2015年03月08日

剣尾山から妙見山

今日は好天が期待できそうなので、昨日の雨で道は良くないかも知れないが、このところ考えていたコースへ行くことにした。

昨秋に登山教室で三草山へ行った時、北に見える剣尾山が気になった。しかしこのあたりは交通の便が悪く、山も山脈というほどではないので、なかなかうまいルートが引けない。普通の歩きなら剣尾山だけでもいいのかも知れないが、こんな不便な場所まで来て山一つだけではもったいないし、バスの本数が少ないので、下山は何とか電車の駅に下りたい。

と言うことで地図を眺めて考えたのがこのルート。



朝早い時間のバスで山辺口まで行って、下山は能勢電鉄の妙見口駅。カシミールのルート作成で 33km くらいだったので、実際には 35km くらいになるだろう。もし時間切れになったら妙見山から直接下山すれば良いと思った。

数少ないバスの時間に合わせて、家を出たのは5時過ぎ。始発の次だった。京阪、JR、能勢電鉄、阪急バスを乗り継いで、8時前にようやくスタート地点の山辺口に到着した。コンビニの陰で支度して、スタートしたのはちょうど8時だった。

天気はどんよりとした曇り空で、気温はやや高めという感じ。しばらくは車道を行く。

KC3Y0026.jpg

右に入る土道があったのでそちらへ行ってみたが、少し行くとフェンスで行き止まり。フェンスを強引に乗り越えたが、結局車道に戻ることになってしまった。行者口はこのすぐ先だった。

ようやく登りになったが、まだしばらくは舗装道路。剣尾山への道標を見つけてようやく登山道に入ったが、しばらくは階段続きであまり気分は良くない。

KC3Y0027.jpg

スタートして 40 分ほどで行者山の岩場に到着した。

KC3Y0028.jpg

しばらく行くと六地蔵。

KC3Y0029.jpg

このルートは史跡の看板がたくさんあって、随分人手が入っている様子。しかし今日このあたりで出会ったのは一人だけだった。

山頂の少し下にはかつて月峰寺という寺があったらしい。

KC3Y0033.jpg

9時7分に剣尾山(784m)に到着。今日の最高地点だ。

KC3Y0031.jpg

展望は今ひとつだが、三草山は確認できた。

KC3Y0032.jpg

下りは青少年野外活動センターの方へ。20 分ほどで車道に出て、しばらく車道を行くことになった。道ばたの草むらでシカが身体を地面にこすりつけていて、これはおもしろいと写真を撮ろうとしたら、逃げられてしまった。

暮坂峠への道に入ったが、ここも舗装道路。急なヘアピンカーブの所を強引にショートカットした。

KC3Y0036.jpg

暮坂峠も車道で越えて、しばらく下ってようやく土道に入った。

またシカが目の前で道を横切って行って、ほどなく篠口峠を越えた。

KC3Y0037.jpg

またすぐに車道になり、ルートがよくわからない部分もあったが、それほどのロスはなく歌垣山への登山道に入った。10 時 47 分。ジェルを補給する。

鬱蒼とした沢筋の道で、結構な傾斜だ。あっさり登れるだろうと思っていたが、なかなか手強い。gps ではもうすぐ頂上のはずだが、とてもそうは見えない。

KC3Y0039.jpg

地図の道と実際の道がずいぶんずれていたようで、11 時 25 分にようやく頂上付近に出た。少し北に休憩所があるようなので、そこで一息入れることにする。

KC3Y0040.jpg

KC3Y0041.jpg

今日初めて腰を下ろしておにぎり休憩。車道が多いせいか、思ったより早く進んでいる。

歌垣山は頂上が二つあるようで、南の方が三角点(553m)のようだ。

KC3Y0042.jpg

妙見山が望める。遠いような近いような・・・。

KC3Y0044.jpg

堀越峠はすぐだった。車道を渡るとまた舗装道路。雑な作りのセメントの道路になって、少し上がって峠に出た。

KC3Y0045.jpg

今日のルートはかなりの部分がおおさか環状自然道路に重なっている。おかげで道標がわりとしっかりしているのが助かる。野間大原の集落のあたりなどはわかりにくかった。

また車の多い車道を少し行って、いよいよ妙見山への登りに入る。いきなりの急な階段。

KC3Y0046.jpg

歩く人が少ないようで、落ち葉がたくさんたまっている。急でステップも狭いので、これが下りだったら緊張するだろう。

登り切ったら本龍寺。本堂の周りを『南無妙法蓮華経』と唱えながら何周も回っている人がたくさんいる。

KC3Y0048.jpg

お参りもほどほどにして先を急ぐ。至る所に祠などがあって、まるで御嶽山のようだ。霊感の強い人ならビンビンくるんじゃないかと思うくらい。

なかなか厳しい登りだったが、1時前に妙見山に到着した。

KC3Y0053.jpg

山頂(660m)エリアには違和感のある建物が・・・。

KC3Y0051.jpg

山門はそれなり。

KC3Y0052.jpg

ここで腰を下ろしてどら焼き休憩にした。

時間があるので光明山などを廻ることにするが、その方向へ行く道の分かれがわからない。取りあえず登ってきた方に引き返したら、それらしい分かれが見つかった。

またしばらく車道を行って、道標に従って登山道に入る。少し行くとよくわからない分岐。登山地図では登山道は光明山の山頂を経由して天台山へ向かっているのだが、光明山と天台山が別の方向を向いている。

とにかくまずは光明山ということでそちらに向かう。少しトラバースぎみに進んで、右へ急カーブして登って行く。一旦南の方へ行ってからまた北へ戻っているのかと思った。ほどなく光明山(639m)に到着。

KC3Y0054.jpg

『妙見山 天台山』の示す方向が変な感じがするが、道はテープでしっかり目印がついているのでその方向へ進む。しかし方角を確認すると何と東へ向かっている。本当なら西に向かわないといけないはずだ。それに車道からも随分離れているように感じる。

これはやはりおかしいと思って、最初の不審な分岐まで戻ることにした。そしてここから天台山の方向へ進む。すぐ右下には車道が見えている。これで正しいはずだ。

少し行ったら左側に光明山への道標が立っていた。ここから登れば良かった。

後から gps のトラックを確認したら、分岐から南へ行ったと思ったのは実は東へ行っていて、そこから南西方向に頂上へ向かっていた。しかし頂上からの『妙見山 天台山』の方向は明らかにおかしい。もっと南方向に向かなければならないはずだ。

この山塊は観光スポットの妙見山のすぐそばで、それほど見所のある場所でもないので、訪れる人が少ないのだろうと思う。この先、妙見口に下りるまで、道がよくわからない箇所は何カ所もあった。

天台山は山頂と思われる場所が何と工事していた。

KC3Y0055.jpg

青貝山への分岐もわかりにくく、長年のカンで何とか道を発見したという感じ。

青貝山(391m)は3時前に到着した。

KC3Y0056.jpg

この後もよくわからない分岐があったり、車道に下りてから変な方向に向かってしまって適当にショートカットしたりして、15 時 28 分に妙見口駅にたどり着くことができた。

KC3Y0057.jpg

観光地なのでもっと立派な駅を想像していたが、思ったよりこぢんまりした駅だった。

今日のコースは最近の新規開拓コースの中ではあまり質は高くなかった。ちょっと車道部分が多すぎる。トレイルというよりは東海自然歩道を行っているような感じだ。

まぁでもトータルで約 36km。篠山リタイアのモヤモヤは解消できたように思う。

次のトレイルは月末の六甲縦走キャノンボールだ。もはや新鮮味は無いけれど、安心して楽しめる大会ではある。このところは体力低下がまた顕著になってきているので、油断せずにまじめに取り組みたいと思っている。
ラベル:トレイル
posted by まつだ at 22:22| Comment(0) | トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする