2018年04月23日

半国高山

私と同年代で若い頃に京都の北山に足を運んだ人達は、おそらくそのほとんどが「京都周辺の山々」(金久昌業著)を参考にしたことと思う。

その金久昌業(かねひさまさなり)さんが昭和 50 年代前半に書かれた著書で「北山の峠(上中下)」という3冊の本がある。

i-img1200x900-1522847552iwglck18692.jpg

もう何十年も前に絶版になっていて今では入手困難で、ちなみにアマゾンでは古本が1冊2万円くらいで出品されている。

私は中学、高校では北山へは何度も足を運んだものの、二十歳を過ぎてからは登山の対象として興味を持つ山域では無くなっていた。30 台の頃は金毘羅の岩場へは何度も行ったけれど、山歩きの対象としてまた行くようになったのはここ数年のことだ。

そんなわけで私がこの本のことを知ったのはごく最近で、興味は持ったもののさすがに万単位のお金を払ってまで手に入れたいとは思わなかった。しかし図書館にあるということがわかって、借りて読んでみた。

わずか2週間の貸出期間で読み終えられるような軽い内容ではなく、ガイドブックという範疇をはるかに凌駕する峠の文化論だった。

何とか手元に置いてゆっくり読んでみたいと思ったけれど、ネットの中古書店でもなかなか見つからない。

そんな時、オークションで3冊 6,000 円で出品されているのを見つけた。販売時の定価は 1,900 円で若干の上乗せはあるけれど、アマゾンに比べれば極めて良心的な値段である。

入札が競合して値段が’上がっていくのを恐れたけれど、何と競合無しで 6,000 円プラス送料 510 円で落札することができた。

品質は極めて良好で、外側は若干の劣化があるのもの、中身はほとんど読まれた形跡が見あたらないくらいきれいなものだった。

京都市内から見える北山エリアから始まって、若狭湾に出るまでの約 100 の峠が取り上げられて、ルートガイドと共にそれぞれの峠の歴史が綴られている。

もはやガイドブックとしての価値はほとんど無いと思われるけれど、これらの峠たちが今どのようになっているのか、ぜひこの目で見てみたいという気持ちにかられた。

まずはその第1回として周山あたりの峠をいくつかつないで、それから懐かしの桟敷ヶ岳まで足を延ばそうと思った。



4/22 の日曜日、京都駅から周山行きのバスに乗って、杉坂口で下車した。下車したのはもちろん私一人。

橋を渡って車道の脇で準備を整えて、出発したのはすでに9時5分だった。gps のルートでは 27km くらいだったので、そんなにあわてなくても大丈夫だろうと思っていた。

すぐに未舗装の林道に入って、緩い登りをスロージョグで進む。

DSC_0003.jpg

そして最初の目標の供御飯峠(くぐいとうげ、くごいとうげ)に向かう。この分岐に車が1台停まっていた。

DSC_0005.jpg

次第に傾斜が急になってきて、足元も次第に荒れてきた。ほとんど歩かれていない感じ。

ところが、上から女性の声が聞こえてきた。結構な歳のお二人で、山仕事に来られているのだろうか。あの車はこの人達のものだったのか?

DSC_0007.jpg

「供御飯峠へ行くんか?」と聞かれたので「そうです」と返事したら、「こんなとこよう知ってるなぁ」と感心された。たぶん登山者は少ないのだろう。

教えてもらった方向に登っていくが、踏み跡は不明瞭。急傾斜をジグザグに登ったら、供御飯峠に到着した。ちょうど9時半。

DSC_0010.jpg

少し上にはお地蔵さん。きれいに整備されている。小野郷からの道の方がしっかりしているのかも。

天皇が召し上がる食べ物のことを「供御(くご)」と呼ぶらしい。貢納米を運んだ道だったのかも・・・は「北山の峠」から。

DSC_0011.jpg

清滝川は名前に似合わず荒々しい川で、河床のすぐそばの両岸がガケになっている部分がたくさんある。道路工事技術が未熟だった時代はそういう場所に道を造ることができず、そのかわりに峠を越えて反対側に出る道が随所に造られた。そういう生活のための峠がこのあたりにはたくさんある。と言うか、峠というのはそのほとんどが生活道路として利用されてきたもので、登山者はそれを借用しているに過ぎないのだ。

しかし陸上交通が発達してからは多くの峠が忘れ去られてしまって、今や利用者のほとんどが登山者やハイカーになっている。

さて、これで稜線に上がったので、これから北の半国高山(はんごくたかやま)を目指す。

DSC_0012.jpg

道は不明瞭な部分もあるけれど、テープマークが所々にあり、稜線を忠実に辿れば迷うことは無い。

急登をしばらく上がって、供御飯峠から40分で半国高山(670m)に到着した。

DSC_0015.jpg

写真を撮ったら早々に出発。テープマークを追っていたら急な下りになってきて、古いロープが出てきた。北山でもこんな厳しい山があるのかとびっくりしながら下った。

DSC_0016.jpg

標高差で 100m くらい下った頃、ふと左腕に着けた gps の画面が目に入った。何と、とんでもない方向に下っていた!! 山頂から北に向かわないといけないのに、東に下っていた。

さすがにこの急斜面の登り返しは気持ちが折れた。何とかトラバースでごまかせないかと進んでみたが斜面の傾斜がかなり急で、どうしても登ってしまう。結局元の道に戻ってしまって、山頂まで登り返すことになってしまった。約20分のタイムロス。

次なる峠の岩谷峠には10時43分に到着した。目立たない峠だった。

DSC_0018.jpg

ここからの登り返しもなかなか厳しかった。この稜線のデコボコは標高差こそ大したことが無いけれど、結構傾斜がきつい。おかげで思ったほどペースが上がらない。

この次のピークでまたもやロストしかかったけれど、様子がおかしいと気付いて大きなロスにはならなかった。戻ってきたら古い道標が目に入ったけれど、来た時は気が付かなかった。

DSC_0019.jpg

「北山の峠」には登場しない青谷峠。

DSC_0022.jpg

シャクナゲ。

DSC_0023.jpg

ようやく縁坂峠(えんざかとうげ)が見えてきた。

DSC_0024.jpg

しかし足元は石垣があって真っ直ぐには下りられない。少し西側に回り込んで、11時半にようやく縁坂峠に到着した。

DSC_0026.jpg

この稜線は予想以上に厳しかった。予定のルートを踏破するのはムリではないかと思い始めた。

とにかく大森の集落に向けて下る。つづら折れを10分ほど下ったら林道に出た。

DSC_0028.jpg

集落手前に首無し地蔵。ずいぶん古いものらしい。

DSC_0029.jpg

集落の中をジョグで進みながら、これからの行程を考えた。あまり北へ行ってしまうと雲ヶ畑に下りなければならない。ここのバス便は1日2便しかないので、何とかそれは避けたい。周山なら1日10本以上あるので、断念するなら早い方がいい。

とは言うものの、いくら何でもまだ戻るには早すぎる。茶呑峠へ直行しようかと迷ったけれど、思い直して当初の予定の伏見坂に向かった。

DSC_0033.jpg

このあたりは京都一周トレイルの京北コースの一部になっているらしい。おかげで整備されている。とは言っても峠はこんな感じ。

DSC_0035.jpg

このあとも一周トレイルコースを下ったけれど、コースはずっと南下していく。しかし私は北へ向かいたいのですぐそばの車道に下りたいのだけれど、ちょっとした溝があって水が流れている。濡れずに渡れそうな場所を探して、何とか車道に下り立った。

DSC_0036.jpg

このまま車道を北上して、地図だとこのあたりが河原峠(こほろとうげ)。車道はまだ登っているのでここが峠とは思えないのだが・・・。

DSC_0042.jpg

東俣へはここを入って行くと思うのだけれど、少し先にゲートが。

DSC_0041.jpg

横から勝手に入って進むが、東俣への分岐がよくわからない。林道が上がっているのでそこに行ってみたらほどなく行き止まりだった。

DSC_0039.jpg

戻ってきて少し進んだら小さな標識がころがっていた。

DSC_0040.jpg

しかしこの先はかなりの急登で、しかも踏み跡も不明瞭。せめて茶呑峠までと思ったりもしたけれど、もう気持ちが萎えた。

ここで今日初めて腰を下ろしておにぎり休憩にして、周山からのバス停に向けて戻ることにした。

しばらく車道を行く。緩い下りという好条件なのだけれど、気持ちが切れて走る気分になれない。おまけに暑い。ちょっと走ってはしばらく歩いてを繰り返して、伏見坂の南にある雲月坂に向かった。

伏見坂は一周トレイルコースなので整備されていたけれど、こちらはもはや廃道状態。2014年の登山地図には実線で書かれているけれど、ホンマかいなという感じ。

DSC_0047.jpg

このあと踏み跡がわからなくなって適当に進んでいたら、下ってくる踏み跡に遭遇した。本当の峠は通らずに来てしまった。

DSC_0049.jpg

さらにこの下では道が完全崩壊。横の斜面を適当に下った。

DSC_0051.jpg

午後2時前に車道に出た。

DSC_0052.jpg

スマホでバスの時刻を調べてみると、2時10分に周山を出るらしい。小野郷は2時20分くらいだろう。バス停までは 2km くらいなので、走れば間に合いそう。

こういう目標ができるとまた走れるもので、バス停に向かってひたすら走った。

バス停の手前に岩戸落葉神社。源氏物語のモデルになった落葉姫と関連があるとか。

DSC_0054.jpg

2時15分に小野郷のバス停に到着した。時刻表を見たら次のバスは2時23分だった。

DSC_0056.jpg

それにしても北山の風情は昔とは激変した。数年前から北山に再訪しだした頃から感じていた事だけれど、昔は北山と言えばササ藪だったのだけれど、そういう藪はほとんど見かけなくなってしまった。ササというのは数十年のサイクルで繁栄を繰り返すという話を聞いたこともあるので、いつの間にか枯れるサイクルに入っているのかも知れない。

「北山の峠」の写真を見ても、道の両側はほとんどササが茂っている。

実は私が北山に行かなくなった主たる要因はササ藪で、ヤブ漕ぎがいやで北山に行かなくなってしまったのだ。

その当時と比べると本当に歩きやすくなった。その代わりに木が成長して展望が遮られるようになってしまった。滝谷峠や仰木峠など、昔は眺望の名所だったのに今はその面影も無い。

おそらく私が現役で山へ行ける間にまたササ藪が復活するようなことは無いだろう。せっかくなのでまた北山にもまた目を向けたいと思っているのだけれど、交通機関が難点である。
posted by まつだ at 15:42| Comment(0) | トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

藤原岳

先の日曜日(4/15)は講座で鈴鹿の藤原岳へ行ってきた。

藤原岳はちょうど3年前に別の講座で訪れているけれど、この時は雨で登りに時間がかかって、山頂に到達することができなかった。

講座が違うので参加者は前回とはほとんど重なっていないのだけれど、今度こそは好天を期待してということだったのに、何とまたもや雨。

前回は聖宝寺道を登って大貝戸道を下ったが、今回は大貝戸道を往復する。

マイクロバスでの道中は雨だったけれど、幸い次第に小降りになってきた。




小雨の中、傘をさして出発したのはちょうど 10 時だった。※写真は下山時のもの

DSC_0013.jpg

神武神社の横から登山道に入る。

DSC_0002.jpg

ほどなく雨は止んで、四合目で一休み。

DSC_0003.jpg

この道は登り一辺倒。聖宝寺道と合流した八合目に 11 時 45 分頃に着いて、ここで昼食にした。

DSC_0004.jpg

このあたりから少しずつ花が出てきた。まずはヒトリシズカ。

DSC_0005.jpg

藤原岳と言えばフクジュソウ。ただしもうほとんど終わっている。

DSC_0007.jpg

1時ちょうどに藤原山荘に到着した。

DSC_0008.jpg

トイレを済ませて山頂へ向かう。あと一頑張り。

DSC_0009.jpg

1時 28 分、無事山頂(1140m)に到着した。残念ながら眺望は無し。

DSC_0010.jpg

時間の余裕があれば天狗岩もと思っていたけれど、それは諦めて早々に下山に移る。

下の方では下界を眺めることができた。

DSC_0011.jpg

神武神社のすぐそばにはマムシソウ。

DSC_0012.jpg

眺望が無かったのは残念だったけれど、無事登頂して終えることができた。
posted by まつだ at 15:55| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

瓜生山から修学院

4/11(水)は京都一周トレイルの講座で銀閣寺道から瓜生山、修学院までを歩いてきた。

天気予報では午後は降水確率が高かったけれど、昼頃にほんの少しパラパラした程度で、何とか降られずに終えることができた。



銀閣寺道のバス停のそばからしばらく住宅街を歩く。

DSC_0001.jpg

いつものように天神宮神社に立ち寄る。

DSC_0002.jpg

バプテスト病院わきから山道に入って、瓜生山への急登になる。

DSC_0005.jpg

白幽子厳居之跡。

DSC_0006.jpg

DSC_0007.jpg

そして石切場跡。

DSC_0011.jpg

DSC_0009.jpg

歩き出して1時間少々で瓜生山(301m)に到着した。

DSC_0012.jpg

西側が開けている場所があった。愛宕山が雲の真下にある。

DSC_0013.jpg

ミツバツツジの回廊。

DSC_0015.jpg

鳥居のある広場まで行きたかったのだけれど小雨がパラついてきたので、木陰になる場所で昼食にした。

DSC_0016.jpg

幸い雨はほんのわずかで、鳥居の広場へ。

DSC_0017.jpg

沢を3回渡って、雲母坂を横切って沢筋に下りる。

DSC_0019.jpg

修学院離宮のそばを通って修学院に下山。音羽川の橋から雲母坂のある方向を望む。

DSC_0021.jpg

この講座はいつも参加者がわりと少なめなのだけれど、今期は 18 名となった。近くに他のパーティがいなければいいのだけれど、そうでない場合は人数確認がなかなか大変だ。
ラベル:登山
posted by まつだ at 16:39| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする