峰

ここ何年かは毎年、白山に行っている。

そんなに白山が好きなのかと聞かれると、実はそれほどではない。単に近いから。ただそれだけの理由だ。

白山は四方に登山道があって、周回ルートもいろいろと取れるし、いろんな楽しみ方のできる山だと思う。そんなわけで今年も白山に行くことにした。ちょうど4年前のこの時期に行ったことがある。主たる目的は雪山ムードを味わうこと。しかし残念ながら先月降った雪はほとんど消えてしまっているようだ。

東面のルートは山スキーでは何度か訪れたけれど、無雪期の平瀬道は歩いたことが無いのでぜひここでと思っていたのだけれど、何とほんの数日前に林道が冬期閉鎖になってしまった。となるともはや別当出合からのルートしか選択肢が無い。

別当出合までの道はまだ開いていることを確認して、土曜日(11/10)の夕方5時半頃、すっかり暗くなった駐車場に到着した。停まっている車はほんのわずか。驚いたことに、こんな時間に下山してくる人がいた。

ディナーはすき焼き。最後はうどんを入れて、ちょっと食べ過ぎくらい。持参した酒も飲み干してシュラフにもぐり込んだ。が、少ししてから急にお腹の調子がおかしくなってきた。満天の星空の元でしゃがむ。

原因はすぐにわかった。実は持ってきたすき焼きのタレは冷蔵庫で半年以上眠っていたもの。賞味期限は切れてはいないけれど、これは開封前の場合で、ちょっと不安だったのでにおいをかいだり、ちょっとなめてみたりして確認していた。食べた時は異常は感じなかったけれど、やはりいたんでいたのだろう。幸い、それ以上ひどい症状にはならなかった。

起床は3時。朝はいつもカップ麺とおにぎり、そしてコーヒー。しかしコンロのガスがちゃんと出ない。実は昨夜も調子が悪くてあせったので、セットしたままで寝たのだけれど、何度やり直してもダメ。カセットコンロ用のガスを登山用コンロに接続できるアダプターで、購入時からあまり具合が良くなかった。あきらめておにぎり、そして出発前にテルモスに入れてきたお湯でお茶を飲んで、3時40分に出発した。



駐車場から別当出合の休憩所までは数分くらい土道を上がる。標高 1260m。これは帰りに撮ったもの。

CIMG5920.jpg

薄い手袋だけでは手が冷たかったので休憩所でテムレスを出していたら、後ろから数人のパーティがやってきた。まさかこんな時間に他のパーティと出会うとは。

看板などもほとんどブルーシートに覆われて冬支度となっているけれど、さすがにこれはそのままありました。

CIMG5867.jpg

鳥居をくぐる。

CIMG5869.jpg

写真を撮っているうちに後続パーティが先に観光新道の方に向かってくれたのでほっとした。私は砂防新道を行く予定。しかし、

CIMG5871.jpg

何と、吊り橋が通行止めになっていた。この吊り橋は積雪期は板がはずされてしまうのだけれど(すでにはずされていた)、これまでは危険覚悟で渡ることはできた。これまで積雪期にこの橋で事故が起こったということは聞いたことが無いのだけれど、これも最近の過剰安全対策ということだろうか。

このくらいのロープなら越えられないことは無いけれど、そんなことをして万が一事故でも起こしたら私のような高齢、単独、弾丸登山という危険三重奏のような者は世間がタダでは許してくれないだろう。あきらめて観光新道に行くことにした。

せっかくあのパーティと離れられると思ったのに彼ら(女性もいた)は案内板の前で立ち止まっていたので、その横を先に行った。するとすぐさま彼らも歩き出して、わずかな距離で後を追われる形になってしまった。最悪のパターン。

深夜の山道を一人で歩くというのは独特の雰囲気があって、何となく不気味なところが何とも魅力的なのだ。

健脚パーティならさっさと道をゆずって先に行ってもらうのだけれど、それほどではなさそうで、中途半端でやりきれない。次第に距離は離れてはきたけれど、それでもヘットランプの明かりがちらちらと目に入る。しかし登山道に入って20分くらいしたら完全に離れてしまった。やれやれ。

今日は雪を想定してトレランシューズではなくて、半年ほど前に新調した登山靴で来ている。それにしてもこの道は歩きにくい。おそらく火山の噴火で飛ばされたのであろう、大きな石がゴロゴロしていて、しかもなかなかの急登。急登は嫌いではないけれど、こういう歩きにくい道はうれしくない。日帰り荷物だから何とかなっているけれど、泊まりで10kg以上あるような荷物なら音を上げるかも。

左手に山スキー用のポール、右手にはピック付きのポールを持っていて、これも重い。

そんなことを考えながら歩いていたら、観光新道に入って1時間足らずで稜線に出た。昨年は白山禅定道を市ノ瀬に下った。

CIMG5873.jpg

白山は活火山です。

CIMG5874.jpg

稜線に出てから1時間ちょっとかかってようやく殿ヶ池避難小屋に到着した。

CIMG5878.jpg

小屋の前でジェルを補給していたら、下にヘッドランプが見えた。あんな近くにいたのかと思ったが、ランプは一つしか見えない。後から来た単独行者だろう。

道にはいたるところに霜柱。気温は結構下がっているのだろう。

CIMG5882.jpg

黒ボコ岩が見えてきた。

CIMG5884.jpg

避難小屋から50分で黒ボコ岩に到着。ここで後ろから来た単独行者が先に行かれた。

CIMG5885.jpg

やはり別山は格好いい。

CIMG5886.jpg

早朝の弥陀ヶ原は本当に神か仏がいるのではないかという空気が漂っている。

CIMG5889.jpg

ちょうど朝日が差し込んでいた。

CIMG5890.jpg

ひと登りして、7時7分に室堂に到着した。

CIMG5892.jpg

ここのベンチでパウンドケーキを一切れ食べて、いよいよ御前峰への最後の登り。

CIMG5893.jpg

ここにもあります、高天ヶ原。神様がいらっしゃるのはこちらかな。

CIMG5894.jpg

7時55分、ようやく御前峰(2702.2m)に到着した。

CIMG5898.jpg

雲海の向こうに北アルプス。

CIMG5901.jpg

南には御嶽山。

CIMG5904.jpg

それにしても雪が無い。

CIMG5899.jpg

さて、これからどうしようかとちょっと悩んだ。期待していた雪の剣ヶ峰はまったくダメで、このまま下りてしまうのはちょっともったいないという気はするけれど、池めぐりを楽しむようなガラでもない。

今回はお腹をこわしたり、朝に暖かいものを食べられなかったり、予定のコースに取り付けなかったりと、どうも流れがあまり良くない。そんなせいもあってか気力もいまひとつ湧いてこない。こういう時は腹八分目くらいで終えた方が安全だろう。

ということで、来た道をそのまま帰ることにした。室堂でおにぎり休憩にして、あとはノンストップで下りる。

少し上から眺める弥陀ヶ原も美しい。

CIMG5908.jpg

黒ボコ岩のそばの道標。別当出合の橋が通行止めということはここにも書いておかなければならないのではないか。

CIMG5910.jpg

またまた別山。

CIMG5911.jpg

白山禅定道との分岐を過ぎて歩きにくい下りに入ってから、左足の内くるぶしに痛みが出てきた。まだ馴染んでいない靴なので靴擦れになってきたのだろうか。普通に下ればあと1時間もかからないくらいだけれど、とても歩き続けられないくらい痛みが強くなってきた。

腰を下ろしてヒモをほどいて確認してみたら、ちょうどくるぶしの所に小石が挟まっていた。靴擦れでなくてほっとした。

別当出合の少し手前では工事用の車道がすぐそばを通っていた。

CIMG5915.jpg

11時5分、駐車場に戻ってきた。出会った登山者の数に比べると車がずいぶん少ないと思ったが、実は上の車道の脇の駐車スペースにたくさんの車が停められていた。おそらく駐車場からの登りを避けるためだろう。

CIMG5921.jpg

温泉は白峰の総湯に行ってみる。ここは午後になると駐車場が一杯になっていることが多くて、入れるチャンスが少ない。しかし幸い、今日はまだスペースがあった。露天風呂からの山肌の紅葉は素晴らしかった。

DSC_0001.jpg

ゆっくり帰れそうなので、高速代節約のために敦賀で下りて湖西道路経由で帰ろうとしたところ、思いがけず高島あたりの R161 で大渋滞に出くわしてしまった。その後も随所に渋滞があって、家に帰り着いたのは7時前だった。山以上に疲れました。
posted by まつだ at 15:28| Comment(2) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

荒神山

月曜日(11/5)の随行はびわ湖湖東の荒神山(こうじんやま)だった。もちろん私は行ったことも聞いたことも無い山。



集合は東海道線の河瀬駅。季節外れとも言えるような暖かさ。

DSC_0127.jpg

しばらく舗装道路を歩く。正面に目指す荒神山。

DSC_0128.jpg

このまま直行すると時間的に早すぎるので、山崎山城跡に寄り道する。

DSC_0131.jpg

織田信長の時代の築城らしい。

DSC_0133.jpg

またしばらく車道を歩いて、いよいよ登山口の荒神山神社里宮へ。

DSC_0137.jpg

昔は参拝者で賑わったのだろう。石畳が敷き詰められている。

DSC_0139.jpg

足元にセンブリ。

DSC_0140.jpg

石段を上がって山頂(284m)の荒神山神社へ。

DSC_0142.jpg

到着しました。ここで昼食。

DSC_0145.jpg

ここからはマキノ方面の展望が開けている。

DSC_0144.jpg

すぐ下にパラグライダーの飛び立つ場所があるので寄ってみる。亀岡の三郎ヶ岳のそれとは違って出発場所は板きれが設置されているだけ。

DSC_0146.jpg

ここからは比良山系が望める。1000m 以上は雲がかかっていた。

DSC_0147.jpg

それから北に向かって、荒神山古墳。4世紀末の前方後円墳ということで、息長(おきなが)氏関連かも? 後円部には他人のお墓が並んでいた。

DSC_0149.jpg

三角点(261.5m)は少し北東に離れた場所にある。

DSC_0151.jpg

ここからは彦根の市街地が足元に見える。左の雲にかかっているのが伊吹山。

DSC_0152.jpg

ここにはシャクナゲの狂い咲き?

DSC_0153.jpg

車道を少し下って千手寺(せんじゅじ)。行基が開いた寺で、元は天台宗と書いてあったけれど、最澄より前の時代の僧なのに天台宗?

DSC_0157.jpg

川沿いをしばらく歩いてから往路の道に戻って、河瀬駅で解散した。

DSC_0159.jpg

ぽかぽか陽気で気持ちのいい一日だった。
posted by まつだ at 21:45| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

龍門岳から音羽三山

先月、大天井ヶ岳へ行った時、吉野から見た龍門岳が格好良かったので、また行ってみようと思っていた。

龍門岳は昨年に一度行っているのだけれど、この時は北側からピストンしたので、次は表玄関の南側から行ってみたいという気持ちはずっと持っていた。

しかしこのルートはアプローチが長い。最寄り駅は大和上市で、近鉄吉野線の吉野駅のわずか二つ手前。しかも登山口までは車道をしばらく行かなければならない。そんなわけでなかなか思い切れなかったのだけれど、先月吉野から眺めた光景がトリガーになって、日曜日(11/4)に行くことにした。

最近、アプローチの電車が長時間で朝が早い時は朝食は家で摂らずに、パンと牛乳、パックコーヒーなどを持って出て、電車の中で食べることにしている。少しでも長く睡眠時間を確保したいので。

で、朝6時前の電車に乗って大和上市に向かった。



2時間半ほどかかってようやく大和上市駅に到着した。ここからは大台ヶ原へ行くバスが出ている模様。

DSC_0042.jpg

バス停のベンチで準備をして、8時35分に駅を出発した。朝方は冷えると天気予報で言っていたのに思いのほか暖かい。

R168 ではなくほとんど旧道を走って、国道から分かれて北に向かった。正面に龍門岳(だと思う)。

DSC_0044.jpg

今回もいつもと同様、ガイドブックなどで詳しく調べることはせずに、地形図の道からルートを決めてきた。つい先週、奥明日香で地形図の道で痛い目に遭ったというのに、何度やっても懲りていない。

桜井へ向かう車道の途中から尾根筋で龍門岳に向かうルートを予定してきたのだけれど、吉野山口神社には立ち寄って行きたいと思っていたのでその方向へ向かったのだけれど、神社の場所がよくわからない。

たまたまおられた地元の方に尋ねたところ、神社は思っていたよりずいぶん東の方だったが、もう二度と来ないかも知れないのでそちらに向かうことにした。今日のコースはもともと時間の余裕がある。

まずは菅生寺(すぎょうじ)。菅原道真が生まれ育ったという言い伝えがあって、寺の名前はそこから来ているとか。

DSC_0045.jpg

さらに東に向かって、ようやく吉野山口神社にたどり着いた。

DSC_0052.jpg

ここには二つの神社があって、まずは吉野山口神社。

DSC_0056.jpg

そして高鉾神社。

DSC_0054.jpg

近くにあった案内版によると、ここから龍門岳に向かう登山路があるらしい。確かに地形図をよく見ると沢筋に道が伸びているけれど、途中で途切れている。しかしここは近畿自然歩道だそうで、道標もしっかりしているので、この道で龍門岳を目指すことにした。

緩い登りの車道を行く。

DSC_0062.jpg

神社から10分ほどでジャリ道になった。

DSC_0065.jpg

さらに10分ほどで龍門の滝。

DSC_0071.jpg

すぐ上に龍門寺塔跡。奈良時代の建立。

DSC_0075.jpg

いよいよ沢沿いの山道に入る。沢から離れて山肌を行くようになるとかなり傾斜がきつくなった。10時55分、上市から2時間20分で龍門岳(904.1m)に到着した。

DSC_0080.jpg

一等三角点があるけれど展望はまったく無し。

DSC_0083.jpg

ここから先は昨年歩いた道なので、気分的には随分楽になった。

ほどなく送電線の鉄塔が現れた。こういう人工物にはがっかりさせられるけれど、おかげで格好の展望台になっていることが多い。鉄塔のちょうど向こうがこれから向かう熊ヶ岳。

DSC_0087.jpg

快適に下って三津峠。

DSC_0088.jpg

ここからは道があやしくなることを記憶している。特にちょっとしたピークのトラバース道は昨年にも増して不明瞭になっていた。

DSC_0089.jpg

ここは稜線でピークを越えるルートもあるようで、もしまた来るのなら次回はそちらにした方が安全かも。

龍門岳からほぼ1時間、12時前に大峠に到着した。ここで今日初めて腰を下ろしておにぎり休憩にした。

DSC_0092.jpg

10分足らずの休憩で早々に熊ヶ岳に向かう。大峠から20分くらいで熊ヶ岳(904m)に到着。龍門岳とほぼ同じ標高。

DSC_0096.jpg

そして経ヶ塚山(889m)へ。ここは木の間からわずかに東の宇陀方面が望める。

DSC_0099.jpg

ここから音羽山(851.4m)まではほんの10分程度。

DSC_0100.jpg

下山は展望台経由。大和葛城山、金剛山はいまひとつはっきり見えなかった。

DSC_0102.jpg

善法寺のお葉つきイチョウはまだ実は付いていなかった。

DSC_0104.jpg

おおむね予定通り、1時45分に下居(おりい)の車道に下りてきた。観音寺は善法寺のこと。

DSC_0107.jpg

さて、今日はこれまで素通りしてきたこのあたりの遺跡などをいくつか寄り道するつもり。

まずは崇峻天皇陵。考古学的には天王山古墳が本当の陵墓の可能性が高いと言われている。崇峻天皇は蘇我馬子の手先の東漢直駒 (やまとのあやのあたいこま)に暗殺された。

DSC_0109.jpg

次はメスリ山古墳へ行こうと思ったのだけれど、場所がよくわからない。取りあえず丘陵の南側に大きな鳥居が見えたので行ってみたら八阪神社という神社だった。

DSC_0112.jpg

ちょうど鳥居の脇からヤブに入っている踏み跡があったので行ってみた。何となく墳墓という感じがしたけれどそれらしき案内板は見あたらなかった。北側に下ったけれど、たぶんこれがメスリ山古墳だと思う。

DSC_0116.jpg

住宅街に入って、上之宮遺跡。聖徳太子の上宮(かみつみや)跡の可能性もあるとか。

DSC_0119.jpg

艸墓古墳(カラト古墳)(くさはかこふん)はどこ? あたりをうろうろしてようやく入り口を見つけた。

DSC_0125.jpg

やっと見つけたとよろこんだら・・・。

DSC_0124.jpg

本当は吉備池廃寺跡にも行きたかったのだけれど、これで気力を失った。

桜井駅にはちょうど3時に到着した。

DSC_0126.jpg

念願の南からの龍門岳と桜井の遺跡のいくつかも訪れることができて、ほぼ満足のいく一日だった。
posted by まつだ at 21:49| Comment(0) | トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする