2017年09月11日

暁晴山

二日続きの随行で、9/5 は兵庫県の雪彦山の北に位置する暁晴山(ぎょうせいざん)へ行ってきた。

京都駅から貸し切りバスで、片道3時間半という遠方。自宅から京都駅までの時間も含めると片道ほぼ4時間半。1日で乗り物9時間というとんでもない行程だった。



峰山高原のホテルリラクシアは標高 930m。ここまでバスで、山頂まではほぼ車道。

DSC_0028.jpg

30 分少々であっさり暁晴山の山頂(1077.1m)に到着して、早くも昼食となった。

DSC_0030.jpg

ここから砥峰(とのみね)高原に向けて歩く。

このあたりはススキの名所で、秋のシーズンには観光客で混雑するらしいけれど、観光シーズンにはちょっと早め。

DSC_0033.jpg

ちょっと不明瞭な箇所もあり、登山道は少しわかりにくい。

DSC_0035.jpg

出発したホテルからぐるっと廻って北東に向かう。

DSC_0037.jpg

峰山の山頂(1037.9m)は登山道から少し横にあるけれど、しっかり三角点を踏みに行く。

DSC_0038.jpg

三角点はヤブの中。

DSC_0039.jpg

湿原のような所をしばらく歩くと車道に出た。

DSC_0041.jpg

また登山道に入って、砥峰高原のエリアへ。

白山でも見たツリガネニンジン。

DSC_0043.jpg

ヤマジノホトトギス。

DSC_0044.jpg

展望台。

DSC_0046.jpg

このあたりは映画「ノルウェイの森」の撮影地だそうです。私は映画やドラマはまったく見ないので知りませんが。

DSC_0048.jpg

キキョウ。

DSC_0049.jpg

とのみね自然交流館に到着。

DSC_0050.jpg

バスはここまで迎えに来てくれているのだけれど、ここから少し北の砥峰のピークを踏みに行く。

25 分ほどで山頂(972.1m)に到着。訪れる人は少ない感じ。

DSC_0052.jpg

何とか持ちこたえていた天気も自然交流館に下りてくると同時に雨になった。

DSC_0053.jpg

山そのものは砥峰を除いてはハイキング程度だったけれど、とにかく現地までの往復に疲れました。
ラベル:登山
posted by まつだ at 17:12| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

雪野山

月曜日(9/4)は久しぶりの随行で湖東の雪野山へ行ってきた。

朝はわりと涼しめで、今日は楽かもと思ったのだけれど・・・。



近江八幡からバスで東に向かって、川守という停留所で下車した。

正面に雪野山(または龍王山)を眺めながら、しばらく車道を歩く。

DSC_0003.jpg

天神社(何て読むの?)。

DSC_0005.jpg

ちょっと寄り道して野寺城趾。

DSC_0008.jpg

標高が低い山並みのわりには眺望はなかなかいい。三上山が見える。

DSC_0010.jpg

大岩(?)からは7月に登った飯道山が望める。

DSC_0012.jpg

雪野山山頂には古墳がある。とは言っても調査後は埋め戻されている。

DSC_0014.jpg

山頂(308.8m)で昼食。

DSC_0015.jpg

涼しかったのは朝だけで、もうかなり暑い。

峠に下ってからまた展望東屋へ向かう。

DSC_0019.jpg

東屋の展望は木々に遮られていまひとつで、石段を下ってまた別の天神社。ここの見所は七層石塔。詳細は不明だけれど、鎌倉時代のものらしい。

DSC_0022.jpg

車道に出て登山道はこれでおしまい。

DSC_0025.jpg

しばらく車道を歩いて倉橋部のバス停に向かう。暑い。振り返ると雪野山

DSC_0026.jpg

1時間に1本のバスを待って、近江八幡に戻った。

ハイキングコースとして道標はしっかり整備されているけれど、実際に歩いている人はあまり多くない感じだった。そのせいか、平野部のちょっとした丘程度の山にも関わらず、わりと山歩きをしたという印象の残るコースだった。
ラベル:登山
posted by まつだ at 15:14| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする