2018年01月31日

明神山

月曜日(1/29)は随行で大阪・奈良県境の明神山へ行ってきた。



出発は JR 関西本線の河内堅上駅。

DSC_0001.jpg

10 時に出発して、まずは大和川を渡る。

DSC_0002.jpg

住宅街を抜けて、送電線の巡視路に入る。

DSC_0003.jpg

なかなかの急登で、一気に視界が開ける。手前は生駒山系の最南部で、奥は矢田丘陵。

DSC_0004.jpg

稜線に乗ってから少し西に向かって、何かの塔。

DSC_0007.jpg

稜線を東に向かう。なかなかいい雰囲気なのだけれど、今日は寒い。

DSC_0008.jpg

山頂手前の東屋で休憩。

DSC_0011.jpg

東屋からほんの数分で明神山山頂(273.6m)に到着した。ここで昼食。

DSC_0012.jpg

ここは 360 度の素晴らしい展望台で、山名を記載したパネルが四方に設置されている。しかし残念ながら今日は空気が霞んでいて遠方は見えない。

南は手前に二上山、奥に大和葛城山と金剛山。

DSC_0013.jpg

明日香村の方向は奥に音羽三山から龍門岳の山並みが望める。

DSC_0014.jpg

北は真ん中に信貴山。その奥に生駒山。右端は矢田丘陵。

DSC_0017.jpg

実は東側には舗装路が山頂まで上がってきている。これを下る。

DSC_0021.jpg

住宅街に下りて、永福寺に寄り道。

DSC_0023.jpg

さらに下って、白山姫神社(しらやまひめじんじゃ)。

DSC_0026.jpg

神社の東側は尼寺廃寺跡(にんじはいじあと)。

DSC_0029.jpg

残念ながら資料館は休館日だった。

2時半過ぎに JR 畠田駅で解散となった。

DSC_0031.jpg

それにしても寒い一日でした。
ラベル:登山
posted by まつだ at 14:49| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

果無山脈敗退

山歩きが好きな人なら「果無山脈(はてなしさんみゃく)」なんて名前を聞いたらほとんどの人が興味をそそられるだろう。

昨年、小辺路で果無峠を越えた時、いつかこの稜線を歩いてみたいと思った。

標高は 1000m を少し越えるくらい、稜線そのものの距離は 20km にも満たないくらいで、1日で十分歩けるくらいのスケールなのだけれど、いかんせん、交通の便が悪い。

西端の小森から入って東に向かって、果無峠からは十津川、もしくは熊野本宮大社に下りるというのが一般的なのだけれど、小森へのアプローチが難点で、通常の路線バスは走っておらず、龍神バスの停留所から 12 〜 13km をコミュニティバスのようなバスが週に3日だけ運行している。しかもその3日がすべて平日ときている。

さらに登山口になる「ヤマセミ温泉」に到着するのは午後で、夜間歩行をやるのでなければ稜線でテント泊しなければならない。当然、水は運び上げなければならない。

こういうルートで稜線上でのテント泊はそれはそれで魅力的とは思うけれど、バス便が平日しかないというのがネックだ。

軽装のトレラン装備なら走れない距離ではないけれど、さすがにもうテント、シュラフを担いでは走れない。

十津川をスタートにすれば果無峠手前の観音堂で水が得られるので、稜線テント泊もそれほどの負担ではなさそうだけれど、ヤマセミ温泉に下山してからは車道を歩くしかない。

いろいろ調べてみると、小森に自転車をデポして、十津川から登って自転車で戻ってきたという記録があった。しかしこの県道は 30km 以上あって、しかも標高 700m くらいの峠がある。自転車でも楽ではない。

何とかうまい方法はないものだろうかと考えたあげく、ヤマセミ温泉から果無峠まで1日で往復するというアイディアを思いついた。十津川から熊野本宮大社までは昨年、小辺路で歩いている。

本当はもっと暖かく、日が長くなってからの季節の方がいいのだけれど、思いついたら我慢できなくなった。

標高的には先週の金剛山とほぼ同じくらいで、ここ数日、寒波が襲っているので雪は降っているだろうけれど、金剛山よりもだいぶ南なので、まさかラッセルなんてことは無いだろうと思った。

地形的に稜線はわりと走れる部分があるんじゃないかと思って、特に復路は走り主体という軽い気持ちで出かけた。



土曜日(1/27)の昼過ぎに家を出て、3時間半でヤマセミ温泉に到着した。

DSC_0001.jpg

久しぶりに車中のナベで一人宴会して、日曜日は朝4時に出発した。

しばらく小森の集落の車道を歩いて、登山口に到着。

DSC_0004.jpg

いきなり雪が出てきた。これほど早く雪が出てくるとは想定外。早々にスパイクを装着する。

DSC_0006.jpg

今日のスパイクはピンが6本ついているだけの簡易なものなので、まともな雪道ではほとんど役に立たない。ポールを持ってくれば良かったと思ったけれど、後の祭り。

5時 22 分に和田ノ森(1049m)に到着した。標高的にはこのあとはそれほど大きなアップダウンは無いはずなので、雪もこの程度だろうと思った。

DSC_0008.jpg

林道と交差。林道でも行けるようだけれど、夜間に雪でルートがよく見えないので、忠実に稜線を辿る。

DSC_0009.jpg

ウサギの足跡に導かれて進むが、予想外に積雪量が増えてきた。果無峠まで行くのはムリかもという気持ちが出てきた。ボトルのストローの部分が凍ってしまった。

DSC_0010.jpg

一部、ルートがよくわからず、ウロウロさせられたりしたけれど、6時半に安堵山(1181.1m)に到着した。まだ暗い。

DSC_0013.jpg

安堵山を下ったあたりからようやく夜が明けてきた。林道を歩く部分もあるけれど、このあたりは吹きだまりがたくさんあって、ペースはまったく上がらない。

DSC_0016.jpg

ようやく展望の得られる場所に出た。これは南側。

DSC_0017.jpg

これから果無山脈最高峰の冷水山(1262.3m)に向かうのだけれど、部分的に結構な急傾斜が出てきた。このスパイクではあまりにも心許ない。しかもピッケルはおろか、ポールすら持っていない。

登りは何とかなるかも知れないけれど、問題は下り。

おまけに、今回は走ることを主眼にしてきたので防水機能の無い普通のトレランシューズで来ている。防水ゲイターを着けているので雪は入ってはきていないけれど、少しずつ足が冷たくなってきている。

DSC_0018.jpg

昨年、山上ヶ岳を敗退した時よりも状況は悪い。出発してちょうど3時間だけれど、まだ半分も来ていない。

せめて冷水山までという気持ちはあったけれど、どうせ戻るなら早い方がいいだろう。

ここで戻ることにした。まさかご来光を眺めながら敗退することになるとは思ってもみなかった。

DSC_0019.jpg

来る時にすぐそばに林道があるのを何度か見ていたので、帰りは林道を利用することにした。部分的に吹きだまりがあるけれど、余計なアップダウンが無いのが助かる。

DSC_0021.jpg

安堵山は林道で巻いて、ちょうど作業小屋のようなものがあって、中に入れたので、ぼたもち休憩にした。

DSC_0022.jpg

ずっと奥は大峰?

DSC_0023.jpg

和田ノ森も巻けそうな道があった。ただしこの道は地図には載っていない。

gps で見ると登った時の稜線のすぐそばをほぼ並行しているのだけれど、なかなか合流しないのでちょっとあせってきた。斜面を削って造られている道なので、山側が削られていて斜面に登っていけない。

DSC_0025.jpg

この道がもし稜線からはずれてきたらどうしようかと不安になった頃、鞍部で稜線の道に合流できた。ほっとした。

傾斜のきつい下りは難渋したけれど、林道をうまく利用したおかげで2時間で下りてくることができた。

DSC_0028.jpg

まだ9時。まぁ仕方無い。得るものは多かったので、次回のための下調べと思えばムダではなかった。

もっと暖かくなってから再挑戦しようと思う。
ラベル:登山
posted by まつだ at 18:13| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

金剛山、大和葛城山

この週末、ようやく今年初めて個人山行に行けるチャンスがやってきた。

雪景色が見たいと思って、1/20 にお手軽コースの金剛山に行き先を決めた。

金剛山はロープウェイもあって大阪界隈では人気の山なのだけれど、スタートゴールを電車の駅にしようとするとなかなかコース設定が難しい。はっきり言って、電車の駅からはかなり遠い。

かと言って車で行くと、周回コースもなかなか適当なルートが見あたらない。

何が何でも行き帰りは電車にしたかったので、ダイトレのレースでゴールになっていた南海の天見駅をスタートして、レースのコースを逆に辿ってダイトレに合流。その後、金剛山、大和葛城山。それから御所に下りるというコースを設定した。



ライトジャケットとビーニーを身につけて、8時2分に天見駅を出発した。

DSC_0001.jpg

車道を 20 分足らず走ったり歩いたりして、登山道に入った。暑くなってきたのでジャケットとビーニーを脱ぐ。

DSC_0005.jpg

出発してからちょうど1時間でダイトレのコースに合流した。

DSC_0008.jpg

このあたりは走れるパートが多い。アップダウンが少ないし、路面もフラットで障害物が無く、トレランのためにあるような道だ。

DSC_0010.jpg

ダイトレに入ってからほんの数分で西ノ行者堂。

DSC_0011.jpg

タンボ山の山頂はパス。

DSC_0012.jpg

杉尾峠も走って通過。

DSC_0014.jpg

9時 37 分に行者杉。

DSC_0015.jpg

至る所にいらっしゃる役行者。

DSC_0017.jpg

出発してからちょうど2時間で千早峠。

DSC_0020.jpg

この後、今日初めて展望の得られる場所に出たけれど、和歌山方面は霞んであまり見えない。もっと好天を予想していたのだけれど・・・。

DSC_0024.jpg

中葛城山(937m)は「これが山頂なの?」という感じ。

DSC_0026.jpg

金剛山の山頂エリアが見えてきた。それにしても雪の気配はまったく無し。

DSC_0031.jpg

11 時前に伏見峠の林道に出た。

DSC_0032.jpg

少し上がってキャンプ場のベンチでおにぎり休憩にした。出発してからちょうど3時間。

DSC_0033.jpg

これまで何度もそばを通過していながら一度も立ち寄ったことの無かった湧出岳(ゆうしゅつだけ、1111.9m)へ。

DSC_0037.jpg

金剛山エリアで標高が一番高いのは葛木岳(1125m)なのだけれど、ここは葛木神社の境内で立ち入ることができない。

そしてその葛木神社へ。

DSC_0049.jpg

ライブカメラのある山頂広場はおそらく雪が溶けたのであろう、地面がべちゃべちゃ。

DSC_0052.jpg

今日はここからはダイトレを行かずに六道ノ辻を経由して水越峠を目指す。私自身、初めてのルート。

部分的に路面が凍結していて慎重に歩かなければならない所もあったけれど、大日岳(1094m)は走って通過。

DSC_0055.jpg

太尾塞跡で道を間違えて、ダイトレの林道に下りる方へ少し下ってしまった。戻った時に「県境尾根」と書かれたテープが目に入ったので、そちらに下ったのだけれど、これまでのしっかりした道とは一変して踏み跡程度のケモノ路。ただしテープは随所にある。

DSC_0061.jpg

大変な急坂で、しかも木が疎林なので、ささえになるようなものがほとんど無い。20 分くらいだったけれど、緊張を強いられて、ダイトレの林道に下り立った。

DSC_0064.jpg

水越峠の手前に東屋があったので、そこでどら焼き休憩。

1時ちょっと前に水越峠を通過。

DSC_0069.jpg

ここからの上り階段はなかなかつらい。Stairway To Heaven

DSC_0070.jpg

45 分ほどの登りでようやく大和葛城山(958.9m)に到着。

DSC_0073.jpg

金剛山を振り返る。

DSC_0075.jpg

これは奈良盆地。

DSC_0078.jpg

あとは消化試合で御所まで下るだけ。これまでに随行で2回登った「くじらの滝コース」を下る。

10 分少々下ったところ、沢のトラバースの部分でとんでもない崩壊に出くわした。

DSC_0082.jpg

このコースはわりと初心者向きなのだけれど、崩壊部分がまったく補修されていない。

このあと道がカーブしてまたこの沢に出会った場所では、さらに激しく崩壊していた。

DSC_0084.jpg

これまで登山道が崩壊しているのは何度も見ているけれど、これほどの大崩壊は初めてだ。元の道が完全に消失している。

本来の登山道は沢の右岸にあるのだけれど、かなり高い部分から崩壊している。とにかくしばらく沢を下ってみて、適当な場所を見つけて右岸に這い上がろうと思った。

水の流れはそれほど多くはないけれど、心配なのは滝が現れること。雪を想定してゴアテックスのシューズを履いてきたのが、こんな所で役に立つとは・・・。

25 分くらい何とか下ったところ、ついに滝が現れてしまった。おそらく落差 3m くらい。側壁は両側とも大きく崩れているので、巻くこともできない。ロープがあれば懸垂下降で下りられるかも知れないけれど、そんなもの持っているはずもない。

諦めて戻ることにした。

ロープウェイの山頂駅に行って、そこから北尾根を下りるしかない。しかし一旦緩んだ気持ちを立て直すのはなかなか大変で、ロープウェイが動いていたらロープウェイで下りようかなんてことも頭に浮かんだ。

実は下りてきた時に目に入った「立入禁止」の立て札が気になっていた。最初の崩壊現場のあと、道がカーブしている所にあったもので、2万5千の地形図にはここから下に向かう道が記載されている。

「ここからは下山できない」と書かれているけれど、地図を見ると下に沢は無いし、それほどの急傾斜も無い。下部では予定していたルートに近づく場所がある。行くしか無いだろう。

DSC_0085.jpg

道は荒れてはいたけれど、どうというほどのことは無かった。予定していたルートに近づいたあたりでその方向に向かったところ、あっさりとその道に合流できた。

沢に下り立った所で唖然とした。櫛羅の滝は残っているけれど、河床が土砂で埋め尽くされている。

DSC_0089.jpg

ロープウェイの駅に近づいたらロープが張られていた。

DSC_0091.jpg

おそらく上でもロープウェイの駅などには警告が張られていたのだと思うけれど、私は人通りの少ない道をショートカットぎみに下ったので、そういう標識には出会わなかった。

ロープウェイは運行されていた。

DSC_0092.jpg

無事に下りてこられたら気持ちも回復して、近鉄御所駅まで 20 分少々のジョグで帰った。

DSC_0094.jpg

御所駅に着いたのは午後4時ちょっと前。

約 29km。8時間弱でした。
ラベル:トレイル
posted by まつだ at 17:06| Comment(0) | トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする