2017年07月24日

愛宕山、朝日峯、峰山

昨日(7/23)は陸上クラブ最大のイベントの Mid Summer Games だったけれど、トラックでのスピードレースはあまり好きではないので、近年は参加していない。

しかし連日の酷暑で近場を走る気にはならないし、応援だけというのもおもしろくないので、以前からちょっと気になっていた山へ出かけることにした。

このあたりの低山では山でも涼しくはないだろうけれど、下界よりはちょっとはマシだろう。



JR の保津峡駅を出発したのは8時 45 分。今日のコースは距離はそれほどではないので、朝は遅めだった。

DSC_0001.jpg

幸い、天候は曇りで、暑さはそれほど厳しくない。けれども首にネッククーラー、さらにうなじのあたりを冷やすアタッチメントを付けた帽子をかぶった。

橋を渡ってすぐに取り付く山道に入ろうと思ったのだけれど、登山口がよくわからなくて少しウロウロして、ようやく道標の無い道を発見した。

DSC_0002.jpg

いきなりの急登だったけれど、10 分ほどでなだらかな稜線歩きになった。

DSC_0004.jpg

そばの木にリスがいたけれど、写真にはうまく写らず。

出発して 45 分ほどで荒神峠(こうしんとうげ、庚申峠)。

DSC_0006.jpg

落合から水尾の方向もかすかな踏み跡が残っているけれど、まともに歩けるのだろうか。昔はここに茶屋があったそうだ。

登りがまた少し急になって、年配のご夫婦と思われるパーティが休憩されていた。奥さんからスイカを一切れいただいた。まだ半分凍っていて、食べきるのに時間がかかった。ごちそうさまでした。

峠から 25 分ほどで表参道に合流した。

DSC_0007.jpg

表参道に入ったら登山者がたくさんいるのではないかと思っていたけれど、それほどでもなかった。朝の保津峡駅でも降りたのは私一人で、日曜日だというのにずいぶん登山者が少ない。暑さのせいだろうか。

ここからほんの数分で水尾の分かれ。

DSC_0009.jpg

参道には電球がぶら下がっている。31 日夜に千日詣が行われるらしい。

DSC_0012.jpg

あたりはガスっていて、わりと涼しくて助かる。

黒門。小雨がぱらついてきた。

DSC_0013.jpg

出発して1時間半ちょっとで愛宕神社の下に到着した。雨は止んでいる。

DSC_0015.jpg

今日は神社には上がらずに先を急ぐ。

市内は曇ってまったく見えず。

DSC_0016.jpg

松尾峠方面への分岐。ここから先は初めて歩く道だ。

DSC_0017.jpg

最初のうちははっきりした道だったけれど、gps のルートに従って進んでいたら、急に踏み跡が消えてしまった。

何度も言ったり来たりしたけれどどうにもルートがわからず、一旦はっきりした場所まで戻ることにした。

そうしたら前から数人のパーティがやってきた。ちょうどそこに、来た時に気付かなかった分岐があった。このパーティも道をしっかり知って歩いているわけではなさそうで、少し思案している。

このパーティの後ろになってしまうのはわずらわしいので、分岐の道標をはっきりとは確認せずに、そそくさとこの分岐に入った。

gps のルートとは若干離れていたけれど、実はこれが正しい道だった。ほどなく gps のルートに合流した。

DSC_0020.jpg

こういう所は走る。

途中でウロウロしたおかげで神社下から1時間かかってようやく首無地蔵に到着した。

DSC_0022.jpg

ここからはしばらく荒れた林道を行く。

DSC_0024.jpg

まるでおんたけウルトラトレイルの林道と同じ。デジャブのような感覚で走る。

首無地蔵から 25 分ほどで松尾峠に到着した。

DSC_0026.jpg

ここから 10 分で朝日峯(688.3m)に到着。

DSC_0028.jpg

比叡山がうっすらと見えていたけれど、写真には写らなかった。

DSC_0030.jpg

また林道に戻って、登り以外は走る。

この林道、どこまで続くのだろうと思っていたら、朝日峯を下りてから 15 分ほど走ったら山道になった。

DSC_0033.jpg

山道に入って 15 分ほどで峰山への分岐の道標があった。

DSC_0037.jpg

今回の目標だった峰山(537.6m)をピストン。展望も何も無かった。

DSC_0036.jpg

もうあとは栂尾まで淡々と下るだけ。

植林を気楽に下る。

DSC_0039.jpg

しかしこのあたりから次第に道が荒れてきた。倒木のオンパレードだ。

DSC_0040.jpg

倒木地帯が終わると沢筋になって、ここも踏み跡が不明瞭。

ようやく高山寺のエリアに下りてきたけれど、道標などまったく無く、初めてだったらこの登り口はまずわからないだろう。

DSC_0042.jpg

境内を通って、R162 に出る。

DSC_0045.jpg

ここからはしばらく一周トレイルコースを南下する。

高雄の料亭。床でも 5000 円くらいから楽しめるようだが、それほど快適そうには見えない。まぁ、市内の鴨川べりよりはマシだろうけれど。

DSC_0049.jpg

清滝川。

DSC_0050.jpg

愛宕山表参道の登山口。

DSC_0051.jpg

走れる所は走って、2時 38 分に保津峡駅に戻ってきた。

DSC_0053.jpg

終日曇りだったので助かった。

行程 25.6km、6時間弱でした。
タグ:トレイル
posted by まつだ at 10:50| Comment(0) | トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

飯道山

日曜日(7/16)は随行で滋賀県の飯道山(はんどうさん)へ行ってきた。

私自身は名前を聞くのも初めてだったけれど、道標もしっかりしていて、「飯道山観光協会」なんて組織があるくらいで、地元ではかなり有名な山のようだった。ただ、山道はそれほど歩かれているようには思えなかったけれど・・・。



集合は信楽高原鉄道の紫香楽宮跡駅。今日も暑くなりそうだ。

DSC_0002.jpg

少し住宅街を歩いて紫香楽宮址へ。

DSC_0003.jpg

聖武天皇が奈良時代に造営した離宮だそうだけれど、飛鳥時代から奈良時代にかけて、しばしば都を移しながら、ほんの数年程度でまた引っ越している。

こんな時代は都を造るのも大変な労力だったと思うけれど、どうしてそれほど短期間に移らなければならなかったのだろうか。

DSC_0005.jpg

本当の宮址はもう少し北の宮町地区らしい。

しばらく車道を行く。

DSC_0006.jpg

飯道神社の参道入り口?

DSC_0007.jpg

まだ車道だけれど、ここから登りになる。

15 分ほど登って車道の終点へ。

DSC_0010.jpg

階段を上って、白髭神社。

DSC_0011.jpg

ようやく登山道。

DSC_0012.jpg

弁天堂。

DSC_0016.jpg

いよいよ飯道神社へ。

DSC_0017.jpg

紫香楽宮址のあたりを見下ろす。

DSC_0018.jpg

飯道神社の本殿。つい先日、改修が終わったばかりとか。

DSC_0020.jpg

飯道神社の拝殿前で昼食にした。

木食応其(もくじきおうご)上人入定窟。ここでミイラになられた・・・。

DSC_0021.jpg

ようやく今日の最高峰、飯道山山頂(664m)へ。

DSC_0023.jpg

右の方に三上山が見えていたけれど、写真ではわからない。

DSC_0022.jpg

杖の権現茶屋休憩所。

DSC_0024.jpg

ここからは沢筋の道がかなり荒れているということで、尾根道を下る。あまり歩かれていない感じ。

DSC_0026.jpg

林道に出て、あとは舗装道路を淡々と歩くだけ。

下りてくるとこんな立派な案内板があります。

DSC_0031.jpg

山の上から下ろされたという飯道寺。

DSC_0034.jpg

まるで二日前の再現のような、暑い車道歩きで貴生川駅に向かった。

DSC_0035.jpg

二日前と同じく、駅に近づいた頃に小雨がぱらぱらと降ってきたけれど、わずかで止んでくれた。

電車に乗ってほんの数分くらいで豪雨がやってきた。ラッキーだった。
タグ:登山
posted by まつだ at 20:31| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

葛籠尾半島

金曜日(7/14)は随行で琵琶湖北端の葛籠尾(つづらお)半島の山脈を歩いてきた。

奥琵琶湖パークウェイを車で走る人はいるけれど、山を目的に来る人は極めて少ないだろう。私も来るのはもちろん、名前を聞くのも初めてだった。



湖西線の永原駅からタクシーで菅浦の集落まで行く。

DSC_0001.jpg

今日も朝から暑い。琵琶湖の水も生ぬるかった。

DSC_0003.jpg

1000 年以上の歴史のある須賀神社。

DSC_0002.jpg

この参道の石段を上がって、途中で山道に入る。

DSC_0004.jpg

一旦、車道に出て、また山道へ。

DSC_0005.jpg

道はかなり荒れていて、歩いている人はかなり少ない感じ。整備もほとんどされていない。

ひと登りして 370m のピークへ。

DSC_0006.jpg

何か建物があったような雰囲気の残る竹林にお地蔵さん。

DSC_0007.jpg

しばらく歩いてまた車道へ。

DSC_0008.jpg

東側は山本山から賤ヶ岳への山稜。

DSC_0009.jpg

山田山のピークの少し手前で昼食にした。

DSC_0010.jpg

昼食後、15 分ほどで山田山(451.1m)に到着。

DSC_0011.jpg

木の間から山本山。

DSC_0012.jpg

展望エリアからは手前に山本山、奥の左は伊吹、右は霊仙。

DSC_0013.jpg

車道を渡って山稜を辿る。

DSC_0014.jpg

最後のピークで月出山(396.8m)。

DSC_0015.jpg

最後の展望台はあまり展望は良くなかった。

DSC_0018.jpg

2時半過ぎに月出の集落に下りてきた。

DSC_0019.jpg

あとは車道を延々と近江塩津駅へ向かう。

DSC_0020.jpg

1時間 15 分ほど車道を歩いて、4時前にようやく近江塩津駅に到着した。

DSC_0021.jpg

このところの随行は梅雨時にもかかわらず雨には出会っていないけれど、毎回蒸し暑さが厳しい。雨よりはマシかも知れないけれど。
タグ:登山
posted by まつだ at 15:12| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする