2017年01月04日

稲村ヶ岳

先月の八経ガ岳が非常に快適だったので、年始も大峰に行こうと決めていた。

計画は観音峯登山口から観音峯、稲村ヶ岳、山上ヶ岳、余裕があれば大天井ヶ岳まで行って洞川に下ろうというもの。

ヤマレコを調べたら年末に軽いシューズでこのあたりを周回している記録があったので、これなら今回もトレランシューズで行けると判断した。ただしプチラッセルを想定して HOKA ではなくて Salomon のゴアテックスのシューズにした。

昨日、先月と同様に3時に起きて3時半発。高速は京阪奈道路を使った。

道路状況は非常にスムーズで、時間的には先月とほぼ同じなのに高速料金は激安。途中のコンビニで朝食のうどんを食べ、そしてコーヒーを飲んで、6時過ぎに観音峯登山口の駐車場に到着した。車は1台も停まっていなかった。



ウエアは先月とほぼ同じだが、下はフリースのパンツの下にタイツを履いて、6時半に出発した。

駐車場のそばにかかった橋を渡って登山道に入る。

CIMG2400.jpg

いきなりダイトレのような木道が始まる。ダイトレよりもひどくて、土が流れて障害物になっている状態。こういう木道を登山道でしばしば見かけるけれど、どうしてこんな作り方をするのかまったく理解できない。何年か経てば土が流れてこうなるのは作る前からわかるはずだ。

CIMG2401.jpg

気温は高めで、タイツが暑い。

来る途中で一時降っていた雨はおさまっているけれど、天気はいまひとつの感じ。大峰と言えば雨というくらい多雨の地域なので、雨が降っていないだけでもまだマシかも知れない。

夜が明けて展望台に到着したが、展望はまったく無し。

CIMG2403.jpg

CIMG2404.jpg

標高 1,000m を越えると雪が増えてくる。

CIMG2405.jpg

雪の量は先月とさほど変わらないけれど、雪質はまったく違う。先月は新雪でやわらかくて、あまり滑らない雪質だったけれど、今日は何度か融雪と凍結を繰り返したような雪質で、堅くて滑りやすい。早々にチェーンスパイクの登場になるだろう。

7時 45 分に観音峯(1347.7m)に到着した。三角点があるけれど、ほんのちょっとしたでっぱり程度。

CIMG2406.jpg

またすぐに登りになり、8時 11 分に三ツ塚(1380m)に到着した。

CIMG2407.jpg

そろそろ寒くなってきたのでここで帽子をかぶってジャケットの上を羽織って、ついでにチェーンスパイクを装着した。

ここから法力峠までは下りが多かったので、スパイクの着用は正解だった。

出発して2時間少々で法力峠に到着。ここで稲村ヶ岳への一般路の洞川からの道と合流する。

CIMG2409.jpg

緩い上り勾配の道で、右側が谷になっている。部分的には鎖があったり、若干注意が必要な箇所もある。

ここで今日初めて二人パーティに出会った。

稲村ヶ岳山荘のある山上辻には9時半に到着した。出発してちょうど3時間だった。

CIMG2411.jpg

風が強くなってきたのでトイレの陰で雨具のパンツを履いて、黒豆パンを半分食べた。稲村ヶ岳への稜線はかなり風が強そうだ。

西風が強くて、道が稜線の西側になると横風がまともに吹き付ける。木の枝に付いた霧氷の氷が風で飛ばされてきて顔に当たって痛い。完全な冬山の雰囲気になってきた。

CIMG2413.jpg

道も思ったより険しくなってきた。稜線の東側に入って強風からは解放されたが、左側が切れた斜面のトラバースが続く。

CIMG2417.jpg

これはもう完全にアイゼン、ピッケルの世界だ。しかし稲村ヶ岳のピークはもうすぐそこ。

稲村ヶ岳(1726m)には 10 時過ぎに到着した。ちょうど若い男性が一人おられた。展望台がしつらえられていて、風情が無い。

CIMG2414.jpg

展望が無いので近くの樹氷。

CIMG2415.jpg

稲村ヶ岳は山上ヶ岳(1719m)より少し高いので、今日の最高標高点。

下りに備えてポールを出した。

ポールのおかげで下りは意外と楽だった。

山上辻に戻って、山上ヶ岳へ向かう。

標高差は少ないので淡々と行けるのではないかと思っていたが、登山道の左側(北側)が意外と切れていて、不安定な斜面のトラバースが続く。

ちょとしたルンゼ状の所では流れてきた雪でトレースも消えていたりする。おそらく今日はこれまで誰も歩いていない。

これはもう完全にアイゼン、ピッケルの世界だ。チェーンスパイクではツァッケが小さいので雪面にしっかり食い込んでくれない。おまけに腕の支えは細いトレランポール。滑落停止には使い物にならない。

CIMG2418.jpg

敗退という言葉が頭に浮かんだけれど、これまでに越えてきた所をまた引き返すのも楽ではない。

雪がかぶっているので谷側の足元がどこまで地面なのかはっきりせず、ぐっと体重を乗せると崩れるというようなことが何度かあって、そのたびに肝を冷やした。

何とか山上ヶ岳までは行って、そこからは最短距離で洞川へ下ろうと思った。

そうこうしていると斜面に氷が出てきた。何とか雪の部分をつないでキックステップで足元を固めながら慎重に通過した。

位置を確認すると山上辻から山上ヶ岳への中間点くらいだ。まだまだ先は長い。

そして小さなリッジを越えて右側に回り込んだ時、目の前に絶望的な斜面が現れた。

CIMG2419.jpg

この真ん中の氷の部分は今日の装備ではもはや通過不可能と思った。アイゼン、ピッケルの装備でも楽では無い。

覚悟を決めて戻るしかない。

この正月には関東だったかで凍った沢を滑落して男性が二人亡くなっている。同じ過ちをやるわけにはいかない。

とくかく慎重に、慎重に、一歩一歩足元を踏み固めて下った。下りは登りより難しい。

そろそろ危険地帯が終わろうかという頃、稲村ヶ岳の山頂で出会った男性がこちらに向かって来たので、敗退してきたと伝えた。

彼はアイゼンはまともなものを履いていたと思うが、ピッケルは持っていなかったように思う。ポールを両手に持っていた。無事に通過できただろうか。

稲村ヶ岳山荘でちょっと食べようと思って小さな休憩スペースに入ったら、親子のような二人が食事していたので、地図を確認しただけでそそくさと退散した。

法力峠で腰を下ろしてゆっくりしていたところ、何と観音峯の方向から単独行の男性が下りてきた。せっかく一人でゆっくりしていたのに・・・。

しかもすぐそばにザックを置いて、私が見ている地図をのぞき込んでくる。

この人、地図は持っていないの???

何やらスマホをいじっている。

どうも山上ヶ岳を越えて南の方へ向かうつもりらしい。

もう午後1時に近いというのにどういうつもりなのかと思ったけれど、荷物がわりと大きかったのでテント山行なのだろう。

ここからは来た道ではなく、洞川へ下ることにした。

何となくモヤモヤした気持ちを心の底でころがしながら、単調な道を下った。

母公堂へ下ると早く車道に出てしまうので、五代松鍾乳洞の方へ下る。

CIMG2420.jpg

五代松鍾乳洞は冬場は公開されていないらしい。

CIMG2422.jpg

午後1時半に登山道入り口に下り立った。

CIMG2425.jpg

洞川温泉は初めて来た。

正月だと言うのにこの閑散とした街並みは何??。みやげ物店もほとんど閉まっている。

CIMG2427.jpg

温泉街のはずれからはみたらい渓谷遊歩道を歩く。

CIMG2429.jpg

駐車場に戻ってきたのは午後2時半過ぎだった。

CIMG2430.jpg

大峰の冬は甘くは無かった。

久しぶりにかなり本気でビビッた。

これくらいのことは乗り越えないと山に行った意味が無いと思っていた時期もあったけれど、もうそういうのは卒業した。

ただ、私にとって魅力的な山の風景は、きれいな花の咲くお花畑ではなくて、岩と雪の世界だ。

今日のルートにしても、天気が良くて雪が少し緩んでいれば、何と言うこともない雪山ハイクの世界だ。

もう少しコンディションをきっちりと判断して、ぜひまた再訪したいと思う。
ラベル:登山
posted by まつだ at 16:06| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする