2016年04月01日

UTMF 2016

せっかくエントリー資格があるので取りあえず手続きだけはしておこうと思ってエントリーした UTMF 2016。

今年も2倍程度の競争率になったようだが、昨年に引き続いて当選した。

昨年は本番直前に体調をこわして、河口湖まで行っての DNS という情けない結果に終わり、しかもその後は椎間板ヘルニア、そして手術という散々な日々を過ごすことになったので、一時期は『UTMF』という言葉から意識的に距離を置いていたこともあった。

大会参加はしばらく辞めようと思っていたが、完全に辞めてしまうとそれでなくても低下する走力が一段とひどくなると思って、先週はキャノンボールランに参加した。

男女ペアで走力のある相棒と走ったせいか、終盤はこれまでで一番しっかり走れて(歩けて?)、復路はこれまでのベストタイムだった。

やはり大会で納得のいく結果が出ると気分はいいもので、昨年のキャノンボールランでは序盤の転倒で痛めた右膝の悪化で片道でリタイアして、失意で帰宅した後とはまったく違って、今回のUTMF の抽選はできれば当たってほしいと思っていた。

昨年は『当選』という文字が目に入った時は一瞬とまどいの気持ちがあったが、今年は『良かった良かった』と安堵した。

私がこういう大会で納得のいく結果が出せるかどうかのポイントは、走れるパートをきっちり走れるかどうかということ。特に UTMF はロードや平坦な部分が以外とたくさんあるので、ここで極力歩かないことが完走のポイントになる。

山岳パートを頑張って体力を消耗して、下山してからのパートを歩いてしまうというのだけは避けなければならない。

これまでいくつかのトレイルレースに参加してきた感触で言えば、山岳パートでの走力(歩き力)はそんなに悪くないと思うのだが、疲れてからの平坦なロードなどの簡単な部分での走力がまだまだ不十分だと思っている。どんなに遅くても、歩きになってしまってはいけない。

昨年もそこがポイントになるということは認識していたけれど、今年はもっとそのあたりに重点を置いた練習をしていきたいと思っている。
ラベル:トレイル
posted by まつだ at 15:16| Comment(0) | トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。