2018年02月06日

京都一周トレイル 伏見稲荷から鞍馬

2年前のキャノンボールで一緒に六甲を往復した陸上クラブの女性が今年の UTMF に出場されるので、トレランの練習コースを知りたいということで、京都一周トレイルを伏見稲荷から鞍馬まで行くことにした。

直前になってもう一人、別の女性も同行されることになって、強い寒波が南下した寒い日曜日(2/4)、好天の元、7時 10 分に京阪伏見稲荷駅そばの公園を出発した。

私にとってはめずらしいグループ走。二人とも1週間前にマラソンを走っていて、一人は大阪国際女子マラソン。もう一人もかつては 10 回以上大阪国際女子マラソンを走った実力者で、ロードなら絶対に付いていけない相手だけれど、今日は先導役なので私のペースで行ける。



千本鳥居に行ったことが無いということで、まだ早朝なので表参道経由で千本鳥居に入る。

お二人ともマラソン直後ということで膝松さんにお参り。

1517789832549.jpg

1517789810478.jpg

四ツ辻からの眺めはこれまでで最高だったかも。空気が澄んでいた。

DSC_0025.jpg

気温は低いけれど天気が良くて風が無いので、汗をかかなくてちょうどいい感じ。

9時ちょうどに蹴上を通過。

日向大神宮では天の岩戸をくぐって、9時 48 分に大文字山(465.3m)に到着した。上部では雪がチラホラと。

そろそろエネルギー補給したいところだったけれど、風が強くて寒かったので早々に下山に向かう。

このあたりは一周トレイルコースをはずれて火床経由で。火床からの眺めも素晴らしかった。

下りきって銀閣寺からの道に出会うあたりで小休止して補給した。出発して3時間 20 分くらいで約 16km。

朝鮮学校の校庭を横切って、住宅街を少し進んで一周トレイルコースに合流。そして北白川バプテスト病院横から瓜生山に向かう。

瓜生山を越えてからはわりと走れる。例の鳥居の所でこのあとの比叡山の登りに備えてどら焼きを補給。

今日の心配は雪。比叡山のあたりはかなりの積雪があることはわかっていたけれど、どんな雪質なのかが問題。二人は登山経験はあるものの、トレランに使えるようなタイプのアイゼンやスパイクは持っていないので、私も自分のものは持参しなかった。もし状況が悪くなったら適当な場所から下山しようと思っていた。

この鳥居から雲母坂に合流するまでは沢を3本横切る登り下りなのだけれど、最初の下りでいきなりいやらしい残雪に出会ってしまった。

ちょうど雪が踏み固められて滑りやすくなっている。ただ、このあたりは踏み固められていない横のあたりがわりと歩けたので、踏み跡の無い部分を選んで下った。

雲母坂の登りはさらに大変だった。歩く人が多くて、滑り台のようになってしまっている場所も何カ所かあったけれど、何とか横の木につかまって強引に上がった。ここまで来たらここを下ることなど考えられない。

上に上がるにつれて雪は増えたものの歩きにくさはマシになった。

ケーブルの駅に着いたのは 12 時 20 分だった。約 22km。

完全な雪の世界だけれど、私が中学や高校の頃はこれくらいが普通だったように思う。

1517789797146.jpg

1517789797052.jpg

スキー場跡を過ぎると走れる道になる。二人は雪道を走るということはほとんど経験が無いようなので、よろこんでいる。

一番心配だったのは横高山の登り斜面だったのだけれど、雪がそれほど堅くはなっていなかったので、さほどの危険も無く登り終えて、さらに水井山を越えた。このあたりになると踏み跡も少なめ。

横高山と水井山の下りは急な所は滑りやすいので、横の新雪斜面を下った。ゴアテックスシューズと防水ゲイターが役に立った。

仰木峠のあたりはガンガン走って、2時 40 分に戸寺に降り立った。ここの産直店でトイレ休憩。

静原の住宅街を越えていよいよ最後の登りの薬王坂へ。

このあたりも結構な雪で、3時 48 分、鞍馬の天狗前にゴールした。天狗の鼻は修復されていた。

1517789823011.jpg

その後、出町柳で銭湯に立ち寄って、ラーメン店でプチ打ち上げをやって帰った。

8時間 40 分。約 38km でした。天気は良かったけれど、寒かった。
ラベル:トレイル
posted by まつだ at 16:30| Comment(0) | トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする