2018年08月09日

鞍馬山

月曜日(8/6)は講座で鞍馬山へ行った。週末の立山からの連チャンだけれど、受講生でも連チャンの方が一人おられた。



叡電の鞍馬駅に集合して、鞍馬寺に入る。愛山費 300 円なり。

DSC_0056.jpg

今日は時間的に余裕があるので、見所をゆっくりと味わいながら行く。

火祭りで有名な由岐神社。

DSC_0059.jpg

立派な杉。

DSC_0060.jpg

義経公の供養塔。

DSC_0062.jpg

坂道をジグザグに上がって、本殿金堂。パワースポットとして人気があるらしい。

DSC_0063.jpg

ここから東南方向の眺め。手前は竜王山で奥は比叡山。

DSC_0064.jpg

こんなところに何故かオクラの花が。

DSC_0065.jpg

そして奥の院に向かう。

DSC_0067.jpg

峠に着いて、義経公背比べ石。

DSC_0068.jpg

本当の鞍馬山はここから尾根を北の方に行くのだけれど、立ち入り禁止になっている。道は荒れている感じ。実は3年前の冬に歩いたことがある。

少し横にそれて大杉権現社へ。

DSC_0069.jpg

ここのそばでちょっと早めの昼食にした。爽やかな風が通って結構快適だった。さすがに今日はカップラーメンはやめて出来合いのそうめんにした。コーヒーもアイス。

DSC_0070.jpg

昼食後、まずは義経堂。

DSC_0071.jpg

そしてようやく奥の院魔王殿。

DSC_0075.jpg

少し下るとほどなく貴船に出た。

DSC_0078.jpg

月曜日だというのに観光客でごったがえしている。貴船神社の本殿は参拝客でいっぱい。

DSC_0080.jpg

さて、最後は車道を貴船口駅まで歩く。道ばたにキツネノカミソリ。

DSC_0081.jpg

2時前に駅に到着して、解散となった。

DSC_0082.jpg

思ったよりは暑さはマシで、特に昼食時は風があって快適だった。これならカップラーメンでも良かったかも・・・。
posted by まつだ at 11:19| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

立山

先週末は恒例の夏山登山で立山へ行ってきた。好天のせいで暑さを覚悟して行ったのだけれど、山の上は思いのほか涼しかった。



貸し切りバスのおかげで室堂までバスで行くことができた。もっと暑いかと思ったけれど、以外と涼しい。

正面に立山三山と、右には今日(8/4)行く浄土山。

DSC_0005.jpg

室堂を出発したのは3時前くらい。浄土山への石段を登る。

DSC_0010.jpg

チングルマ。

DSC_0011.jpg

後ろに剱が見えてきた。

DSC_0012.jpg

イワギキョウ。

DSC_0026.jpg

1時間半ちょっとで浄土山(2831m)へ到着した。

DSC_0017.jpg

明日登る立山三山。

DSC_0018.jpg

5時半過ぎに宿泊地の一の越山荘に到着して、大部屋でゆっくり就寝した。実はほとんど眠れなかったのだけれど・・・。



日曜日(8/5)は朝食を弁当にしてもらって、4時半過ぎに小屋を出発した。西から冷たい風が吹きつけて寒い。気温は 15 度くらい。

DSC_0023.jpg

大きな石がごろごろしていて歩きにくい。

DSC_0024.jpg

1時間ほどで山頂(2991.8m)に到着した。

DSC_0029.jpg

雄山の山頂(3003m)は500円いるので私はパス。

DSC_0028.jpg

朝方は曇っていて御来光は拝めなかったのだけれど、山頂に着いた時は晴れていて、槍ガ岳まで見渡せた。

DSC_0032.jpg

ここで弁当を食べて、お次は立山三山最高峰の大汝山へ向かう。

DSC_0034.jpg

大汝山は標高 3015m。

DSC_0035.jpg

剱の絶景。八ツ峰の稜線がくっきり。

DSC_0037.jpg

そして富士ノ折立へ。

DSC_0039.jpg

無事、山頂(2999m)に到着しました。

DSC_0040.jpg

逆光で見えにくいけれど後立山連峰。真ん中の鋭鋒は針ノ木岳。

DSC_0041.jpg

あとは雷鳥沢に向けて下山。

DSC_0044.jpg

ようやくキャンプ場が近づいてきた。ここまで下ると風も収まって暖かくなってきた。

DSC_0048.jpg

少し登り返して、山崎カール。

DSC_0052.jpg

ミクリガ池。

DSC_0053.jpg

12時過ぎに室堂に戻ってきた。

DSC_0054.jpg

その後、立山山麓温泉で温泉に入って、暑い京都に帰ってきた。

立山へ行ったのは何十年ぶりだろうか。懐かしいという気持ちも湧かないほど記憶が無い。はたして再訪はあるだろうか・・・。
posted by まつだ at 21:12| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする