2014年01月28日

笠置山

今日はカルチャーセンターの登山教室の随行で、笠置山へ行ってきた。

講座のコース名には『入門』やら『初級』やらの単語が付いているのだが、講師の趣味でいつもなかなか通なコースを歩いている。しかし今日はまったく危険の無い、ほぼハイキングコースだった。


より大きな地図で 笠置山 を表示

関西本線の大河原駅を降りて、東海自然歩道の『銀の帯ハイキングコース』を笠置へ向かう。

平坦な道をしばらく行って布目川を渡ると、甌穴(おうけつ)群に出会う。

KC3Y0027.jpg

『甌穴』とは河原の岩に水流による浸蝕のためにくぼみができたものだが、上の写真には肝心の甌穴は写っていない。

このあたりは石仏が随所にあるが、文化的素養に欠ける私は、そういうものを見てもあまり興味が湧かない。

JR の線路脇をしばらく行って、笠置の公園で昼食にする。冷たい風が当たって寒い。カップラーメンもすぐに冷めてしまった。

来た道を少し戻って、笠置山の三角点への道に入る。なかなかの急登で、落ち葉が濡れている所があったりして、これまでのハイキング気分から一転して本格的な登山道になる。

急登を上がってようやくなだらかになってきたと思ったら、左側にはゴルフ場。興ざめでがっかりするが、仕方ない。

展望も何も無い笠置山の三角点を踏んで、なだらかな道を笠置寺へ向かう。

笠置寺は京和トライアスロンクラブのマラニックのゴールで何度も来ているが、いつもそのまますぐに降りてしまうので、どういうエリアなのかこれまでまったく知らなかった。実は山上エリアをぐるっと回れるようになっていて、石仏や大きな岩などの見所がたくさんある。

KC3Y0031.jpg

マラニックの時はタダで入るが、今日は 300 円の拝観料を払って入った。

展望が楽しめる場所もある。

KC3Y0032.jpg

後は登山道を笠置駅まで降りて、今日の行程は無事終了した。

笠置山への登りがそこそこ楽しめる道だったし、山上エリアも予想外におもしろかったので、思った以上に楽しめるコースだった。
ラベル:登山
posted by まつだ at 21:46| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

大阪国際女子マラソン応援

今日は恒例の大阪国際女子マラソンの応援に行ってきた。

これも恒例で、家から天満橋まで、淀川をジョグで。昨年はこの時期、距離を走り込むことに重点を置いていたので、枚方大橋を渡って高槻側へ行って、淀川右岸を大回りして 30km 以上走って行ったが、今日は最短コースで約 25km。途中でクラブの人が一人でペース走をやっているのに出会ったりしながら、2時間半ほどで天満橋へ到着した。

今日はいつもより早めに行って、ハーフも応援することにしていた。

年末恒例の駅伝メンバーの一人が出場していることがわかっていたので、その時間に合わせて待っていたのだが、なかなか現れない。これはきっと見過ごしたに違いないと思っていたら、ようやくカーブを曲がってやってきた。ずいぶんタイムが悪かったのではないかと思っていたが、スタート直後の混雑でペースが上げられず、私と出会った後くらいからようやく自分のペースで走れるようになったとのこと。結果的にはネットタイムではほんのわずか自己ベストを更新できたらしい。

ハーフに出場していたクラブの人も何人か声をかけて、女子マラソンのランナーが来るまでに軽食を取る。

約 17km の地点だが、早くもトップは二人になっていた。その後 10 人くらいが通過してからは、相当な間(5分くらい?)誰もやってこないという状態になった。男子に較べると女子は選手層が薄いということなのだろうか。2時間35分くらいのレベルの選手が非常に少ないように思われる。

明らかに走りが違うレベルの選手がやってくると、その後はぞくぞくと選手が続いた。クラブの女性陣もこのあたり。

知り合いをみんな見送ってから、大阪城公園の中に入って、29km あたりへ向かう。その後は JR で鶴ヶ丘へ行くつもりなので、森ノ宮駅からあまり遠くない場所で応援しようと思った。

トップはほぼ独走という状態で、集団と言えるようなグループはまったく無くなっていた。

しばらく道路脇の石段に腰をかけて、時計を見ながらのんびりした。

クラブのトップの女性が、キロ4分を少し越えるくらいのペースでやってきた。秋にケガをしてしばらくまともな練習ができなかったようなので、今日はどこまで行けるかわからないとか言っていたが、ここまではそんなに悪くないペースだ。

少し間を置いてから後続メンバーを見送って、JR で鶴ヶ丘へ向かう。

鶴ヶ丘は 40km を少し過ぎたあたり。時間的に、クラブのトップの女性はすでに通過しているはずだ。

少ししたら3時間10分切りを目指している女性が現れた。さすがにきつそうだが、ペースはあまり落ちていない。きっと目標を達成できたことだろう。

次に現れたのは、ここ1年あまりずっと故障に悩まされて、満足のいく走りができていない女性。今回もあまり体調は良く無さそうだが、それでも大崩れせずにここまでしっかり走ってきた。3時間15分は越えてしまったと思うが、この走りはきっと次につながると思う。

もう一人いた女性は、ついにここには現れず。29km 地点でかなり厳しい感じだったので、関門で止められたのかも知れない。これまで十数年にわたってこの大会を走り続けてきた女性だが、おそらくこれが最後になるだろう。

この後、長居の競技場へ行ったが、やはりすでにみんなゴールした後だった。

やはり応援に行くのならこういう大会がいいと思った。誘われて大阪マラソンの応援に行ったこともあるが、どうもああいう雰囲気には馴染めない。どんな走り方をしようが個人の自由ではあるが、はなから走りきるつもりもなく、おしゃべりしながら歩いたりしている人を見ると、こういう人たちとは同じ場所にはいたくないという気持ちになってしまうのだ。
posted by まつだ at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

競技場ビルドアップ

今日の練習会は競技場。予定のメニューは変化走だったが、来週は木津川のフルなのでダメージの大きい変化走は避けて、疲れの残らない程度のペース走にしようと思っていた。

ちょうどベテランの方がキロ5分弱くらいからスタートして、ビルドアップで 12000m というご提案があったので、それに乗ることにした。

トラックでキロ 4'50" くらいだとさすがに少し余裕がある。しかしキロ 4'40" くらいになると余裕も少なくなる。心拍数も 160 くらいまで上がって、以外に負荷がかかっている。

キロ 4'30" まで上がったら 10000m までは集団で行って、残りはペースアップしようと思っていた。しかし 4'40" 台から上がりそうな気配が無かったので、8000m を過ぎてから一人で飛び出した。誰か付いて来ると思ったが、予想外に誰も付いて来なかった。

その後 3000m はキロ 4'28" くらいで行って、ラストは 4'16" で終了。

最後の 4000m は心拍数が 160 台後半くらいまで上がっていて、月初めに 4'30" 弱で 16000m 行った時よりも上がっていた。ただし体感的にはそこまではキツくなかった感じ。

練習後の疲れもそれほどではなく、フルの1週間前としてはちょうどいいくらいの練習になったと思う。

心拍数から考えると、フルではキロ 4'40" くらいがせいぜいという感じ。とにかく心拍数が 160 を越えない範囲のスピードで行きたいと思う。
ラベル:練習会
posted by まつだ at 15:48| Comment(0) | 練習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。