2018年02月25日

堂満岳、武奈ガ岳

この冬は雪が多いのでぜひ比良に行ってみたいと思っていたのだけれど、天候がうまく合わなくて、まだ一度も行けないでいた。

昨日の土曜日(2/24)は好天予報で、いよいよチャンス到来ということで、久しぶりに雪の比良に向かった。



8時過ぎに比良駅に到着した。気温は低めだったけれど穏やかな好天で、ライトジャケットも脱いで長袖アンダーと長袖シャツで8時20分に出発した。

比良駅で下車した登山者は 10 人足らず。私以外はみんな冬山装備で、私も若い頃はこの時期の比良と言えばそれなりの気合いと覚悟で入山していた。

今日は果無山脈敗退の教訓でポールとチェーンスパイクは持ってきたものの、シューズはゴアテックスのトレランシューズだった。

駅前からは正面に今日の最初の目標の堂満岳が見える。

DSC_0008.jpg

しばらく車道を走る。

目の前にびわ湖バレイの打見山(左)から堂満岳(右)へのスカイラインが望める。

DSC_0009.jpg

未舗装と舗装路が交互に現れて、出発して 23 分で堂満岳への分岐に出た。

DSC_0010.jpg

この道は2年前に随行で堂満岳へ行った時に降りてきた。

まさかこんな所で道を間違うはずは無いと油断していたら、いつの間にやらずいぶんルートからはずれていた。本当はすぐに左の沢を渡らなければならないのだけれど、沢沿いの踏み跡をそのまま進んでいた。

実際はほんの数分程度だったと思うのだけれど、なぜかすぐに引き返すという判断ができず、地図を見て、このままこの沢をつめていけば正しいルートに合流できると考えて、強引に突き進んだ。

すぐに古い堰堤が現れて、左岸から乗り越えた。上部ではちょっと緊張した。

また沢に下りて、ポールを出して少し進んだら、ちょっとした滝が出てきた。

DSC_0012.jpg

強引に越えようとすれば越えられないことはなさそうだったけれど、両側が迫ってきているのが不気味で、このまま進むと行き詰まってしまうと思った。比良の沢は甘くは無い。

諦めて戻ることにした。失望感で一杯だった。まだ序盤で時間はたっぷりあったけれど、そういう冷静な気持ちになれなかった。

堰堤は今度は右岸から越えようとした。しかし上に上がると、沢に下りる斜面がかなりの急傾斜で、ちょっと躊躇した。

しかし逆に斜面の上の方はそれほどの急傾斜ではなく、ヤブも大したことが無さそうで、地図を見るとこの斜面を上がれば正しいルートに出られそうだ。

木の根をつかんで強引に這い上がったら、踏み跡のような地形に出会った。赤テープもある。

DSC_0013.jpg

こういう植林のテープはルートの目印ではなくて林業者が仕事のために付けたようなものがよくあるので、安易に追っていくととんでもない所に行ってしまうことがしばしばあるので、gps で現在地を確認しながらこの踏み跡を追った。

うまい具合に本来のルートに近づいてきて、いつの間にやら正しいルートに合流していた。

ほどなくノタノホリに出た。

DSC_0015.jpg

ここまで出発してから1時間5分だったので、おそらくロスタイムはほんの10分くらいだっただろう。これで気分がすっかり回復した。

本来のルートに出ると路面が踏み固められているので、チェーンスパイクを着用した。

沢筋に出ると登りが急になって、ぐいぐい高度が稼げる。おかげで汗が滴ってきた。

斜面を上がると気持ちのいい稜線に出た。

DSC_0017.jpg

そして最後の登りにさしかかる。

DSC_0019.jpg

この斜面は無雪期にはロープが張られている箇所で、かなりの急傾斜が続く。

チェーンスパイクはツァッケが小さいので、堅い雪面なら良く効いてくれるのだけれど、軟雪だとほとんど役に立たない。おまけに手に持っているのはピッケルではなくて超軽量トレランポールなので、もし足を滑らせたらどこまで落ちていくことやら・・・。今日の装備ではここを下ることはできない。

一歩一歩雪面にシューズを蹴り込んで急斜面を這い上がって、10時45分に堂満岳の山頂(1057m)に到着した。出発して2時間25分だった。山頂の標識は完全に雪に埋もれている。

DSC_0022.jpg

比良は高い山でも 1000m 少々なのだけれど、琵琶湖側から登ると出発地点が標高 100m くらいしかないので、登る標高差はなかなかのものだ。京阪神から日帰りエリアでこれだけの標高差が登れるのは比良くらいしか無いのではないだろうか。

山頂から武奈ガ岳を望む。

DSC_0021.jpg

ジェルを補給して写真を撮ったら早々に金糞峠に向かう。

20分ほどで金糞峠に到着。

DSC_0024.jpg

沢に下りて、中峠に向かう。

DSC_0026.jpg

今日はできるだけ同じ道を通らなくて済むようにルート設定してきた。中峠からコヤマノ岳を経て武奈ガ岳に向かうつもり。

沢を渡ったらすぐ前の斜面にはっきりしたトレースが上がっていた。中峠へのルートとはちょっと違うような気はするのだけれど、あまりにもはっきりしたトレースで、方向としては悪い方向ではないので、このトレースを追うことにした。

どうも中峠を経ずにコヤマノ岳に直接上がるルートのようだ。ただ、このルートは手元の登山地図にも地形図にも載っていない。テープマークもしっかりしているので、積雪期限定のルートということもなさそう。

日が陰ってきて気温が下がってきていて、山頂に上がると風が吹いているかも知れないので、山頂のちょっと手前の樹林帯でおにぎり休憩にした。

そして沢筋から 50 分ほどでコヤマノ岳(1181m)に到着した。

DSC_0027.jpg

鞍部に下りると、武奈ガ岳の山頂が指呼の距離に望める。山頂の人混みがはっきり見える。

DSC_0031.jpg

上部は寒そうなのでここでライトジャケットを羽織った。

武奈ガ岳で雪庇を見るのは初めて。

DSC_0032.jpg

12時22分、混雑する武奈ガ岳山頂(1214.2m)に到着した。比良駅からほぼ4時間だった。

DSC_0033.jpg

遠方は霞んでいて、展望は今ひとつ。これは北方で、手前が釣瓶岳(ツルベ)、後方は蛇谷ヶ峰。

DSC_0034.jpg

写真を撮ったら早々に下山。ここの下山路は無雪期は歩きにくいのだけれど、今日は雪で舗装されていて快適に下れる。

DSC_0040.jpg

樹林帯に入ると一気に暑くなってきたのでライトジャケットを脱いだ。

イブルキのコバを通過。

DSC_0041.jpg

スキー場のゲレンデ跡。

DSC_0042.jpg

八雲が原でちょっと休憩しようと思っていたのだけれど、やはり何人か人がいたので、北比良峠へ少し向かった所でいちご大福休憩にした。

DSC_0043.jpg

武奈ガ岳からほぼ1時間で北比良峠まで下りてきた。

DSC_0045.jpg

このあとはダケ道を下りる予定なのだけれど、実はこの先に不安ポイントがある。左側に崩れた急斜面があって、滑りやすい道をトラバースしなければならない。はたしてそこの雪がどんな状態になっているだろうか。

DSC_0047.jpg

写真では見えないけれど、ここの左下は無木立の急斜面が下の沢まで落ちている。ここで滑ったらまず生きては帰れない。

登山靴にアイゼン、ピッケルであればそれほど困難な斜面ではないのだけれど、いかんせんチェーンスパイクにトレランポール。

考えても仕方無いので足を踏み出した。一歩一歩足元をしっかり確認してトラバースをやり過ごし、軟雪の急斜面を這い上がって上に出た。何と、上に出たらこのトラバースを避けているトレースがあった。どこから始まっているのだろう。

ここが過ぎればあとは淡々と下るだけ。

途中、木の間から堂満岳を東から眺めることができた。登った斜面はやはりなかなかの急傾斜。40度くらいはありそう。まぁ40度ならスキーでも滑れる斜度ではあるけれど(今はムリ)。

DSC_0048.jpg

北比良峠から50分ほどで大山口に降り立った。

DSC_0050.jpg

チェーンスパイクを洗って、ポールをしまって、舗装車道は走った。

イン谷口の出合小屋は土台のみ。

DSC_0051.jpg

このあとも舗装車道は走って、比良駅が見えてきた。

DSC_0052.jpg

比良駅には午後2時50分に戻った。出発してから6時間半だった。

やはりと言うべきか、冬の比良は甘くは無かった。正直なところ、今日の装備で行ける限界を超えていたと思う。先日の果無山脈や昨年の大峰など、やはり 1000m を越える山域ではまともなアイゼンとピッケルは必須だと思った。

ただ、シューズに関してはこのくらいの山域で好天、日帰りならトレランシューズ(ただし防水機能があること)の方が軽くて楽だ。車道や林道で走れるというメリットもある。

昨年3月の山上ヶ岳ではトレッキングシューズと、amazon で買った安いアイゼンで十分だったので、今度はトレランシューズにこのアイゼンを試してみようと思う。
ラベル:登山
posted by まつだ at 17:28| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

大峰山

日曜日(2/18)は随行で北摂の大峰山へ行ってきた。

大峰山は2年前に別の講座で登っている。



JR の武田尾駅を出発して、少し車道を歩く。

DSC_0002.jpg

ほどなく廃線へ。

DSC_0004.jpg

さっそくトンネルが出てきたけれど、ここは出口が見えているのでライト無しで通過。

DSC_0005.jpg

トンネルを抜けて、大峰山の周回路に入る。

DSC_0006.jpg

前回来たのは1月で、満月滝が氷結していたけれど、今日はごく一部につららが垂れている程度。

DSC_0008.jpg

ナメ滝の下を渡る。

DSC_0009.jpg

前回は寄らなかった安倉山(465m)へ。

DSC_0010.jpg

ちゃんと三角点もあります。そしてここで昼食。

DSC_0012.jpg

昼食後、北に向かって大峰山(552.3m)に到着。

DSC_0014.jpg

途中の展望場所から北西方面を望む。真ん中あたりの三角の山は大船山?

DSC_0017.jpg

元に戻ってきました。

DSC_0018.jpg

今回も最後は廃線歩き。

DSC_0019.jpg

その後、この廃線跡を JR がハイキング道路として少し整備したそうで、鉄橋の線路部分はずいぶんきれいになっていた。

DSC_0020.jpg

鉄橋からの武庫川の眺めはなかなかのものです。

DSC_0021.jpg

その後も長いトンネルをいくつか抜けて、西宮名塩駅にゴールした。

朝方はずいぶん冷え込んだけれど、昼間の日射しは春の訪れを感じさせてるものだった。

暑い季節が苦手な私にとっては、一抹の寂しさを感じる季節感になってきた。
ラベル:登山
posted by まつだ at 10:25| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

京都一周トレイル 清水山

水曜日(2/14)は京都一周トレイルの講座で清水山のあたりを歩いてきた。

ほんの 10 日ほど前に陸上クラブの仲間と走ったばかりなのだけれど、トレランで走るのとは違った楽しさがある。



出発は京阪の清水五条駅で、しばらく五条通りを東に向かう。

DSC_0026.jpg

歩道橋の上から清水山を望む。右は阿弥陀ヶ峰。

DSC_0027.jpg

渋谷街道の旧道。

DSC_0028.jpg

1号線のトンネルをくぐって、階段を上がって、ようやく山道に入る。

DSC_0029.jpg

清閑寺山の謎の塔。ずいぶん古いものだけれど由来はよくわかっていないらしい。

DSC_0030.jpg

トレランの時はいつもスルーする清水山山頂(242.5m)。

DSC_0032.jpg

東山山頂公園で昼食。朝は寒かったけれど、日射しのおかげで暖かくなってきた。

DSC_0034.jpg

東は音羽山。

DSC_0036.jpg

展望台からみる西山。右に愛宕山。

DSC_0037.jpg

山道を下って、尊勝院。今日は閉まっていた。

DSC_0039.jpg

粟田神社に寄り道。

DSC_0042.jpg

ここの境内からの北山の眺めはなかなかのものです。クレーンが目障りだけれど。

DSC_0041.jpg

旧東海道を少し歩いて、明智光秀の塚へ。

DSC_0044.jpg

地下鉄の東山駅で解散した。

その後、修理のできた傘を受け取りに、新京極のモンベルに向かった。

もう2週間以上前に修理できていたのだけれど、わざわざ電車に乗って取りに行くのも面倒なので、ついでの機会があるまで放っておいていた。

修理料金は何と 702 円!!。

モンベルは製品のコストパフォーマンスも良く、品揃えも豊富で、アフターフォローもしっかりしている。非常にいいイメージのブランドなのだけれど、そのせいで山に行くとモンベルだらけ。

ユニクロはロゴは付いていないのであまり気にならないけれど、モンベルはほぼすべての製品にロゴが付いているので、ウエアなどはどうしても躊躇してしまう。けれどジオラインなどの下着類は愛用しています。
ラベル:登山
posted by まつだ at 16:37| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする