2018年03月12日

友ヶ島

友ヶ島というのは関西エリアでは有数の観光地だそうだけれど、私はこれまでまったく知らなかった。

おそらく仕事でもなければ来ることは無いだろうと思えるその友ヶ島に、随行で行ってきた。



南海の加太駅から 15 分ほど歩いて、港から船に乗る。

DSC_0001.jpg

ちょうど観光シーズンだそうで、船の予約の都合でもともと 3/18 の予定だったのが 3/11 になった。

港に着いた時はほとんど客がいなかったのだけれど、乗船時間が近づくとたくさんの人がやってきた。

定員 100 人少々という船がほぼ満員で出港。沖ノ島に近づいてきた。

DSC_0002.jpg

20 分ほどで野奈浦桟橋に到着した。

DSC_0003.jpg

まずは西の方に向かう。

DSC_0004.jpg

この島は明治時代に日本軍が、大阪湾に侵入する外国船を防ぐために砲台を造った。その後も第二次大戦までは要塞施設として使用されて、一般人は立ち入ることができなかったらしい。

ただ、これらの砲台は実際に使用されることは無かったとのこと。

まずは第二砲台跡。

DSC_0006.jpg

まだ現役の友ヶ島灯台。

DSC_0011.jpg

淡路島はすぐそこだけれど、行こうとすると明石海峡大橋経由でないと行けない。

DSC_0012.jpg

旧海軍聴音所跡。

DSC_0017.jpg

第五砲台跡。

DSC_0021.jpg

小展望台からは北に六甲。

DSC_0022.jpg

大展望台で昼食にした。

DSC_0024.jpg

すぐそばにはコウノ巣山三角点(119.7m)があります。

DSC_0025.jpg

お次は第三砲台跡。ここはヘッドランプ必携。

DSC_0029.jpg

当初は東端の虎島まで行く予定だったのだけれど時間切れのため、深蛇池に向かった。

DSC_0034.jpg

すぐそばの浜辺からは加太が望める。

DSC_0036.jpg

日曜日とあって観光客も多く、午後は船が 30 分毎に運行されていたので、スムーズに帰ることができた。

廃墟マニアには人気のエリアだそうだけれど、こんな機会でもなければ来ることも無いだろうという感じ。

ただ、快晴無風の絶好の天候だったので、気持ちのいい一日を過ごすことができました。
ラベル:登山
posted by まつだ at 11:07| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。