2014年10月05日

梅田までジョグ

左足首の不調は、昨日の走り始めは若干の痛みがあったものの、その後はまったく問題無かった。しかし帰って時間が経ってくると、次第に何とも言えない違和感が出てきた。やはりダメージは少なくなかったようだ。

就寝中も熱っぽいような違和感がずっと続いていたので、今日は思い切って完全休養にするかどうか迷った。

しかし今月末にはキャノンボールを控えているし、今の目標はロングトレイルなので、痛みに耐えて走るということも実は重要なポイントの一つなのだ。スピード勝負のロードレースとは違う。

と言うことで、修理に出していたトレランポールが治ったという連絡を受けたので、梅田の石井スポーツまで淀川を走って行くことにした。台風が近づいているので、午前中に出発して雨に遭わないようにしたいと思った。

10 時半頃に家を出る。やはり走り始めは左足首に痛みが出る。最低限度の着替えなどを背負っているので、キロ6分かそれ以上くらいのスピードしか出ない。芝生の上を走ったりすると、キロ6分 20 秒くらいになる。

曇り時々晴れという天候で、走るにはちょうど良いコンディションだ。おまけに追い風が吹いている。左足首の痛みも消えてきた。

守口の手前あたりに来ると、大阪ランニングフェスタというナンバーカードを着けたランナー集団に遭遇した。レースが開催されているようだ。守口の橋のたもとを起点にして、上流方向に片道 5km のコースが設定されているようだ。ハーフ(おそらく)の選手はこれを2往復する模様。

芝生のある所は芝生を走るようにしたが、早くも脚に疲労感を覚えてきた。まだ 20km も走っていない。例年は4時間走の翌日はマラニックの大会に参加しているのだが、マラニックだとアップダウンや山道などがあるので使う筋肉が適度に変わるので、以外と大きな疲れを感じずに走れてしまう。

しかし今日はまた単調でフラットなロードなので、昨日とまったく同じ筋肉を使い続けることになるため、マラニックに較べると一見楽そうに見えるが、実は同じ場所に疲労が蓄積してくるのだ。

2時間 10 分ほどで毛馬に到着して、大川沿いにしばらく行って、源八橋を渡って梅田へ向かった。ここからはずっと街中の歩道なので、快適に走るという訳にはいかない。

歩行者の迷惑にならないように走ったり歩いたりしながら、2時間 40 分ほどで駅前ビルの前に到着した。

ポールは染みついたドロもきれいになって戻ってきた。修理代は 5,800 円。気分的にはこれでようやく志賀高原のダメージから脱却できた感じ。左足首の不調を除いては・・・。
ラベル:個人練習
posted by まつだ at 16:04| Comment(0) | 個人練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。