2017年07月05日

高取山

7/3 の随行は六甲の高取山だった。

奈良の高取山は随行で2回行っているけれど、六甲の高取山は随行では初めて。個人的には六甲全山縦走路は 20 回くらいは通っていると思うけれど、実は高取山の山頂には行ったことが無い。


※電池切れのため前半のみ

今日も朝から暑い。熱中症要注意日だ。

地下鉄の長田駅から商店街を歩いて、まずは長田神社へ。

DSC_0093.jpg

大きなクスノキ。

DSC_0094.jpg

本殿裏には山を眺めて拝む場所があるけれど、今は木が茂っていて山は見えない。

DSC_0096.jpg

しばらく住宅街を歩いて、登山道に入る。とは言ってもずっと階段。

DSC_0099.jpg

途中、休憩を入れながら、全山縦走路の休憩ポイントまで来た。

DSC_0102.jpg

ここから先は私には未知のエリア。

DSC_0103.jpg

高取神社に到着。

DSC_0105.jpg

晴れて暑い日なのだけれど、夏場はあまり遠くは見えない。看板によると鈴鹿の藤原岳も見えるらしい。

DSC_0104.jpg

さらに少し登って、このあたりの最高標高地点(328m)で少し早めの昼食にした。

DSC_0107.jpg

三角点はもう少し西にあるのだけれど、ここには山頂の標柱もある。

DSC_0108.jpg

昼食後は三角点(312.8m)へ。

DSC_0111.jpg

ここからは須磨アルプスがよく見える。

DSC_0112.jpg

このそばには電波塔があって、そこを山頂と見なす意見もあるとか。

先ほどの休憩ポイントまで戻って、別の参道を下る。元々の道が一部崩れていて、分岐点が少し下にある。

DSC_0114.jpg

高神滝は枯れている?

DSC_0115.jpg

ほどなく住宅街に出た。しかし神戸の街は登山道並みの坂道ばかり。

DSC_0117.jpg

振り返ると高取山。

DSC_0118.jpg

1時半頃、登山道の出発地点まで下りてきた。

DSC_0119.jpg

この後、すぐ近くの山陽電車の西代駅で解散となった。

それにしても暑い日だった。いくら時間があってもこれから2回戦という気分にはならなかった。
ラベル:登山
posted by まつだ at 14:20| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

葛城古道から金剛山

金剛山はダイトレでは何度も通ったけれど、実はダイトレのルートは金剛山の山頂を通っていない。

大和葛城山もダイトレのルートは山頂を通っていないけれど、こちらは随行で何度か山頂を踏んだので、金剛山も山頂を踏んでおきたいと思っていた。

問題はどういうコース設定にするかということで、バスは極力避けたい。そして人の多いダイトレのコースも最小限度に留めたい。

ということで調べた結果、近鉄御所駅をスタートゴールにして、葛城古道を通って東側から金剛山に登って下りるというコースを設定した。

大和王権初期の頃(?)に勢力のあった葛城氏がいた地域で、奈良らしい史跡もたくさんある。



行ったのは 7/2 の日曜日。朝はそれほど早くなくて、近鉄御所駅をスタートしたのは8時 45 分くらいだった。

DSC_0001.jpg

今日は暑くなることが予想されて、下道の部分が結構多いので、半袖Tシャツに短パンというスタイルにした。

そして帽子をかぶって、濡らしたネッククーラーを首に着けて、暑さ対策をほどこした。

随行で大和葛城山へ行った時に何度か歩いた車道を西に向かう。

まずは鴨山口神社。

DSC_0007.jpg

一昔前ならこういう所は迷わず素通りしていたけれど、最近は頻繁に立ち寄るようになった。体力低下のせいもあると思うけれど。

葛城古道の分岐がわかるだろうかとちょっと不安があったけれど、しっかりした道標が立っていた。

DSC_0010.jpg

奈良らしいのどかな田園風景の中をスロージョグで進む。しかしすでにかなり気温が高い。

DSC_0011.jpg

畑のあぜ道のような所を通って、奈良時代の僧の行基が開いたと言われる九品寺(くほんじ)。

DSC_0020.jpg

また土道を行って、綏靖天皇の皇居だった葛城高丘宮の遺跡。ただし史実かどうかは疑問・・・。

DSC_0026.jpg

そしてお次は葛城一言主神社(かつらぎひとことぬしじんじゃ)。

DSC_0031.jpg

そばには乳銀杏。すでに幹に大きな空洞ができていて、倒れる危険性があるとか。

DSC_0032.jpg

このあと交通量の多い車道を少し南下して、ようやく金剛山への山道に入る。

DSC_0037.jpg

道標はまったく無し。

登山地図でも破線になっているルートだけれど、次第にヤブが濃くなってきて、半袖Tシャツと短パンなので泣きたい気分。

そしてついに踏み跡消失。

DSC_0039.jpg

GPS を頼りにヤブ斜面を這い上がって、ようやく踏み跡に合流した。

DSC_0040.jpg

このあとは踏み跡はしっかりしていて、11 時 15 分にダイトレのコースに合流した。

DSC_0041.jpg

まだ山頂までは少し距離があるし、ここから先は人が多くなると思われるので、ここでおにぎり休憩にした。

山頂近くに雄略天皇御狩の跡。

DSC_0044.jpg

11 時 50 分にようやく金剛山山頂(1125m)の葛城神社に到着した。ただし真の山頂には入れない。

DSC_0046.jpg

せっかくなので山頂エリアを廻ってみる。

転法輪寺。

DSC_0049.jpg

葛城家歴代御廟所。

DSC_0050.jpg

さて、後は下山なのだが、元に戻るのは気が向かないので、ロープウェイ駅の矢印に向かって下って行った。

そのうちにダイトレのコースに合流するだろうと思っていたのだけれど、いつまでたってもその気配が無い。

不安になって GPS で確認したところ、本来のコースから随分離れてしまっていた。しかししばらく下り基調で来たので、戻るには踏ん切りがつかない。

と逡巡していたら、本来の方向に向かう踏み跡が斜面を上がっているのを見つけた。

どこに出るのかわからないけれど、しばらく這い上がると「大阪府最高地点」と書かれた標柱が現れた。

DSC_0051.jpg

金剛山は大阪府の最高峰と思っていたけれど、実は金剛山は奈良県の山だった。大阪府の最高峰が大和葛城山(958.8m)というのもちょっと違和感があるけれど(ただし奈良県との県境)。

山頂エリアのハイキング道路をぐるっと廻ってダイトレのコースに合流して、来た道を少し戻ってようやく下山路に入った。

ダイトレ名物の急階段。

DSC_0053.jpg

この道も登山地図では破線になっていたので、またヤブこぎだったらイヤだなと思っていたけれど、なぜ破線なのかわからないくらいしっかりした道だった。最新版なら実線になっているかも。

30 分少々で高天(たかま)の畑に下りてきた。

DSC_0054.jpg

一度違う方向に行ってしまったけれど、すぐに気が付いて、高天彦神社(たかまひこじんじゃ)へ。

DSC_0055.jpg

休憩所でどらやき休憩にしようと思ったら、飲食禁止の張り紙。

致し方なく、また葛城古道をしばらく走って高天原の休憩所でどらやき休憩。

DSC_0057.jpg

このあたりは例の天孫降臨の舞台ということになっているらしいが、あまり派手な看板などが立っていないのが奈良らしくていい。個人的には天孫降臨の舞台は九州だと思うけど・・・。

DSC_0058.jpg

葛城古道を辿って、極楽寺(ごくらくじ)。

DSC_0063.jpg

車道からの奈良盆地。真ん中に畝傍山。その向こうが三輪山、龍王山。

DSC_0067.jpg

しばらく進んで長柄神社(ながらじんじゃ)。

DSC_0069.jpg

それにしても暑い!!。たまらず自販機でカルピスソーダ。

こんな所に一言主神社の鳥居が。表参道なのだろう。

DSC_0071.jpg

最後は孝昭天皇陵。

DSC_0075.jpg

欠史八代の一人だけれど、すぐ横に孝昭神社。

DSC_0076.jpg

3時過ぎに近鉄御所駅に戻った。約 27km だった。暑かった。

実は今日は大阪城公園で恒例の七夕駅伝があって、クラブからは数チームがエントリーしている。

過去に2回ほど参加したけれど、短い距離(約 3km)をトップスピードで駆けるというのはもともとあまり得意ではないし、好きでもないので、近年は参加していない。

しかし帰り道に寄り道するにはいい時間なので、大阪城公園駅で降りて寄ってみることにした。

DSC_0080.jpg

女子限定の1区と、2区への繋ぎだけを見て、帰ってきた。

みんなはこのあと打ち上げになだれ込んだと思うけれど、私は翌日随行の仕事があるので早々に帰宅することにした。
ラベル:トレイル
posted by まつだ at 16:59| Comment(0) | トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

競技場インターバル

今日の練習会は競技場でインターバルをやった。

これまではインターバルはいつも 1000m を 400m のつなぎでやっていたけれど、今日はめずらしく 400m + 200m というパターンのメニューだった。

かつて一人で走っていた頃は競技場で練習できるような機会はまったく無かったので、通勤ジョグに使っていた賀茂川の河川敷で橋から橋までおおむね 400m の場所で一人インターバルをやっていた。足元はもちろん土道だった。

このところは練習会のスピード練習メニューでも以前の様に限界まで追い込むということはまったく無くて、ペースやタイムは設定せずにスタートして、最初の 1000m のタイムをチェックしてそれを基準にするという感じで走っている。

今日もペース設定はせずにスタートして、最初の 400m は 1'37" だった。思ったよりはマシだった。

設定の 10 本はムリだろうと思っていて、ペースを落として本数をクリアするよりも、本数は少なくてもこれくらいのペースが維持できるまで続けようと思った。

1'40" というのが2回ほどあったけれど、おおむね 1'38" くらいで本数を重ねて、ラスト2本は 1'40" になったものの何とか設定の 10 本をクリアした。

今日は天気予報では午前中は雨だったのだけれど、予想外の暑い日になって、気持ちを練習モードに切り替えるのが難しかったけれど、久しぶりに心拍数が上がって濃い汗をかいた感じがした。
ラベル:練習会
posted by まつだ at 15:40| Comment(0) | 練習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする