2015年02月22日

有馬滝めぐり

昨日の登山教室は有馬の滝めぐりだった。氷瀑を期待したが、残念ながらつらら程度。しかし久しぶりの快晴で快適な一日だった。



朝9時に宝塚に集合して、バスで有馬へ向かう。蓬莱峡を経由する道は昨夏は台風の影響で通行止めになっていたが、まだ部分的に修復工事で片側通行になっている。

有馬の温泉街の少し手前で降りて、まずは瑞宝寺公園へ。

KC3Y0026.jpg

公園から登山道に向かうとさっそくロープで通行止め。このあたりの谷筋は昨夏の台風でかなり荒れたようで、この後も至る所で通行禁止の立て札を抜けて行くことになった。

筆屋道をたどって展望台で一服。

KC3Y0028.jpg

魚屋道(ととやみち)へ合流して、はっきりした登山道の無い射場山(690m)のピークを目指す。頂上も何も無い。

KC3Y0030.jpg

また魚屋道に戻って、炭屋道に出会う少し手前で昼食。

後半戦はいよいよ滝めぐりだが、さっそく通行止めの立て札。無視して紅葉谷に突入して、まずは白石滝。

KC3Y0031.jpg

白石谷を遡って行くが、道が大きく崩れている箇所が出てきて、スリングを張って通過する。

KC3Y0033.jpg

荒れた沢筋を登って次は百間滝。ほんのわずかにつららがかかっている。

KC3Y0035.jpg

すぐ近くには似位滝(にいたき)。

KC3Y0036.jpg

紅葉谷道へ這い上がる途中で百間滝の落ち口に立ち寄る。

KC3Y0037.jpg

紅葉谷道へ上がってからちょっと寄り道して七曲滝の落ち口へも行った。

KC3Y0039.jpg

これでこの日の予定はほぼすべて完了だが、実は下山予定の道も通行禁止になっていた。しかし踏み跡もしっかりあるので、ここも突入する。

車道に出るほんの手前で大きく崩れている箇所があって、手前のパーティがロープを張って下りていたが、我々は特に問題も無く通過できた。

KC3Y0040.jpg

3時半過ぎにロープウェイ駅に降り立って、解散となった。

せっかく有馬に来たので金の湯に入って帰ろうと思っていたが、このところは随分と混雑がひどいようで、特に土曜日の夕方だったので待ち時間30分とのこと。さすがにそこまではということで、みなさんのご贔屓というモンベル横の店でビールとちょっとした料理を楽しんで、満足して帰ってきた。

六甲は自分で行く時はまずほとんど縦走路しか行かないので、たまにこういう機会があると非常に楽しめる。ありがたいことだ。
ラベル:登山
posted by まつだ at 18:14| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする