2016年01月31日

愛宕山

今日は大阪国際女子マラソンの応援には行かず、山岳会のベテラン女性のTさんと愛宕山へ行ってきた。

Tさんとはかつては山スキーなどで何度もご一緒させていただいたが、ここ何年かは私がマラソンを重視して山スキーへ行かなくなり、Tさんも家庭の事情などで遠方には出かけられない状態になられているので、しばらく疎遠になっていた。

UTMF が終わったら軽ハイキングにでもお誘いしようと思っていたけれど、思いがけなくヘルニア手術などになってしまってのびのびになって、ようやく今日、実現の運びとなった。



先週の雨が上部では雪かもと思ってスパッツと軽アイゼンを持参したけれど、嵐山あたりから眺めると頂上付近も雪の気配はまったく無かった。

清滝の表参道登山口の鳥居の所で落ち合うことにして、私は JR 保津峡駅から歩いて行った。

KC3Y0039.jpg

保津峡駅を出たのはちょうど9時。しばらくは保津川(桂川)沿いの車道を歩く。

正面に見えるコブは六丁峠だろうか。

KC3Y0040.jpg

六丁峠へ行く車道を見送って、清滝川沿いの一周トレイルの道に入る。

KC3Y0041.jpg

もう少し近いと思っていたけれど以外と時間がかかって、待ち合わせの9時45分を若干過ぎて鳥居の所に到着した。

KC3Y0042.jpg

表参道は随分以前に何度か登ったことがあるけれど、もはや記憶はまったく無い。今日は好天ということもあって、登山者が非常に多い。

ずっと階段が続いてうんざりするが、道が広いので並んでしゃべりながら登った。

KC3Y0043.jpg

しばしば休憩しながらのんびり登る。

KC3Y0044.jpg

歩き出して2時間ほどかかって水尾への分かれに到着した。

KC3Y0045.jpg

このあたりまで来ると空気が冷たい。一時脱いでいたフリースをまた羽織る。

ようやく雪らしい雪が出てきた。

KC3Y0047.jpg

ほぼ3時間で山頂の休憩エリアに到着。お昼も過ぎているので、さっそく広場のベンチで昼食にする。

Tさんが持ってきてくれたおでんを温めていただく。

KC3Y0049.jpg

はやり暖かいものはおいしい。

さらにTさんお気に入りのパン屋さんのサンドイッチもいただく。具がたっぷりのタマゴサンドとカツサンドで、ボリュームたっぷりだ。

Tさんは疲れて食欲があまり無いとのことで、おでんは私が大半をいただくことになった。満腹、満足です。

腹ごしらえが完了してから本殿に向かう。

KC3Y0050.jpg

KC3Y0053.jpg

ついでに奥の院にも。

KC3Y0051.jpg

下山は大杉谷を下る。こちらは階段ではない普通の登山道なので歩きやすい。

第二ベンチと書いてある展望場所からは京都市内と醍醐の山並みがきれいに眺められた。

KC3Y0056.jpg

林道に出て、登山口の鳥居の前を通って、Tさんが車を止めていた駐車場に戻ったのは午後4時前だった。

帰りは車で JR の嵯峨嵐山駅まで送っていただいた。

今日の山行はずいぶん以前から行きたいと思っていたもので、好天にも恵まれて、期待以上に楽しい一日となった。
ラベル:登山
posted by まつだ at 22:30| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

大峰山

昨日の登山教室は宝塚の大峰山へ行ってきた。

このところの低い気温のおかげで思いがけず氷瀑が眺められ、下山後は武庫川の JR 廃線歩きを楽しんで、充実した一日だった。



JR 福知山線の武田尾駅をスタート。

KC3Y0039.jpg

いきなり廃線のトンネルが現れる。

KC3Y0040.jpg

少し進んだ所で大峰山への登山道に入る。このあたりは散策路がたくさんあって、しっかり道標を確認しないと公園内を廻ってしまいそうだ。

KC3Y0041.jpg

満月滝は見事に凍っていた。

KC3Y0044.jpg

しばらく沢沿いに登って、その後は右岸の道を上がる。結構な登りが続く。

ほどなく稜線に上がり、ニセピークから西へ向かうとすぐに頂上(552m)だった。

KC3Y0045.jpg

下山はさくら道。途中の展望ポイントでは六甲が間近に眺められる。

KC3Y0046.jpg

足元にはこの後歩く予定の武庫川。

KC3Y0047.jpg

無事、登山道を一周回って元の場所へ到着。

KC3Y0048.jpg

プロローグは人気の JR の廃線歩き。

ここは基本的には自己責任の世界で、事故が起こっても JR は責任を持たないという看板が何カ所か立てられている。しかし実際には結構な人気ルートで、休日なら歩く人は多いはずだ。

KC3Y0049.jpg

何カ所かあるトンネルはライトを点けないと何も見えない。

危なそうな鉄橋跡を渡る。

KC3Y0050.jpg

対岸には大きな岩が何カ所かある。

KC3Y0051.jpg

ここに線路を引く工事は大変だっただろうと思う。トンネルも多く、河岸はわりと傾斜がきついので、斜面をへつるのも手間がかかったことだろう。

保津峡のトロッコ列車のような感じで再生させたら、結構人気が出るのではないかと思える。眺めもなかなかのものだ。

ただ、電車で通過したらほんの数分で終わってしまいそうだが。

1時間半近く歩いて JR の生瀬駅に到着して、一日の予定が終了した。

この講座の人たちと再会するのは昨年の夏以来で、久しぶりの出会いをあたたかく迎えていただいて、何とも言えないなつかしい気分になった。
posted by まつだ at 10:00| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

国見山で遭難!?

今日は四週連続で交野山へ向かった。

今日の目的は先週、国見山の下りで出会った通行止めのコースを行くこと。

気温が低いのでウィンドブレーカーの上下を着込んで、3時前に家を出た。

kunimi.jpg

スタートしてしばらくは足の調子が今ひとつで、山田池周回でお茶を濁して終わろうかと思ったりもしたけれど、山田池あたりまで来たら身体が暖まったのか、違和感も無くなったので、予定通り交野山へ向かった。

KC3Y0039.jpg

※真ん中やや左の出っぱりが国見山。右の出っぱりが交野山。

先週に比べると遠方がかすんで見える。

遠方は山科の山で、左の方はおそらく音羽山。手前は京田辺の甘南備山。

KC3Y0040.jpg

久しぶりに山頂の観音岩の下に行ってみることにした。一体何年ぶりだろう。いや、何十年ぶりだ。

岩に掘られた梵字。

KC3Y0041.jpg

山頂直下の岩にも。

KC3Y0042.jpg

寄り道を済ませたら、今日のメインイベントに向かう。

国見山の山頂を通過して、例の通行止めへ。

KC3Y0044.jpg

迷うことなくテープをくぐる。

円通谷と書かれているので谷ルートなのだろう。

少し下ると予想通り荒れてきた。

KC3Y0045.jpg

強引に下るが、これまでの通行止めルートと違って、先の道がまったく見えない。

これまではじっくり見渡すと荒れた先に元の道らしきものが見つかったのだが、今日は甘くはなさそうだ。

道の荒れ方もひどくて、谷筋を下るのは大変なので、左岸に少し上がってみたが、少し下ると完全にヤブ状態になってまた谷に下りてしまった。

ちょっとあせってきた。

もう時間は5時前。そろそろ薄暗くなってきていて、さらに谷筋なのでこの季節はあっという間に真っ暗になってしまう。

ほぼ完全手ぶらで出てきているので、ヘッドランプなんか持っていない。

このまま荒れた谷を下るのは危ないと判断して、明るそうな右岸の稜線に上がることにした。

頼りなさそうな枯れ木の枝を掴んだりして、何とか稜線に這い上がったら、登山道に出会った。正直、ほっとした。

右側を見下ろすと、津田サイエンスヒルズを過ぎてトレイルに入る所にある池と近くの建物の屋根が見えた。やれやれ。

KC3Y0046.jpg

左側の谷筋はうっそうとしていて、早く見切って稜線に上がって良かったと思った。

おそらく、第二京阪の側道から国見山へ登る道標のある場所に下りるのだろうと思っていたら、それよりも大阪よりの場所に下りてきた。道標はまったく無し。

KC3Y0047.jpg

スパバレイ方向に戻って、想定していた道標の場所を通過。

KC3Y0048.jpg

あとは通い慣れた道を家まで帰るだけだったが、久しぶりにちょっとアドベンチャー気分を味わうことができた。

おかげで次回のルートは決まった。

今日、下りてきた道を登って、どこに出るのか確かめたいと思う。
ラベル:トレイル
posted by まつだ at 22:09| Comment(0) | トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。