2017年03月13日

鍋尻山

3/10(金)は鈴鹿の霊仙山の南にある鍋尻山(なべしりやま)へ行ってきた。今回も名前を聞くのも初めての山だった。



古い登山地図では河内風穴のそばから登山道が出ているが、もう少し先の山女原(あけんばら)までタクシーで行った。すでに人は住んでいないらしい。

小雨の中で出発の準備。

DSC_0001.jpg

いきなり急斜面をぐいぐい上がる。どうも最近の登山講座はこういうパターンが多いようだ。

DSC_0002.jpg

途中の大きな杉の木のたもとには小さなお地蔵さん。

DSC_0003.jpg

いよいよ雪が多くなってきて、トレースの無い急な斜面を這いずり上がる。

DSC_0005.jpg

少しなだらかになった所で見えたのは鍋尻山の山頂か?

DSC_0007.jpg

昼過ぎに鍋尻山(838m)に到着した。

DSC_0008.jpg

今日のコースは下山が長い。

昼食後、南側の保月を目指して下るが、かなりの積雪(数十センチ)で足元がずぶずぶ沈んで苦労させられた。

DSC_0010.jpg

40 分くらいで無事、保月に下り立った。

DSC_0011.jpg

あとは多賀大社を目指して林道をひたすら進む。序盤は除雪されていない。

地蔵峠には立派な杉と祠。

DSC_0012.jpg

このあと少し林道をショートカットして、除雪された箇所に出た。

DSC_0013.jpg

杉峠にはご神木。

DSC_0016.jpg

午後4時にようやく調宮神社(ととのみやじんじゃ)まで下りてきた。

DSC_0018.jpg

ここからはひたすら車道で多賀大社を目指す。

途中で山の彼方に鍋尻山を望むことができた。

ちょうど鍋を逆さにしたような山容なのでそう呼ばれるようになったらしいが、まさにそういう眺めだった。

左右の山の間の遠方に見えるのだけれど、写真では雲の白さとかぶってよく見えない。

DSC_0021.jpg

多賀大社駅に到着したのは4時 45 分くらいだった。
ラベル:登山
posted by まつだ at 15:25| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。