2017年12月15日

伏見桃山から伏見稲荷

水曜日(12/13)は京都一周トレイルの講座で伏見桃山から伏見稲荷まで歩いてきた。

この講座は京都一周トレイルを深草からぐるっと反時計回りに廻って西芳寺までを 16 回に分けてゆっくり歩くというもので、コースとしてはこの日が初日ということになる。

最初に京都一周トレイルが設定された頃は伏見稲荷がスタート地点だったのだけれど、何年か前から深草ルートが追加された。しかしここは大半が住宅街で、トレイルという風情はほとんど無い。

元々、地元でハイキングコースとして設定されたいたものを流用したようである。

私が担当している講座ではこの日がもっとも楽チンな日で、家を出たのは9時だった。



※出発時に GPS の電源を入れるのを忘れたために途中から。

深草ルートの起点の標柱が京阪の伏見桃山駅のそばにあるので、そこからスタートした。

DSC_0001.jpg

まずは御香宮へ。ただし中までは入らず。

DSC_0002.jpg

それから乃木神社のそばを通って伏見桃山城へ。

DSC_0005.jpg

ここには昔、遊園地があって、私も子供の頃に来た記憶がある。天守閣はその時に造られたもので、秀吉・家康の伏見城とはまったく関係の無い近代のもの。

DSC_0006.jpg

外堀のあとは公園になっている。

DSC_0007.jpg

車の多い、歩道の無い狭い道路を通って、八科峠。

DSC_0009.jpg

住宅街を抜けてようやく土道へ入る。

DSC_0011.jpg

しかしこの道は土木関係の会社の私有地(?)で、大きなダンプがひっきりなしに通る。これまで2回ほど来た時はそれほどでは無かったのだけれど。

DSC_0012.jpg

いつも通り、大岩山の展望台で昼食にした。

この日は空気が澄んでいて、遠くまで見通せた。アベノハルカスが見えているのだけれど。

DSC_0013.jpg

ど真ん中、愛宕山の左やや下のあたりに一昨日登った山上ヶ峰が望めた。

DSC_0014.jpg

昼食後、ようやく山道に入る。

DSC_0015.jpg

大岩神社は結核に御利益があるとかで、かつては随分たくさんの人が訪れたらしい。

DSC_0017.jpg

ここの見物は堂本印象画伯が寄進した鳥居が二つ。本殿横は小型版。

DSC_0019.jpg

参道を下ると大型版。

DSC_0020.jpg

このあとまた住宅街から笹藪を歩いて、ようやく伏見稲荷に近づいてきた。

DSC_0023.jpg

伏見稲荷のエリアなのだけれど、伏見稲荷のはまったく関係の無い神寶神社。天照大神が奉られているとか。

DSC_0025.jpg

この先で一周トレイルの東山ルートに合流する。ここまで来ると平日でも人だらけ。

DSC_0026.jpg

千本鳥居を通って、本殿前で解散となった。

DSC_0027.jpg

まだ2時半くらいなのだけれど、適当な寄り道先も無いので、そのまますんなり帰った。
ラベル:登山
posted by まつだ at 10:53| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。