2018年03月10日

磐船神社

交野の磐船神社はずいぶん昔に車で寄った記憶があるのだけれど、どんなところだったのかはまったく覚えていない。

古代の歴史の本を読んでいると、「饒速日命(にぎはやひのみこと)」が天の磐船に乗って降臨されたという神話があって、神話はさておき、また一度じっくりと訪れてみたいと思っていた。

実はつい先日から家のリフォーム工事が始まっていて、工事の音がうるさくて家にいていられない状況になっている。

そんな訳で、朝に生協に買い物に行った後、絶好のチャンスと思って磐船神社に向かった。



家を出たのは 11 時過ぎ。交野の山に向かうのはずいぶん久しぶりだ。一時期は毎週のように通っていたのだけれど。

穂谷川の河津桜。

DSC_0001.jpg

国見の坂を登ってスパバレイ。

DSC_0002.jpg

登山道に入ると昨秋の台風のツメ痕?

DSC_0004.jpg

そして白旗池。なぜかなつかしい気分。

DSC_0005.jpg

交野山の直下は何年か前から丸裸状態。

DSC_0006.jpg

交野山の山頂(341m)からはアベノハルカスも見えた。出発してから1時間 20 分。

DSC_0008.jpg

くろんど園地の未舗装車道を下って、休憩所でおにぎり休憩にした。

DSC_0009.jpg

ゴルフ場の取り付け道路からは生駒山。

DSC_0010.jpg

R168 を渡っていよいよ磐船神社に向かう。

DSC_0011.jpg

ほしだ園地への道を見送る。

DSC_0012.jpg

その後ほんのわずかで磐船神社に到着した。出発してから2時間 20 分だった。

DSC_0013.jpg

ご神体の「天の磐船」。先代旧事本紀によると饒速日命は天の磐船に乗って降臨されたという。

DSC_0015.jpg

岩窟の拝観は有料(500円)だけれど、ここまで来てケチるわけにはいかない。万が一のために持ってきた千円札1枚が役に立った。

DSC_0019.jpg

一人では入れないとのことで、神社の方が付き添ってくれるとのこと。無料の専用ガイドだ。

若い男性に付き添われて中に入る。荷物は預けて、カメラも禁止。確かにこれでは荷物があったら通過できないと感じる箇所があった。白ペンキで矢印は書かれているものの、暗い場所ではどこを指しているのかよくわからない。

岩窟めぐりは数分程度で終わって、天の岩戸に立ち寄ってコース終了となった。ほんの 10 分程度。

平安時代から修行の場だったとかで、終わったら修了証書をいただきました。

DSC_0023.jpg

修行が終わったら早々に帰路に向かう。ゴルフ場の取り付け道路の登りは何とか最後までジョグで上がった。

おにぎり休憩した休憩所で今度はようかん休憩。

そしてくろんど園地の未舗装車道の登りも何とかジョグで上がりきった。

復路の消化試合は気持ちを保つのが難しいけれど、キャノンボールのことを考えてたとえペースは遅くても極力ジョグで行くようにした。

津田サイエンスヒルズに戻ると、正面に愛宕山が望めた。

DSC_0022.jpg

家に帰り着いたのは午後4時過ぎ。約 34km、5時間のトレランでした。
ラベル:トレイル
posted by まつだ at 21:45| Comment(0) | トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

東六甲縦走路

昨日(3/3)は登山講座の六甲全山縦走最終回で、有馬温泉から出発して東六甲縦走路を宝塚まで歩いてきた。



集合は神戸電鉄の有馬温泉駅。

DSC_0001.jpg

金の湯の前を通過します。

DSC_0002.jpg

車道を 20 分ほど歩いて魚屋道(ととやみち)の登山口へ。

DSC_0003.jpg

しっかりした広い道を歩いて、茶屋跡で休憩。

DSC_0006.jpg

それから 50 分ほど歩いて一軒茶屋前の広場に出た。ちょっと早いけれどここで昼食。

DSC_0009.jpg

ここから前回の続きで宝塚を目指す。

このあとも忠実に縦走路を辿ります。

DSC_0010.jpg

例のトンネルも登山路で上を越える。崩壊箇所有り。

DSC_0012.jpg

その後はしばらく車道を行って、縦走路に入る。

DSC_0014.jpg

船坂峠。

DSC_0015.jpg

その後も順調に進んで、2時 45 分頃に塩尾寺(えんぺいじ)に到着した。

DSC_0019.jpg

塩尾寺下のカーブから眺める大阪方面。奥にうっすらと見えているのは生駒山系。

DSC_0020.jpg

3時半過ぎに無事、宝塚にゴールした。

DSC_0022.jpg

昨年 10 月から6回に渡って歩いてきた講座がこれで終了した。

個人的には大会などで六甲全山縦走は 20 回くらいはやっていると思うけれど、一軒茶屋から東の部分など、これまで一度も歩いたことの無かった部分が歩けたのは楽しかった。

私にとっては六甲イコール全山縦走という感じで、稜線の途中に出る道はあまり歩いたことが無かったので、そこを歩けたことも良かった。

これまでいつも駆け抜けていた所で、実は見所がいくつもあったというのも新たな発見で、楽しい半年間でした。
ラベル:登山
posted by まつだ at 11:18| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする