2018年05月19日

猪の鼻ガ岳

先の月曜日(5/14)は登山講座で滋賀県日野町の猪の鼻ガ岳へ行ってきた。

当初1週前に予定されていたのが、雨のために延期になった。実は二日前までは降水確率の高い予報で、またもや再延期かと思われたのだけれど、前日から急に好天予報に変わった。

前日の雨中のマラニックでスマホが不調になって、カメラは水が入ってボケボケになってしまったので写真は無し。



近江八幡駅からバスで1時間近く揺られて、上音羽で下車。綿向山が望める。

ここからしばらく車道を歩いて、鎌掛峠から林道に入る。

しばらく林道を上がったけれど、猪の鼻ガ岳への登山道が見つからない。猪年以外はあまり登山者の来ない山なので、道が荒れている。

それらしい場所を何度か行ったり来たりして、上に向かう林道をつめることにした。

実はこれが正しい登山路だったようで、途中で朽ちた道標が出てきた。

登山路はなかなかの急登で、前日の雨のせいで滑りやすい。

展望の無い山頂(508.1m)に昼過ぎに到着して、昼食にした。

近くにはホンシャクナゲの自生地があるのだけれど、今年は開花が早くてすでにシーズンは終わっているので行かない。

同じ道を慎重に下山して、蒲生家の音羽城跡に立ち寄って、行きと同じ上音羽のバス停に戻ってきた。
posted by まつだ at 13:57| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

ほしだ園地、交野山マラニック

13日の日曜日は前日から悪天予報だった。

この日はクラブ恒例のマラニック大会の予定だったけれど、おそらくみんなこれでは中止やむなしと思っていただろう。

前日の夜になって、朝に最終判断するという連絡が入った。となると起きて準備をしておかなくてはならない。

決行になっても大丈夫な時間に起きて、食事を摂っていたら、決行するという連絡が入った。

まだ雨は降っていないけれど、今にも降り出しそうな雰囲気で、午後は大雨という予報が出ている。

「ホンマに行くの?」と思ったけれど、後尾のサポート役を頼まれていたので行かないわけにはいかない。

いつも通りのコースでゴールがスパバレイなので、ここまで自転車で行ってデポしておくつもり。

家を出るやいなや雨が降り出してきて、あわてて雨具を着込んでスパバレイに向かった。



雨はさほど強くはならなかったので、スパバレイで雨具を脱いで、集合地の河内森駅にジョグで向かった。

約 5km、30 分ほどで河内森駅に到着した。さすがに例年よりは随分少なかった。

DSC_0001.jpg

ここからロング約23kmのAコース、ミドル約15kmのBコース、ショート約10kmのCコースに分かれるのだけれど、Cコースは希望者が一人だけだったので無理矢理Bコースに引きずり込んだ。私はBコース。

ほしだ園地に入ったあたりから雨が降り出した。おかげで星のブランコは誰もいない。

DSC_0003.jpg

展望台で集合写真。

0001751.jpg

ここからちょっと大回りして磐船神社そばに下りて、きさいちカントリークラブの取り付け道路を上る。ほとんどどしゃぶり。

DSC_0008.jpg

くろんど園地も林道ではなくトレイルで上って、交野山へ。それにしても寒い。

0001751_2.jpg

寒いので国見山はパスしてスパバレイにゴールした。

0001751_3.jpg

約19km、3時間15分でした。私は行きの分5kmプラス。

ここで温泉に入ってもまた自転車で濡れて帰らなければならないので、このまま帰ってしまおうかと思ったりもしたのだけれど、とにかく寒くてやはり一度暖まった方がいいかもと思い直して、フロに入ってビールとあたたかいラーメンで身体を温めた。

しかしこのマラニックの代償は大きかった。

ようやく2年かけて分割払いが終わったスマホが、この雨で瀕死状態になってしまった。防水モデルで、これくらいの雨ならこれまで何度も出会っていたのだけれど、これまでに道路に落としたり、落とした直後に蹴飛ばしてしまったりと、荒っぽい扱いを何度かやってきたので、少しずつ隙間などができてきていたのだろうと思う。

翌月曜日にお知らせ LED が点灯しなくなって、あれっと思っていたら、火曜日の朝には液晶画面がひどい状態で、画面操作ほぼ不可能に陥ってしまった。通話のみ何とか。

想定外の散財にがっくり。
posted by まつだ at 17:41| Comment(0) | マラニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

雲母坂

水曜日(5/9)は京都一周トレイルの講座で比叡山の雲母坂(きららざか)を登ってきた。



京福電鉄の修学院駅に集合して、まずは鷺森(さぎのもり)神社へ。

DSC_0001.jpg

創建は千年以上前だそうだが、創建当時は別の場所だったらしい。

DSC_0003.jpg

次は曼殊院(まんしゅいん)へ向かう。正面にこれから登る比叡山が望める。

DSC_0004.jpg

曼殊院は外から眺めるだけ。

DSC_0005.jpg

いよいよ雲母坂へ。今日のルートは上り一辺倒で、この講座の中では一番キツイ。

DSC_0008.jpg

このあたりにはかつて雲母寺という寺があったそうだけれど、正確な場所などはわかっていない。

DSC_0009.jpg

1時間20分少々かかってようやく前回終点の水飲対陣跡に到着した。

DSC_0010.jpg

展望場所から愛宕山など。

DSC_0011.jpg

浄刹結界跡で昼食。

DSC_0012.jpg

午後もずっと登りで、千種忠顕の碑。この碑が建てられたのは大正で、それほど古いものではない。

DSC_0014.jpg

今日のゴールはケーブル比叡駅なのだけれど、時間があったのでちょっと寄り道した。

昔のスキー場跡。私が初めてスキーを体験したのはたぶんここだったと思う。

DSC_0016.jpg

それからケーブル比叡駅に着いて、展望場所に寄り道。展望場所は2カ所あって、南の方からは生駒方面が望める。

DSC_0018.jpg

今日のゴールはここ。

DSC_0021.jpg

皆さんはケーブルで下山されたけれど、私はいつも通り山道で下る。ただし一人だけ歩いて下りたいという方がいらっしゃったので一緒に下った。

登山地図には載っていない道で、歩く人は少ない。滑りやすい急斜面を下って、回峰行の道に合流。

DSC_0022.jpg

この道も下の方に浄刹結界跡がある。

DSC_0023.jpg

その後、ケーブル八瀬駅を通過して、京福の八瀬比叡山口から家に向かった。思いのほか寒い日だった。
posted by まつだ at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。