2017年01月30日

御破裂山、竜門岳、音羽三山

昨日は大阪国際女子マラソンだったけれど応援には行かずに、またまた奈良の山へ行ってきた。

本当は山上ヶ岳へ再挑戦したかったけれど、午後から天候が悪化するという予報だったので、多少崩れても大丈夫なように、かねてから気になってきた竜門岳をメインにしたコースを設定した。



8時 15 分に近鉄の岡寺駅を出発。天気はいいけれど、朝は気温が低い。

DSC_0001.jpg

ウエアは上はクロロファイバーの長袖アンダーにトレラン用長袖ジップシャツ。下は冬用のトレランタイツ。シューズは HOKA の Stinson ATR。

しばらく車道で、今月4回目の明日香村。向こうの山は御破裂山?

DSC_0003.jpg

先日の大和三山の時に通った道に合流して、石舞台古墳はトイレのみで通過。

DSC_0007.jpg

県道からはずれて旧道に入って、さらに県道をショートカットしているハイキング道路に入る。なかなかいい雰囲気だが、あまり人が歩いていない感じ。

DSC_0012.jpg

「御破裂山」という道標はまったく見あたらなかったけれど、林道を上がって9時 40 分に御破裂山(ごはれつざん、618m)に到着した。

DSC_0016.jpg

談山神社(たんざんじんじゃ)に下ろうと思ったら、

DSC_0023.jpg

ということだったので来た道を引き返した。

談山神社の西端で県道を歩道橋で渡る。

DSC_0030.jpg

ここから竜門岳の稜線までの間が今日の核心部と思っていた。地形図には道が記載されているけれど、本当のところどんな状態なのかまったくわからない。

しかし実際は道標もしっかりしていて、アップダウンのほとんど無いなだらかな道で、ジョグで進める部分も多かった。

DSC_0031.jpg

そのせいか道路にはバイクが走った痕跡がある。それもかなり新しい。せっかく静かでいい雰囲気なので、エンジン音には絶対に出会いたくない。

冬野では畑仕事をしている人がいた。

DSC_0035.jpg

竜在峠の手前には「むかしの茶屋跡」。

DSC_0036.jpg

竜在峠はこのすぐ先だった。

DSC_0038.jpg

このあたりは山深い所に小さな集落が点在していて、そこを結ぶ道がたくさん残っている。次回はこういう道を辿ってみたいと思う。

が、ここから先がわからない。ここから東に向かなければならないはずなのだが、そういう道が見あたらない。

しかし目をこらして見ると、東側の急な斜面に登ったような痕跡が見える。そこでここを強引に上がって、ヤブをかきわけて進んでみる。

DSC_0039.jpg

かすかに踏み跡のようなものが残っているが、急にこんなに不明瞭になるのはちょっと変だ。

と思っていたら、前方に東屋のようなものが見えた。

こんな道に建物が残っているのは不思議だと思って近づいたら、何とさっきの茶屋跡だった。

さっき通った位置からは注意して見ないと見えない位置に分岐と道標が立っていた。ただし「細峠」と表記されてうぃる。こういう峠名は地図には無い。

DSC_0040.jpg

しかし方向としてはこちらしかないので、これを進むことにした。

竜在峠までの道に比べると荒れているけれど、部分的にはロープも張ってあって、手入れはされているようだ。

さらに進んだら突然、林道に飛び出した。

しばらくそのまま進むと次第に山道になってきて、細峠に到着した。

DSC_0044.jpg

あまり歩かれていない感じの道だが、道標は随所にある。

11 時半にようやく竜門岳への稜線に合流した。

DSC_0047.jpg

さて、これから竜門岳のピストンだ。しかしここまで来れば道はしっかりしているだろうと安心していた。

ところが、竜門岳方向に進むとにわかに道が悪くなってきた。ずいぶん荒れている。

DSC_0056.jpg

竜門岳までは結構距離があるので、こんな状態が続くと非常に時間がかかってしまう。

風の当たらない場所で今日初めて腰を下ろして、おにぎり休憩にした。

10 分足らずの休憩で再出発して、しばらく行くと道が良くなってきた。部分的には走れる箇所もある。

DSC_0050.jpg

そろそろ雪が出てきた。しかし足跡はおそらくシカで、人の足跡は見あたらない。

鉄塔を越えて、最後は急な雪の斜面をキックステップで這い上がった。

今日はこれまで山道では誰一人会わずに静かな歩きを楽しんできたのだが、竜門岳には年配の3人パーティがいた。

ちょうどこちらに下りてくる時で、入れ替わって山頂(904m)に到着した。稜線に乗った所から 47 分かかった。

DSC_0053.jpg

雪の斜面の下りに備えてポールを出して、早々に下山を開始した。

すぐに3人パーティに追いついて、先に行かせてもらった。

鉄塔の場所からは熊ヶ岳が望める。

DSC_0055.jpg

竜門岳ピストンは1時間 20 分かかった。

大峠には午後1時 12 分に到着した。

ここから先はこれまでに2度歩いている。この先はなかなかの急登が待ち構えているのを知っているので、ここでまた腰を下ろしてどらやき休憩にした。

熊ヶ岳周辺はいつも通りのクマザサ原で、足元が見えなくて歩きにくい。

DSC_0061.jpg

熊ヶ岳(904m)には午後1時 39 分に到着。

DSC_0062.jpg

経ヶ塚山(889m)には午後2時1分。道の雪を見ると今日は誰も歩いていない。

DSC_0063.jpg

音羽山(851m)には午後2時 14 分に到着した。

DSC_0064.jpg

空模様があやしくなってきたので、下山を急ぐ。

たまにぽつりとくることもあって、何とか電車に乗るまでは持ちこたえてほしいと願った。

展望台からの金剛、葛城は霞んでいる。

DSC_0066.jpg

昨年、随行で来た時に、登山道の下の方で、展望台を経由して音羽山へ上がる道標があったのを記憶していたので、展望台からそのまま下に下った。

植林の管理のための道のようで、山肌が苅られてまだ木が高く育っていない状態なので、開けて明るい斜面だが、まったく味気ない道だった。

尼寺の善法寺。

DSC_0070.jpg

濡れていると滑って危険なコンクリート急坂をジョグで下りて、県道に合流して今日のコースは実質終了した。

桜井駅まで走るつもりをしてはきたけれど、ここの車道はあまり走るには向いていない道だということはわかっていたので、もしバスの待ち時間がわずかならバスに乗ろうと思った。

下居(おりい)のバス停で時刻表を見たら、次のバスまでまだ 40 分以上あったので、予定通り車道をジョグで下った。幸い、雨は降ってきていない。

DSC_0073.jpg

桜井駅に到着したのは午後3時 25 分だった。

DSC_0075.jpg

結局、山中で出会ったのは竜門岳山頂での3人パーティだけで、本当に静かな山歩きを楽しむことができた。

随行で音羽三山には2回来ていて、そのうち昨年は日曜日だったけれど、いずれの時も他の登山者にはまったく出会わなかったように思う。

まだまだ静かで楽しい所はいっぱいありそうだ。

さっそく次のルート設定のために地図を眺めている。
ラベル:トレイル
posted by まつだ at 11:38| Comment(0) | トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする