2017年01月22日

天狗岳

昨日は随行で犬鳴山の天狗岳へ行ってきた。

後半の五本松から犬鳴山温泉までは昨年の秋に紀見峠から南葛城山、和泉葛城山を経て犬鳴山温泉まで歩いた時と同じコースだが、天狗岳というのは初めてだった。



まだまだ記憶がしっかり残っている犬鳴山のバス停で出発の準備を整える。今日も寒いが天候は安定していそうだ。

DSC_0001.jpg

昨年は速歩で駆け抜けた参道もゆっくりと。

DSC_0003.jpg

DSC_0002.jpg

義犬の墓。

DSC_0004.jpg

登山道は不動明王のすぐ横から始まる。

DSC_0005.jpg

かなりの急登を滑らないように注意しながらヒイコラ登って、1時間ほどで天狗岳(558m、地形図では「燈明ヶ岳」と表記されている)に到着して、ここで昼食にした。

DSC_0008.jpg

少し戻って東に向かって、急なアップダウンを繰り返して大タワで車道に出た。

DSC_0009.jpg

ここから五本松まではしばらく車道。

DSC_0010.jpg

売店を通過してこのあたりの最高地点(747.7m)まで行った。

DSC_0011.jpg

南の方は霞んでいてあまり遠くまでは見えない。

DSC_0012.jpg

あとは犬鳴山温泉まで下るだけ。

DSC_0013.jpg

車道に出て、トンネルを越える。

DSC_0014.jpg

午後3時 15 分くらいに犬鳴山のバス停に戻ってきた。

山道を歩いた距離や時間は大したことは無かったけれど、結構楽しめるコースでした。
タグ:登山
posted by まつだ at 11:13| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

細野口から高雄

日曜日は大雪の中、登山講座で京都の山を歩いてきた。

当初の予定は京北の細野口から松尾峠、朝日峯から峯山を経由して高雄というコースだったが、積雪のために時間がかかって、松尾峠から高雄に下山することになった。



2〜3日前からこの日はこの冬最大の寒気団が下りてくることがわかっていたが、この講座は基本的によほどのことが無い限りは中止にならない。

土曜日の夜にはここ枚方でも雪がちらついてきた。

朝、外を見たら道路にはうっすらと雪が積もっている。ここでこれくらいなら京北の方はどうなのだろうと思ったら、何と京都市に大雪警報が出ている。

入山口の細野口は山間部を走るバスに乗らなければならないので、はたしてバスが運行しているだろうか。

決行されるかどうか不安な方から何人か問い合わせがあったけれど、どうもバスは遅れながらも運行しているようなので、とにかく行ってみると伝えた。

JR の運行がずいぶん乱れてバスの時間に間に合わない方が出てしまったけれど、バスは京都駅をほぼ定刻で出発した。

京都市内は車道もたっぷりの積雪で、これではおそらく今日の駅伝(都道府県対抗女子駅伝)は中止だろうと思った。

定刻よりも 15 分ほど遅れてようやく雪の積もる細野口に到着した。受講生の方の大半は同じバスだった。

前半のコースは昨年、別の講座で行った朝日峯と同じ。

車道以外は踏み跡はまったく無し。

CIMG2637.jpg

最近の京都北山でこれだけ雪が積もるのはめずらしい。

講座のタイトルは「ビギナーのための・・・」という名称なのだが、今日のメンバーはリピーターの常連さんばかりなので不安は無い。

CIMG2638.jpg

田尻の廃村でちょっと休憩。

CIMG2639.jpg

ようやく登山道に入ってきた。

CIMG2640.jpg

松尾峠到着はすでに午後1時だった。ここで昼食。

CIMG2641.jpg

予定のコースへ行くことは時間的にもはや不可能なのだが、朝日峯は雪が無ければほんのわずかの距離にある。

しかし今日の状況では往復小一時間が想定されるので、このまま直接高雄に下山することになった。

松尾峠のお地蔵さん。

CIMG2642.jpg

当初歩く予定だった峯山の稜線が望める。

CIMG2643.jpg

松尾峠から1時間足らずで林道に下り立った。

CIMG2644.jpg

単調な林道を 40 分ほど歩いて、清滝川の車道に出た。

CIMG2645.jpg

解散後はまた沢池に向かう道を歩いて太秦の方へ出ようと思っていたけれど、この積雪ではかなり時間がかかりそうなので、みなさんと一緒にバスで京都駅に向かった。

市内に入ると車道の雪はほとんど無くなっていて、駅伝も予定通り開催されたようだ。しかし後からニュース映像を見ると宝ヶ池のあたりでは吹雪状態だった。

我々が京都駅に向かう時も、京都駅に近づくにつれて雪が激しくなって、京都駅ではまたかなり降っていた。

京阪七条まで歩く予定は迷わず却下して、近鉄、京阪と乗り継いで帰宅した。さすがに枚方ではもう降っていなかった。
タグ:登山
posted by まつだ at 11:31| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

戸寺から鞍馬

11 日は今年初めての随行で、京都一周トレイルコースを戸寺から鞍馬まで歩いてきた。



すっきりしない天気で気温も低く、北の方はうっすらと雪がかぶっている。

DSC_0151.jpg

一周トレイルコースからは少しそれているけれど、ここを通る時は江文神社ははずせない。

DSC_0153.jpg

江文峠を越えて静原へ。

DSC_0155.jpg

静原神社のそばの公園で昼食。それにしても今日は寒い。

DSC_0156.jpg

ここには立派な杉の木が立っている。

DSC_0157.jpg

このコースは個人的には何度も通っているけれど、ここはいつも横目でチラッと眺めるだけで通り過ぎてきた。随分由緒のある神社らしい。

そして今日最大の登りの薬王坂へ。

DSC_0160.jpg

実は山道に入る前のコンクリート舗装の急坂が核心部で、路面にスリップ防止の溝が切られてはいるものの、濡れているとコケでずるずる滑る。今日はあまり濡れていなかったのだ大丈夫だったけれど。

薬王坂弥陀二尊板碑(いたび)。こんなものこれまで気に留めたことも無かったけれど、南北朝時代後期(数百年前)のものらしい。

DSC_0161.jpg

一頑張りして薬王坂へ到着。

DSC_0163.jpg

時間があるので、寄り道して竜王岳(506m)へ行った。

DSC_0164.jpg

ここからは鞍馬寺が大きなアングルで眺めることができる。

DSC_0167.jpg

鞍馬寺の山門に到着して、駅で解散となった。

DSC_0169.jpg

どうもこのあたりは水曜日が定休日の店が多いようで、観光客も少なくて閑散としていた。
タグ:登山
posted by まつだ at 10:05| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする