2018年04月13日

瓜生山から修学院

4/11(水)は京都一周トレイルの講座で銀閣寺道から瓜生山、修学院までを歩いてきた。

天気予報では午後は降水確率が高かったけれど、昼頃にほんの少しパラパラした程度で、何とか降られずに終えることができた。



銀閣寺道のバス停のそばからしばらく住宅街を歩く。

DSC_0001.jpg

いつものように天神宮神社に立ち寄る。

DSC_0002.jpg

バプテスト病院わきから山道に入って、瓜生山への急登になる。

DSC_0005.jpg

白幽子厳居之跡。

DSC_0006.jpg

DSC_0007.jpg

そして石切場跡。

DSC_0011.jpg

DSC_0009.jpg

歩き出して1時間少々で瓜生山(301m)に到着した。

DSC_0012.jpg

西側が開けている場所があった。愛宕山が雲の真下にある。

DSC_0013.jpg

ミツバツツジの回廊。

DSC_0015.jpg

鳥居のある広場まで行きたかったのだけれど小雨がパラついてきたので、木陰になる場所で昼食にした。

DSC_0016.jpg

幸い雨はほんのわずかで、鳥居の広場へ。

DSC_0017.jpg

沢を3回渡って、雲母坂を横切って沢筋に下りる。

DSC_0019.jpg

修学院離宮のそばを通って修学院に下山。音羽川の橋から雲母坂のある方向を望む。

DSC_0021.jpg

この講座はいつも参加者がわりと少なめなのだけれど、今期は 18 名となった。近くに他のパーティがいなければいいのだけれど、そうでない場合は人数確認がなかなか大変だ。
ラベル:登山
posted by まつだ at 16:39| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

果無山脈

3月以降は気温の上昇で、山では雪解けが一気に進んでいるらしい。

行きたい所はいろいろとあるけれど、まずは残した宿題をやり終えておかないと、すっきりした気持ちで次に向かえない。

そんなわけで、まだちょっと早いかも・・・という気持ちもあったけれど好天の期待できる予報だったので、1月に敗退した果無山脈に再挑戦することにした。



前回、車を停めたのはバス停のそばの広場だったのだけれど(休日はバスは運行していない)、勝手に停めてもいいのかどうか不安だったので、そばのキャンプ場に入ってみた。ところがそこには車やバイクが何台か止まっていて、大きなレジャーテントがいくつか張られている。

これはきっと夜は騒々しいだろうと思って、結局またバス停そばの広場の片隅に停めることにした。

DSC_0001.jpg

前回、以外と時間がかかるということを体感したので今回は1時間早く、3時出発にした。2時に目覚ましをセットしていたのだけれど、雨音?

何と、雨が降っている。さっきトイレに起きた時は満天の星空だったのに・・・。

予想外の出来事に気持ちは大きく落ち込んだけれど、天気予報から考えると本降りになるようなことは無く、おそらくそのうちに止むだろうと思って、雨でも出発しようと開き直った。

期待通り、出発する頃には雨は止んでいたけれど、予報通りで気温が非常に低い。今回こそは軽快に行動したいと思って防寒対策は最低限度で、超ペラペラのライトジャケットとパンツ、そしてこれもペラペラの中綿ジャケットで来ている。

しかし出発してすぐに登りで、ほどなく急登になるので、そのうちに身体は暖まってくるだろうと思って、午前2時50分、ジャケットは羽織らずに出発した。しかしあまりにも寒くて、民家の前の防犯灯の明かりを借りて、ライトジャケットを羽織った。

霧雨かと思ったら雪が舞ってきた。

登山道に入ったら1月には無かったネットが設置されていて、ちょっとあわてた。

DSC_0004.jpg

何と、まさかの雪。しかしこれは残雪ではなくて、最近下界で降った雨がこのあたりでは雪だったのだろう。

DSC_0005.jpg

急登でも身体は暖まらないけれど、1時間10分くらいで和田ノ森(1049m)を通過。

DSC_0007.jpg

前回、道がわからなくなってウロウロした所はそのままヤブを強引に突っ切って、和田ノ森から40分くらいで安堵山(あんどさん 1184.1m)に到着した。あまりにも寒くて、中綿ジャケットを羽織って、ビーニーをかぶった。

DSC_0011.jpg

少し林道を歩いて、冷水山への登山道に入る。

DSC_0013.jpg

前回3時間くらいかかった敗退地点のあたりまで2時間15分くらいで来た。5時過ぎ。ここから先は未知の領域になる。

DSC_0014.jpg

この先、部分的には結構な急登があって、前回はあそこで敗退して正解だったと思った。

ようやく空が少し明るくなってきて、5時24分に黒尾山(1235m)を通過。このあたりが果無山脈の最高標高地域。

DSC_0018.jpg

そして5時43分に果無山脈最高峰の冷水山(ひやみずやま 1262.3m)に到着した。

DSC_0020.jpg

ここで気分的には往路の半分という感じ。まだまだ先は長い。

少し下ってカヤノダン(1178m)。

DSC_0024.jpg

見晴らしのいい場所に出たら、太陽が上がっていた。6時13分。しかし日が昇っても気温はほとんど上がらない。

DSC_0025.jpg

もう出発してから3時間以上、ジャケットを羽織った時以外はノンストップで飲まず食わずで来ているので、そろそろちょっと補給したいところなのだけれど、とにかく止まると寒い。北風が吹いていて、ゆっくりできる場所がなかなか見つからない。

このあと、ちょっと複雑な地形になって、北風が遮られるなだらかな場所に出たので、そこでぼたもち休憩にした。しかし雪があるので腰は下ろせず、冷たいお茶で流し込んで早々に出発した。

公門崩の頭(くもんつえのかしら 1155.4m)。

DSC_0027.jpg

果無山脈の名前の由来はいくつか説があって、「山脈からは山々が果てしなく望める」というのがあるそうだけれど、実は大半が樹林帯で、眺望の開けた場所は限られている。昔はどうだったのかはわからないけれど。

その限られた場所からの大峰方面。

DSC_0028.jpg

このあたりは地形図通りの形状で、わりと走れる部分がある。何かシャカシャカした音が耳に入るので何の音かと思ったら、ペットボトルの水が少し凍っていた。

DSC_0032.jpg

この先、筑前タワ、ミョウガタワと進んでいたら、生足を出したトレラン二人組に出会った。ちょっとびっくりしたけれど、向こうも同じように感じていたようだ。こんな時間(8時近く)にこの場所で西に向かっていて、どういう予定なのだろうか。随分軽装だった。

最後のピーク、果無山(1114m)には8時22分に到着した。折り返し地点の果無峠はもうすぐそこだ。

DSC_0035.jpg

早く着きたいという気持ちが強かったのだろうか、下り斜面でつま先が何かに引っかかってつんのめった。横にあった木に手を伸ばして止めようとしたけれど、掴んだ手を軸に身体が半回転して、頭を下にして斜面に転倒した。そして転倒した瞬間、後頭部を木に打ちつけた。幸い、大事には至らなかったけれど、頭を打った瞬間はちょっと気が動転した。

人通りの多い果無峠まではもうほんの 200m くらいなので、意識がしっかりしていれば何とかなるけれど、こんな季節にこんな場所で倒れていたら、あっと言う間に低体温症でおしまいである。

実は過去にも一度、山で頭をケガしたことがある。

20年くらい前にヨーロッパアルプスへ行った時、アルジャンチエール峰に登って、氷河のモレーン地帯を歩いている時、つまずいて転倒して頭を岩に打ち付けた。意識を失うことは無かったけれど、打った直後に頭頂部から生暖かい液体がじわっと流れてきた時の気持ち悪さは今もありありと思い出す。

その時は登る途中からたまたま一緒になったイギリス人と一緒に歩いていて、彼が自分のTシャツを頭にくくりつけてくれた。他にはケガは無かったので、出血が止まったら歩いて下山して、シャモニの病院で縫ってもらった。

山に限らず、ケガで一番恐いのは頭部だ。意識さえあれば何らかの対処方法を考えることができるけれど、意識を失ってしまったら誰かが助けてくれるという幸運を祈るしかない。

実はトレランを始めた頃から転倒時の頭部保護の重要性というのは意識にはあって、もう随分以前にこんなものを買っている。

キャップ.jpg

転倒した瞬間にすっ飛んでしまわないように、自分であごヒモを付けたりしたのだけれど、実は一度も使ったことが無い。

最近はアルプスに行くとヘルメットをかぶっている人をしばしば見かけるし、先月比良の堂満岳に行った時も、山頂で出会った3人パーティはヘルメットを着用していた。

私は帽子というものが生理的に嫌いで、雨天か真夏の炎天下、もしくは冬の極寒というような条件でなければ基本的に帽子はかぶらない。しかし講座で「帽子はかぶった方がいいですか?」などと聞かれると、もっともらしい顔で「帽子や手袋は安全のためには着用した方がいいです」なんて言っている。

ヨーロッパで転倒した時は帽子をかぶっていたし、今回もたまたまかぶっていたビーニーに覆われていた部分を打ったので、薄い帽子1枚分でもあると無いとではずいぶん違うということは自分でも経験して感じている。

さすがに一般登山道でヘルメットはちょっと抵抗があるけれど、一人で山へ行く時はこれからは帽子くらいはかぶるようにしようと思った。

さて、果無峠には8時26分に到着した。出発してから5時間36分。心密かに目標にしていた5時間には及ばなかった。

DSC_0036.jpg

気持ちを落ち着けるのも兼ねておにぎり休憩にしたけれど、止まっていると寒くて、一つを食べきれずに引き返すことにした。

冷水山から2時間40分くらいだったので、帰りはもう少しかかるだろう。

体感的には気温はまったく上がっている感じがしないし、樹林帯では陽の光もまったく届いていないのだけれど、復路になると一気に雪が溶けてきていた。

見通しのいい場所から果無山脈を望む。

DSC_0040.jpg

来た時は一面雪だったのに、早くもこんな感じ。

DSC_0041.jpg

小さなアップダウンを繰り返して、冷水山には11時21に戻ってきた。果無峠から2時間45分くらいだった。上にある往路の写真と見比べて下さい。

DSC_0043.jpg

これでようやくヤマを越えたという気分でちょっと気楽になって進んでいたところ、前の方で声が聞こえる。近づいたら、何と行きに出会ったトレラン二人組だった。

聞くところによると彼らは私とは逆に熊野側から果無山脈を往復しようとしていて、ここで道を間違えて引牛越の方にずいぶん下ってしまったとか。確かにそういう標識があった。林道で本来のルートに戻ろうとしたけれど途中で道が崩れていて進めず、やむなく戻ってきたらしい。今日は諦めて引き返すとのこと。

八木尾から果無峠までだけも結構な距離と標高差があるので、再挑戦するにしてもなかなか大変そうだ。ヤマセミ温泉までは下らずに、和田ノ森で引き返しても十分という気がするけれど。

前回の敗退地点はすでに雪は消えていた。

林道に下りたって、ここからはしばらく林道を行くことにする。前回、休憩した掘っ立て小屋を今日も使わせてもらって、おにぎり休憩にした。

DSC_0046.jpg

風が当たるのは避けられたけれどそれでも寒くて、早々に出発した。

安堵山は林道でパス。どういうわけかこのあたりから左足のスネの下の方に痛みが出てきた。

DSC_0047.jpg

和田ノ森も林道でパス。前回は登山道に戻れるかどうかハラハラしながらだったけれど、今回は気楽だ。

DSC_0048.jpg

登山道に戻ったら急坂を 30 分ほど下って、小森の集落に戻ってきた。

DSC_0049.jpg

最後の舗装路は走ろうと思ったけれど、左足が痛むので歩きにした。

サクラが満開。

DSC_0050.jpg

13時34分、ヤマセミ温泉に戻ってきた。10時間45分、約 38km だった。

今回は営業しているヤマセミ温泉に入ることにした。

DSC_0053.jpg

なかなかいい温泉だったと思うけれど、私が入っていた時は入浴していた男性は私を含めて3人。玄関を出る時に若い夫婦が一組やってきたくらいで、日曜日だというのにガラ空き状態で、これで営業が成り立っているのだろうかという感じ。あまり大きなフロではないので空いている方がありがたいけれど。

途中、非常に道幅の狭い箇所もあって、こんなところに温泉のためだけに来るような人は相当な秘湯マニアではないかと思った。たぶんもう来ることは無いだろうと思う。

久しぶりに充実感のある、満足できる一日だった。
ラベル:トレイル
posted by まつだ at 14:10| Comment(0) | トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

三好山

4/2 の月曜日は講座で摂津峡そばの三好山へ行ってきた。私にとっては初めての山。

このあたりは四半世紀前に東海自然歩道ランで一度通過しただけで、ポンポン山には何度も行っているけれど、三好山というのはこれまで聞いたこともなかった。



JR高槻駅に集合。本当は高槻駅へは自転車で行きたかったのだけれど、万が一ケガでもしたら大変なので、枚方市からのバスに乗った。渋滞を警戒して早めに出たおかげで、集合時間の1時間近く前に着いてしまった。

バスで上の口へ

DSC_0068.jpg

しばらく車道で摂津峡へ向かう。サクラが満開。

DSC_0069.jpg

摂津峡入り口に到着。ただし今日は摂津峡へは行かずに展望エリアに向かう。

DSC_0071.jpg

まずは白滝。

DSC_0072.jpg

早くもミツバツツジが満開。

DSC_0074.jpg

上の広場でトイレ休憩。実はここは標高 226m で、三好山よりも少し高い。

DSC_0075.jpg

このあと少し歩いて昼食。

そして公園に下った。月曜日だけれど花見客でいっぱい。

DSC_0077.jpg

これから三好山へ向かう。三好山には芥川山城が広がっている。こんなところにこんな大きな山城跡があるとはまったく知らなかった。

DSC_0084.jpg

途中に立派なサクラ。

DSC_0079.jpg

40 分ほどの登りで三好山山頂(180m)へ。

DSC_0082.jpg

三好長慶が祀られた祠。

DSC_0081.jpg

解説板。最近、整備されたらしい。

DSC_0086.jpg

淀川方向は遠くは霞んでよく見えない。

DSC_0085.jpg

大手道を少し下ると大手石垣。

DSC_0087.jpg

昭和初期まで使われていたという井戸の跡。

DSC_0088.jpg

このあと行きに歩いた道に合流して、また上の口のバス停に戻って解散となった。
ラベル:登山
posted by まつだ at 11:05| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする