2017年06月04日

弥十郎ヶ嶽

土曜日(6/3)は随行で北摂の弥十郎ヶ嶽へ行ってきた。山名は知っていたけれど、行くのは初めてだった。



講師の先生が「同じ講座では同じ山には行かない」というポリシーで数年続けてこられたせいで、もはや遠くて不便な場所しか残っていない。一昔前はマイクロバスをチャーターすることが多かったけれど、バス料金の高騰と受講生の減少というダブルパンチで、どうしても公共交通機関を使わざるを得なくなっている。

しかしさすがにこのポリシーもそろそろ限界という感じで、行ったことのある山を時期やコースを変えて再訪ということにもなりそうだ。

今回も京阪、JR、阪急、能勢電鉄、さらに1日に2便しかないバスで、トータル3時間ほどかけて、篠山の南部の後川(しつかわ)という所までやってきた。4時間くらいかけてやってこられた方もいらっしゃると思う。

DSC_0001.jpg

少し車道を歩いてから林道に入る。

DSC_0003.jpg

林道をつめて、いよいよ山道へ。

DSC_0004.jpg

しばらく谷筋を上がる。

DSC_0005.jpg

が、このあたりから道が不明瞭になってきた。道があるのか無いのかよくわからないような状態なのだが、所々に古いテープが残っている。

本来のルートはもう少し東の尾根に乗るはずなので、講師の先生と二人でヤブ斜面を強引に上がってルート探索へ。

尾根上も古いテープは所々にあるものの、道らしきものは見あたらない。しかしヤブはそれほど濃くないので、みなさんを誘導してここから山頂に向かう。

八上山石標を発見。

DSC_0006.jpg

ちょうど昼前に無事、弥十郎ヶ嶽の山頂(715.1m)に到着した。

DSC_0008.jpg

篠山盆地が眺められるが、木が茂っていて全容は見えない。右の方は多紀アルプス?

DSC_0007.jpg

下山は篭坊温泉方向へ向かう。

少し下ってハハカベ山石標。

DSC_0009.jpg

峠を越えて、丈山を目指す。

DSC_0010.jpg

丈山乗越。

DSC_0011.jpg

無事、丈山(南峰?)に到着。標高がはっきりしないけれど、多分 723m くらい。弥十郎ヶ嶽より少し高い。

DSC_0013.jpg

丈山乗越に戻って、農文塾コースを下山する。

フタリシズカ。

DSC_0014.jpg

ほどなく茶畑に出た。

DSC_0015.jpg

このあとは車道を 3km ほど歩いて、スタート地点と同じ後川のバス停にゴールした。1日2便のバスの 20 分前くらいに到着した。

こんな機会でも無ければ来られない貴重な山でした。
ラベル:登山
posted by まつだ at 15:56| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。