2016年08月20日

薊岳

昨日は登山教室で台高山脈の薊岳(あざみだけ)へ行ってきた。この山も行くのはもちろん、山名を聞いたのも初めてだった。



昨日は夜に、中学高校時代の山の仲間と数年ぶりに4人で再会する予定があったので、できれば近い山が望ましかったのだが、こういう日に限って非常に遠方の行き先になってしまった。

貸し切りバスで、ドライバーがかなり高速で走ってくれた感じがしたけれど、往路は渋滞無しでも休憩を入れて2時間半ほどかかった。

登山口の笹野神社を出たのは 10 時 20 分くらいだった。

DSC_0007.jpg

いきなりなかなかの急登が続く。

DSC_0008.jpg

しかしこのルートは標高差 1000m くらい登らなければならないので、私としては急登で一気に登ってくれた方がありがたい。

しかし今日もかなりの猛暑で、先が思いやられる。

マツカゼソウ。

DSC_0009.jpg

前日、六甲の高山植物園でも見たヤマジノホトトギス。

DSC_0010.jpg

2時間ほどかかってようやく大鏡池へ到着して、ここで昼食。池はほとんど干上がっていた。

DSC_0012.jpg

ちょっとしたピーク。ただし展望はまったく無し。

DSC_0014.jpg

なかなかいい感じの樹林帯。すでに標高 1000m を越えているので、風は多少は爽やかだ。

DSC_0016.jpg

2時過ぎにようやく薊岳(1406m)へ到着した。

DSC_0019.jpg

大台ヶ原方面の眺め。

DSC_0017.jpg

反対側には高見山(写真では見えない)。

DSC_0018.jpg

このあと1時間ほどで明神平。

DSC_0021.jpg

当初は穂高明神まで行く予定だったけれど、時間切れで最短コースで下山する。

このあたり、上高地あたりの名前がいくつか見受けられるけれど、どういう由来なのだろうか。六甲にもそういう地名のエリアがあるけれど。

少し下ると無人の山小屋。

DSC_0023.jpg

このあたりはかつてはスキー場だったとかいう話だけれど、車では来られないし、リフトも無し。斜面も六甲の人工スキー場程度の大きさしか無いので、わざわざ板を担いでここまでスキーに来る人がいたとは思えない。

下山は明神沢沿いのルート。

DSC_0025.jpg

沢で湧き水を飲んだりしながら1時間ほど下って、ようやく林道に出てきた。

DSC_0026.jpg

もうすでに4時半を過ぎている。みんなで集まる6時半には最初から間に合わないとは思っていたけれど、ここまで遅くなるとは。こでまで随行は何十回かやってきたけれど、おそらくこれまでで最も遅くなる。よりによってこんな日に・・・・。

ようやくバスに乗れたと思ったら、途中で「七滝八壺」という名所があるので寄っていくとのこと。本当は早く帰りたいのだけれど。

DSC_0029.jpg

小さな橋を渡るとちょっとした滝。

DSC_0027.jpg

名水とあったのでボトルを持ってきたけれど、ここでは汲めなさそう。しかし沢沿いの道を少し上がると七滝八壺が現れた。

DSC_0028.jpg

ここで水を汲んだけれど、あまり冷たくなくて、とても名水とは思えなかった。山小屋の下で飲んだ湧き水の方がよっぽどおいしかった。

結局、京都に帰り着いたのは8時半に近かった。

祇園の店に入ったのは9時前だったけれど、まともな料亭だったのでその時間からでもコースを順番にちゃんと出してくれて、懐かしい友人達としばしの楽しい時間を過ごすことができた。
ラベル:登山
posted by まつだ at 16:25| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。