2017年04月10日

屯鶴峯、二上山

先の日曜日、まだ体調は十分ではなく、天気も午前中は雨が残りそうだけれど、そういう状況だからこそというコースを用意していた。翌日は随行の仕事なのであまりムリはできないので、ちょうど実行のチャンスだと思った。

ダイトレの起点は屯鶴峯(どんづるぼう)の麓にある。ダイトレ全山をやった時はこのあたりは真夜中で、起点の石はわからず、屯鶴峯も例の奇岩をちょっと味わった程度で山頂への道はわからなかった。

そして二上山。ここもダイトレでは近くには何度も来ているけれど、山頂はダイトレのコースからはずれているのでまだ登っていない。

しかしもはやあのダイトレの木道には行きたくないので、この二カ所を目的にして、その後は遺跡めぐりにしようと計画した。



コースも短いし、雨が上がることを願って朝は遅めで、近鉄大阪線の関屋駅を出たのは9時 20 分を過ぎていた。まだ雨が残っているので雨具兼用のジャケットとパンツは着たまま。

DSC_0046.jpg

前回も屯鶴峯までの道はよくわからなくてウロウロしたけれど、今回も似たようなものだった。ただ、手書きのテープが所々にあった。

DSC_0048.jpg

近鉄南大阪線横の車道に合流したあたりで雨が止んだので、雨具の上下を脱いだ。

そして少し進むと道の脇にこんなものが。

DSC_0051.jpg

危険なので登るなという立て札が立っていたけれど、そう言われると登りたくなる。

雨で濡れて滑りやすい急斜面を強引に這いずり上がって、実物にご対面した。

DSC_0052.jpg

下りは慎重に、ちょっとした出っぱりに足を置いて踏ん張ったところ、雨で地面が緩んでいたのだろう、その出っぱりがもろくも崩れて、頭が下になってごろんと転がった。

落差は1メートルちょっとくらい。ごろんと転がったのでケガはまったく無く、ドロで何カ所か汚れたくらいで済んだ。

少し進むと屯鶴峯の入り口にさしかかって、そのすぐそばにダイトレ起点の石があった。

DSC_0055.jpg

帰ってから気が付いたのだけれど、転倒した時にスマホが飛び出して、カメラのレンズの部分が汚れてしまっていた。

奇岩の光景もはっきり見えない。

DSC_0058.jpg

小さなテープマークが所々にあって、それに導かれて山頂を目指す。

ちょっとしたピークに壊れた東屋か展望台のようなものがあって、この先は少し下っていた。標識が無いのがちょっと不思議だったけれど、おそらくこれが山頂だろうと思った。木が茂っているので周囲はあまり見通せない。スタートして1時間弱だった。

DSC_0061.jpg

ここから引き返して、元の車道に戻った。

ところが家に帰ってから gps のトラックを確認すると、何と真のピークはもう少し先だった。

そんなことはまったく知らずに、二上山への山道に入っていった。

DSC_0063.jpg

二上山は意外と遠い。送電線の鉄塔の所から初めてすっきりと望めた。

DSC_0067.jpg

このあたりまではほとんど人に出会わずにいい雰囲気だったけれど、二上山が近づいてくると徐々にハイカーが現れてきた。

林道に合流してからの道がよくわからなかった。

DSC_0068.jpg

登山道はいくつかあるのだけれど、どこも道標が設置されていない。適当に上を目指して、雌岳(473.9m)に到着した。

DSC_0070.jpg

そして少し戻って馬の背から雄岳(517m)へ。

DSC_0073.jpg

山頂を少し越えた所に大津皇子の墓があった。実際の墓はここではないという説もあるらしい。

DSC_0077.jpg

馬の背まで戻ってしっかりした道を下る。眺めのいい場所でおにぎり休憩。

DSC_0081.jpg

当初は平石峠から「近つ飛鳥風土記の丘」に下ろうと思っていたけれど、休憩の時に地図を眺めていたら、雄岳を先に登って、雌岳から岩屋峠へ下った方が良かったということに気が付いて、ほんのわずかというは言うものの岩屋峠へ登り返す気力が無くなってしまった。

と言うことで、竹内街道を目指して早々と下る。

鹿谷寺跡。

DSC_0088.jpg

展望台から大阪方面を望む。

DSC_0089.jpg

竹内街道に出て、しばらく車道を行く。

DSC_0094.jpg

竹内街道から分かれて科長神社へ。

DSC_0097.jpg

そして小野妹子の墓。

DSC_0101.jpg

ショートカットしようとしたら道が無くなってしまって、ヤブをかきわけて車道に出て、二子塚古墳へ。

DSC_0110.jpg

DSC_0107.jpg

一部地面がむき出しで、発掘調査中なのだろうか。

そしてすぐ近くにある推古天皇陵。

DSC_0116.jpg

さらに住宅街を抜けて用明天皇陵へ。

DSC_0120.jpg

最後は聖徳太子の叡福寺。入山料を取られるのではないかと思ったが、無料だった。

DSC_0126.jpg

聖徳太子は我々が子供の頃のような聖人扱いはされなくなってきているらしい。

一部では「実在の人物ではない」という説もあるそうだけれど、おおむね「厩戸皇子(うまやどのみこ。聖徳太子のこと)という人物は実在したが、様々な実績は太子自身の功績というよりはその当時の政治家たち(蘇我馬子など)との共同作業の結果」という評価が一般的になっているらしい。

DSC_0133.jpg

また車道で上ノ太子駅を目指す。途中で住宅街の向こうに二上山が眺められた。

DSC_0136.jpg

近鉄南大阪線の上ノ太子駅に到着したのは午後2時ちょっと前。おおむね期待通りの楽しいコースだった。
ラベル:トレイル
posted by まつだ at 18:17| Comment(0) | トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。