2018年09月24日

奥穂高岳

陸上クラブの仲間の ken さんは 40 台の現役サブスリーランナー。登山にも興味がある方で、いつか一緒にどこか行きましょうという話がようやく実現した。

このところ秋雨前線が停滞していて天候が悪く、週末は続けて雨模様になっている。この連休も降水確率の高い予報だったけれど、日曜日(9/23)だけが少し回復する予報だった。どうなるか心配だったけれど、前日にはほぼ晴れ間違い無しという予報になって、ワンチャンスを狙って出かけた。

ken さんがドライバーを務めてくれるということで、私は助手席で楽チン。早めに店で夕食をとってからビールを買って、いつもの新穂高の無料駐車場に向かった。

入り口にはいつも通り「満車」の看板が立っていた。しかし夕刻になると何台かは帰っていて、実際にはそこそこの空きがあるというのがこれまでの常態だった。しかし今日は何と入り口に係員がいて、「満車なので鍋平へ行くように」とのこと。

鍋平は新穂高ロープウェイの駅のそばで、無料だけれどここからしばらく車道を上がって行って、登山地図では新穂高まで登り 45 分、下り 30 分が余計にかかる。

そこでタイムイズマネーということで有料駐車場に向かったところ、都合のいい第1駐車場はすでにゲートが閉まっていた。仕方無く左俣に少し入った第2駐車場へ行ったところ、ここは入ることができた。

蒲田川の水量はいつもよりかなり多く、轟音を立てている。沢筋の水量が心配だ。おまけに随分気温が低い。

ビールでプチ前夜祭をやって早めに寝て、朝2時に起床した。空は満天の星空だ。しかし気温は前日の夕方よりは高い感じ。歩くにはちょうどいいくらいの感じだ。

暖かいコーヒーを飲んで、3時過ぎに出発した。



出発の準備をしていたら左俣方面に向かう登山者が何人かいた。登山センターのあたりにも数人。こういう時間のこのあたりは何度も経験しているけれど、随分人が多い。

DSC_0002.jpg

右俣林道をヘッドランプで歩く。ken さんは真夜中の登山道というのは初めてとのこと。

1537748530815.jpg

穂高平へのショートカット登山道は土砂崩れのために通行止めになっていた。白出沢は大丈夫かどうか、不安が頭をよぎった。実は出かける前から心配でネットで最新情報を検索していたのだけれど、新しい情報は得られなかった。もし白出沢が通行止めだったらどこに転戦するか考えながら林道を進んだ。

出発から1時間半ほどで白出沢への分岐に到着した。幸い、通行止めの標識は無かった。

DSC_0003.jpg

白出沢は私は2回目なのだけれど、1回目はもう 20 年以上前のことで、記憶はほとんど残っていない。

樹林帯を黙々と登るうちに夜が明けてきた。沢筋に下りると背後には笠ガ岳の雄姿が。

DSC_0004.jpg

木の橋で沢を渡る。

DSC_0006.jpg

このあと、長い木のハシゴを登って、しばらく鎖やロープの張られた急斜面のトラバース。

1537748539175.jpg

白出大滝が見えた。

DSC_0009.jpg

ところどころ小さなハシゴのある急登を上がると、ガレた谷筋に出た。

DSC_0011.jpg

とにかく足元が不安定で歩きにくい。道はあって無いようなもので、勝手気ままに歩く。トレースのようなものも少しはあるけれど、しっかりした踏み跡は無い。と言うか、これでは踏み跡など出来ようが無い。

こんなのがコルまで続くのかとうんざりしていたが、上がるに従って踏み跡がしっかりしてきた。そしてペンキマークも出てきた。

1537748552798.jpg

コルが見えてからがなかなか遠かったけれど、7時44分に穂高山荘に到着した。

DSC_0014.jpg

岩の斜面を見て ken さんは「え〜っ!!」と声を上げていたけれど、私は何の心配もしていなかった。

久しぶりに涸沢を眺めた。

DSC_0017.jpg

右側に前穂の北尾根。もう 20 年以上前に一人で歩いた。奥又白池でテント泊して、5・6のコルから前穂に抜けた。こんなことを今やったら間違い無く命を落とすだろう。いや、命を落とす前に重荷に耐えかねて奥又白池まで行けずに敗退するかも。

ここで 15 分ほど休憩しておにぎりなどを補給した。

一息ついてから奥穂のピークに向かった。山頂(3190m)には8時半過ぎに到着した。

DSC_0018.jpg

記憶の限りでは奥穂は5回目。と言っても直近でも 20 年以上前で、その時はゴールデンウィークに涸沢から直登ルンゼ経由で奥穂のピークに直接登った。上部はかなりの急傾斜だったけれど、実はエクストリームスキーヤーには人気の滑降ライン。

快晴に恵まれて 360 度の絶景を楽しんだ。

北方の眺め。右端に槍ガ岳。真ん中に薬師岳。その間の黒い山はたぶん水晶岳。左端は北ノ又岳?

DSC_0023.jpg

南は右端にジャンダルム。真ん中に焼岳。奥に乗鞍岳とさらに奥に御岳。

DSC_0027.jpg

実は南アルプスの向こうに富士山も見えていたのだけれど、写真には写らなかった。

ken さんとツーショット。

1537748561539.jpg

9時ちょうどに下山開始。すれ違いがしばしばあるのでスイスイとは下れない。

DSC_0030.jpg

また穂高小屋の前で展望を楽しんで 15 分ほど休憩して、消化試合の下りになった。

歩きにくいガレ場を1時間半ほどでようやく普通の道に戻ってきた。しかしこういう道の下りは実際に歩いた距離以上に疲労感が大きい。

ナナカマドと笠ガ岳。

DSC_0032.jpg

行きに渡った橋は実はその手前に少しジャンプしなければならない箇所があったのだけれど、行きよりも水量が増えていて短足の私はちょっと苦労した。

かなり足が疲れてきて、しばしばバランスを崩して転倒寸前で何とか踏みこたえるということが何度かあった。

右又林道には 12 時過ぎに下りてきた。思ったより早かった。ここまですでに結構疲れていたので林道を走るかどうか迷っていたのだけれど、走れば1時までに戻れそうだ。昨年、槍ガ岳へ行った時にここから走って 45 分くらいで駐車場まで戻った。走ればトータルで 10 時間を切れそうなので、これは走るしかないと開き直った。

1537748580369.jpg

12 時 52 分、無事駐車場にゴールした。十分満足できました。

最後のシメは当然、ひらゆの森へ。今年3回目だけれど、4回目はあるだろうか?
posted by まつだ at 15:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

生駒縦走

先の三連休は中日に随行の仕事が入っていたので遠出は出来なかった。幸か不幸か天気も今ひとつだった。

連休3日目の月曜日(9/17)は特に用事が無かったのでどこかへ行こうとは思っていたけれど、なかなかうまいアイディアが思い浮かばなかった。

天気が今ひとつということもあったけれど、懸案は台風21号の影響。日帰りエリアの山はおそらくどこへ行ってもそれなりの影響を受けているだろう。電車を乗り継いで行って、倒木に阻まれてすごすご帰ってくるというのは避けたい。

そこで、このところ長い距離を走るということをほとんどやっていないので、走れるパートの多いコースで手頃なところということで、久しぶりに生駒の縦走をやってみようと思った。これなら家からスタートできるし、王寺まで行けば 40km 以上になる。トレイルもそれなりにあるので、そこそこの満足感は得られそうだ。

と言うか、はたしてきっちりと走りきれるだろうか? 頭の片隅にそんな不安を感じながら、7時25分に家を出発した。



まずは図書館に寄って、今日が返還期限の本を返しておく。

DSC_0021.jpg

穂谷川にはヒガンバナが。

DSC_0023.jpg

肉のランクを偽装していたステーキレストランの「恒(つね)づね」。私は行ったことはありません。

DSC_0024.jpg

国見山への山道に入ったところ、さっそくこれ。

DSC_0027.jpg

斜面を適当に這いずり上がって、国見山(284m)へ。

DSC_0028.jpg

白旗池のそばの道は通行禁止。実際はそれほど荒れてはいなかったけれど。

DSC_0029.jpg

家から1時間半ほどかかってようやく交野山(341m)。

DSC_0030.jpg

傍示に抜ける道もこんな感じ。

DSC_0031.jpg

くろんど園地に入ろうとしたら立ち入り禁止とのこと。

DSC_0032.jpg

祝日なので工事の人がいないことを祈って突入。広い道はほとんど問題無く休憩所へ。ここでジェルを補給。

DSC_0033.jpg

ゴルフ場もそれなりの被害があったと思うけれど、さすがにこういう民間の施設は復旧工事が早い。

DSC_0034.jpg

ほしだ園地の道はそれほど荒れていなくて、飯盛霊園を越えてむろいけ園地に向かう。ここから先は久しぶりだ。

DSC_0036.jpg

いつもなら釣り客が何人かいる堂尾池も今日はひっそり。

DSC_0037.jpg

車道を渡ってむろいけ園地に入ろうとしたらまたもや立ち入り禁止。

DSC_0038.jpg

恐る恐る入ってみたらそれなりの数のハイカーに出会った。出発して3時間半を過ぎているので、池のそばでおにぎり休憩にした。

DSC_0039.jpg

阪奈道路へ出る道も通行止め。荒れてはいたけれどそれほど大したことは無かった。

DSC_0040.jpg

ようやく生駒山の取り付きまで来た。距離的には半分を過ぎている。

DSC_0041.jpg

いつもの山道に入ろうとしたらここも通行止め。

DSC_0043.jpg

1箇所、沢筋の橋が壊れていた。

DSC_0044.jpg

天気のせいか台風のせいかわからないけれど、ハイカーは少ない。生駒ボウルダーを走るランナーの方が多いくらい。

DSC_0045.jpg

それほどの問題も無く生駒山頂への最後の登りにさしかかったところ、またもや通行止め。

DSC_0046.jpg

それほど問題は無いと思いながら登っていたところ、車道に出る直前で土砂崩れの跡。

DSC_0047.jpg

しかしここもこの斜面を登っている足跡がちょっとあって、登りなので特に問題は無かった。下りだったらちょっといやらしいかも。

5時間15分くらいかかってようやく山頂遊園地に到着した。遊園地はちょっと改装されたような感じ。三角点(642m)はどこ?

DSC_0049.jpg

自動販売機でコーラを買って、ぼたもち休憩にした。小雨がパラパラ。

車道脇の展望台から矢田丘陵を望む。

DSC_0051.jpg

滑りやすい道を慎重に下って、暗峠(くらがりとうげ)。

DSC_0052.jpg

鳴川峠を通過。

DSC_0054.jpg

この先で出会った人が、十三峠からは車道を行った方がいいと教えてくれた。本来は車道は歩行禁止なのだけれど、登山道は随分荒れているらしい。

そして十三峠へ。

DSC_0055.jpg

アドバイスに従って車道を行くと、前から来るハイカーとすれ違った。そしてもう少し進むと車が通行止め。

DSC_0058.jpg

そのまま車道を進むと改修工事をやっていた。工事の方が「ハイカーは登山道を歩いている」と言われたので登山道に入ったところ、確かに何人かのハイカーに出会った。しかしさらに進むと雑草が激しく茂っていて、とてもそのまま進めるような状況ではない。

ちょうど車道のすぐそばに出た所で車道に出た。工事区間も終わっていて作業する人はいない。

どうもこのあたりの車通行止めは昨秋の台風の影響のようで、その頃から登山道があまり歩かれなくなっているのかも知れない。「登山道が荒れている」というのは倒木ではなくて、生い茂った雑草が原因だったようだ。

高安山への分岐に到着。車道はここまで通行止めになっていた。

DSC_0059.jpg

高安山方面に向かって、高安山手前で左に折れて信貴山に向かう。

やはりそれなりの倒木はあったけれど、何とか無事、信貴山(437m)に到着した。

DSC_0061.jpg

展望場所からの金剛山地。

DSC_0064.jpg

参道を下る。

DSC_0066.jpg

最後は車道を王寺に向かって下る。途中から眺める矢田丘陵南部。右のすそ野のあたりに法隆寺。

DSC_0069.jpg

3時55分にようやく王寺にゴールした。

DSC_0070.jpg

約45km、8時間半でした。
posted by まつだ at 13:02| Comment(0) | トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

鳥見山、貝ヶ平山

日曜日(9/16)は講座で奈良の鳥見山(とりみやま)、貝ヶ平山(かいがひらやま)へ行ってきた。

ほぼ同じコースを別の講座で3年ほど前に歩いている。



前回は鳥見山公園までタクシーに分乗して行ったのだけれど、今日は榛原駅から歩く。

DSC_0001.jpg

昨年、講座で行った額井岳(左)と戒場山

DSC_0002.jpg

道ばたにヒガンバナとコスモス。もう秋です。

DSC_0003.jpg

車道脇にヤマジノホトトギス。

DSC_0004.jpg

公園手前の展望台から龍門岳(中央やや右の雲のかかった峰)とその南の稜線。

DSC_0005.jpg

公園の上の展望台からは肉眼では大和葛城山、金剛山が見えていたのだけれど・・・。

DSC_0008.jpg

ツリフネソウ。

DSC_0010.jpg

まずは鳥見山(734.4m)に到着。

DSC_0011.jpg

貝ヶ平山への急登。所々ロープが張ってある。

DSC_0013.jpg

12時ちょっと過ぎに貝ヶ平山(821.7m)に到着して昼食となった。麓は蒸し暑かったけれどここは涼しい。カップラーメンにして良かった。

DSC_0014.jpg

今日は香酔山へは寄らずに R370 方面に下りる。

貝の化石が出るという場所。しかしその筋の人たちには有名な場所のようで、おそらく目に付くような所には残っていない。

DSC_0016.jpg

無事、段々畑の所に下りてきた。

DSC_0017.jpg

車道から振り返ると右に香酔山。貝ヶ平山はその左奥。

DSC_0019.jpg

その後、榛原の街中をぶらぶらして、榛原駅で解散した。

朝方は今にも雨が降り出してきそうな怪しげな空模様だったけれど、幸い雨に降られることは無かった。
posted by まつだ at 13:18| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする