2013年03月30日

シール・エミコさん

昨日はシール・エミコさんの報告会に行ってきた。久しぶりに地平線会議の人たちとも出会って、アフターの一杯も楽しんできた。

エミコさんは自転車ライダー。元はバイクライダーで、世界を走り回っていたところ、のちのパートナーとなるオーストラリア人の自転車ライダー、スティーブと出会って自転車の楽しさに目覚め、それからはスティーブと一緒に自転車で世界を回ってきた。

ところが旅の途中で体調を崩し、診断を受けた結果はかなり進んだガン。帰国して大きな手術を受けて、一時はカムバックして旅の続きも再開したが、またしてもガンが再発し、その後はずっと治療生活を続けている。

手術、抗がん剤、放射線など、ありとあらゆる治療法を試したが、芳しい結果は得られず、医者にも見放されて昨年オーストラリアに渡り、そこで大きな手術を受けて、ようやく少し体力が回復してきたということで、今回の報告会のはこびとなった。

腹部の内臓はほぼ全摘出で、骨盤もかなり削られたようで、普段は車椅子。杖をついて何とか立ち上がれるという状態だが、それでもまた自転車に乗るという希望は捨てていないとのこと。

彼女と初めて出会ったのはちょうど10年ほど前で、一度目のガンから復活して間もない頃だった。

その後、何度か会う機会があったが、再発して以降は初めてで、おそらく数年ぶり。しかもずっと闘病生活なので、さぞかしやつれていることだろうと思っていたが、思いの外明るく、表情も以前とまったく変わらない。

とにかくどんな話題を話す時も笑顔で明るいのが彼女の特徴で、それはまったく変わっていなかった。表情だけを見ていればとてもそんな大病を患っている人間とは思えない。

それにしてもガンと戦う闘志は常人離れしていて、それは医者も驚くほどだったようだ。

あの小さな身体のどこにそれだけのパワーがあるのか、とても不思議に思える。

私は死ぬならガンで。もしガンになったら何も治療せずに、と思ったりしているが、あれだけ本気でガンと戦って、余命半年と言われてからもう12年も生き続けている彼女を見ていると、そんなことは軽々しく言うべきではないという気持ちになってくる。

とにかく、彼女が一日も早く体力を回復して、また自転車に乗れるようになることを願ってやまない。
posted by まつだ at 08:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

祭りのあと

燃え尽き症候群である。

レースの終盤は自分でも信じられないくらい脚が残っていて、ゴール後はまだ余裕がありそうなくらいだった。

しかし電車を乗り継いで家にたどり着いて玄関に座り込むと、それまでの緊張感が一気に緩んで、ショーズも脱げずに横たわってしまった。空腹感があったので何とか着替えて食事を済ませたが、そのまま床で横になると、もう朝まで起きることができなかった。

筋肉痛はそれほどではなかった。終盤にポールを使ったせいか、大腿四頭筋にはほとんど筋肉痛が残らず、むしろ大臀筋やハムストリングなど、背部に大きな疲労が残った。これはいい身体の使い方ができていた証拠だ。

翌日は当然のごとく完全休養。その次の日も朝は走りに出かける気分にならなかった。

その後、軽いジョグは再開しているが、まだまだ身体の芯に大きな疲れが残っている。

今週末は温泉旅行の予定なので、ちょうど良かった。ここでゆっくり疲れを取ってこようと思う。

六甲往復を終えて思ったのは、自分にとってはおそらくおんたけウルトラトレイルよりも充実感のあるコースだったであろうということ。これならおんたけがエントリーできなかったこともさほど残念ではないと本気で思えた。

おんたけはトレイルとは言っても実際はコースのすべてが林道で、山道の部分はまったく無い。私が目指す高山のロングルートとは性質の異なるコースだ。

そういう意味では、今回完走できたことで、今夏の水晶往復の可能性が大きくふくらんできたと言える。次回は新穂高からの往復で再チャレンジしようと思っている。
posted by まつだ at 15:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

六甲縦走キャノンボールラン完走!!復路編

湯元台の広場では片道コースの参加者がたくさん集まっている。スペースを見つけて座ったところ、ちょうどその横にいたのはしばらく一緒だった男性。

コンビニでどん兵衛きつねを買ってきて、往復コース参加者のみサービスのおにぎりを食べてエネルギーを補給する。そして少しでも脚が休まるようにマッサージしておく。

RIMG0140.JPG

7時32分にいよいよ復路がスタート。天気は良さそうだが、ジャケットを着たままスタートした。

復路はすぐに上り坂になるので、最初から歩きで入る。集団の後ろの方からスタートしたつもりだったが、片道の人たちはスタートしたばかりで元気なので、どんどん追い抜かれる。

塩尾寺までは坂が結構きつい。みんなショートカットの山道へ行くので、一緒にその流れに入る。細い道で追い越しができないので、前から遅れないようについていくのが精一杯だ。車道に出たときはほっとした。

塩尾寺からはトレイルに入る。まだしばらく登りが続くが、このあたりになると身体が少し慣れてきたようで、脚は疲れているが、それなりのペースでは登って行ける。

道がなだらかになってくると、所によっては走れるようになってきた。思ったよりも楽に大谷乗越に着いた。

RIMG0323.JPG

所々現れる急な登りも以外とスムーズに登れて、2時間ほどでドライブウェイに出ることができた。そして一軒茶屋のエイドに到着。

おなかはまだ十分という感じなので、水分だけ3杯ほど補給した。

宝塚から須磨へ向かうのは初めてだが、ショートカットもしっかり辿れて、ほどなく次のエイドに到着。ここは往路でポタージュをいただいたところ。

コロッケがあって、みんなおいしいと言っていたが、さすがに油ものは避けて、草餅の大福と飲み物をいただいた。

日は差しているが、薄い雲がかかっているので、日射しはそれほど強くなく、絶好のコンディションという感じだ。自分ではあまり感じていないが、やはり汗をかいているようで、ノドが乾く。

自然の家で車道に出てから、アゴニー坂への山道に入るのを見落としたようで、そのままドライブウェイ沿いに掬星台まで行ってしまった。せっかくこれまでうまくショートカットをたどってきたのに、ムダをしてしまって残念。

掬星台のエイドではチキンラーメンと巻き寿司一切れをいただく。水分も補給したいところだったが、何と酒しかない。自動販売機があるが、高そうなのでパスする。

531474_442773899149667_429693004_n.jpg

ここからの下りは結構急なところもあるので、ここでトレッキングポールを出した。これは大正解だった。

市ヶ原への分かれをミスして少し大回りしてしまったが、大きなミスにはならずに市ヶ原を通過。そしてしばらく車道の登りを歩いて大龍寺へ向かう。

580224_442773352483055_838300121_n.jpg

483234_442823939144663_1973780223_n.jpg

大龍寺の少し上のエイドでの水分を期待して自動販売機をパスしてきたが、今度も酒しかなかった。

579101_442776385816085_2092144352_n.jpg

8176_442773365816387_871610952_n.jpg

豚汁のサービスがあったが、かなり塩辛かった。バナナがあったので、3切れほどもらって口直しした。

ここを越えると鵯越まで自動販売機が無いので、水分が不安だったが、仕方ない。鍋蓋山を越えて、ここは試練になるだろうと思っていた菊水山も思ったより楽にクリアできて、完走への希望が大きくふくらんできた。

ゴルフ場を左手に眺めて階段を下りていたところ、菊水山を下りきる手前に水場があったことをふと思い出した。さっそくそこへ行って、冷たくておいしい水をたっぷり飲んで、ボトルにも一杯補給した。

ほっと一息をついて、やれやれと安心して車道に出たところ、予想外のエイドに出会う。ここでははちみつレモン、オレンジなど、今日のコンディションには一番うれしいものが並んでいた。

ここまで来ると下り気味の車道でももうまともには走れない状態になっていたが、登りは相変わらずしっかり歩ける。これなら思ったよりも早くゴールできそうだといい気分になっていたところ、鵯越の駅を過ぎてからの住宅街で何度か道に迷ってしまう。GPS で地図がちゃんと表示されない状態になっていたが、復路なので大丈夫だろうと安易に考えていたのが間違いだった。運悪く、前後には誰も見あたらない。

明らかに間違いと気づいて戻っていたところ、少し先に何人かのグループが歩いて行くのが目に入った。やれやれと思って彼らを追うことにする。

追いつきそうで追いつかないという状態だっったが、高取山の登りの途中、月見茶屋手前の公園で彼らが少し休憩しているところで追いついた。往路でしばらく一緒だった男性もいる。関東から一人でやってきたらしい女性がいるが、どうしたことか片眼に絆創膏をしている。しかも往復コースだ。片眼でトレイル、しかも夜間走なんて信じられない。

その後、私を含めて5人のグループで、時には離れたりしながらもほぼずっと一緒に行くことになる。

妙法寺の私設エイドでコーラとポカリをもらって、いよいよ最終章の須磨アルプス、横尾山を越えて、旗振山へ向かう。

グループでしゃべりながら歩いているので、一人よりも疲労感が少ないように感じる。脚はまだ若干の余裕がありそうで、登りも何とか歩き続けられる。

少し薄暗くなってきたが、暗くなるまでにゴールできるだろう。

旗振小屋から瀬戸内海を眺めている時、女性が『苦しかったけれど、もう終わるのかと思うとちょっと寂しい』と言ったが、まさにそういう心境だった。

石段をリズミカルに下りて、最後は5人で手をつないで一緒にゴールした。17時48分。トータル19時間10分の旅が完成した。

734453_353659024743649_814886784_n.jpg
ラベル:トレイル
posted by まつだ at 11:10| Comment(0) | トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。