2018年01月21日

金剛山、大和葛城山

この週末、ようやく今年初めて個人山行に行けるチャンスがやってきた。

雪景色が見たいと思って、1/20 にお手軽コースの金剛山に行き先を決めた。

金剛山はロープウェイもあって大阪界隈では人気の山なのだけれど、スタートゴールを電車の駅にしようとするとなかなかコース設定が難しい。はっきり言って、電車の駅からはかなり遠い。

かと言って車で行くと、周回コースもなかなか適当なルートが見あたらない。

何が何でも行き帰りは電車にしたかったので、ダイトレのレースでゴールになっていた南海の天見駅をスタートして、レースのコースを逆に辿ってダイトレに合流。その後、金剛山、大和葛城山。それから御所に下りるというコースを設定した。



ライトジャケットとビーニーを身につけて、8時2分に天見駅を出発した。

DSC_0001.jpg

車道を 20 分足らず走ったり歩いたりして、登山道に入った。暑くなってきたのでジャケットとビーニーを脱ぐ。

DSC_0005.jpg

出発してからちょうど1時間でダイトレのコースに合流した。

DSC_0008.jpg

このあたりは走れるパートが多い。アップダウンが少ないし、路面もフラットで障害物が無く、トレランのためにあるような道だ。

DSC_0010.jpg

ダイトレに入ってからほんの数分で西ノ行者堂。

DSC_0011.jpg

タンボ山の山頂はパス。

DSC_0012.jpg

杉尾峠も走って通過。

DSC_0014.jpg

9時 37 分に行者杉。

DSC_0015.jpg

至る所にいらっしゃる役行者。

DSC_0017.jpg

出発してからちょうど2時間で千早峠。

DSC_0020.jpg

この後、今日初めて展望の得られる場所に出たけれど、和歌山方面は霞んであまり見えない。もっと好天を予想していたのだけれど・・・。

DSC_0024.jpg

中葛城山(937m)は「これが山頂なの?」という感じ。

DSC_0026.jpg

金剛山の山頂エリアが見えてきた。それにしても雪の気配はまったく無し。

DSC_0031.jpg

11 時前に伏見峠の林道に出た。

DSC_0032.jpg

少し上がってキャンプ場のベンチでおにぎり休憩にした。出発してからちょうど3時間。

DSC_0033.jpg

これまで何度もそばを通過していながら一度も立ち寄ったことの無かった湧出岳(ゆうしゅつだけ、1111.9m)へ。

DSC_0037.jpg

金剛山エリアで標高が一番高いのは葛木岳(1125m)なのだけれど、ここは葛木神社の境内で立ち入ることができない。

そしてその葛木神社へ。

DSC_0049.jpg

ライブカメラのある山頂広場はおそらく雪が溶けたのであろう、地面がべちゃべちゃ。

DSC_0052.jpg

今日はここからはダイトレを行かずに六道ノ辻を経由して水越峠を目指す。私自身、初めてのルート。

部分的に路面が凍結していて慎重に歩かなければならない所もあったけれど、大日岳(1094m)は走って通過。

DSC_0055.jpg

太尾塞跡で道を間違えて、ダイトレの林道に下りる方へ少し下ってしまった。戻った時に「県境尾根」と書かれたテープが目に入ったので、そちらに下ったのだけれど、これまでのしっかりした道とは一変して踏み跡程度のケモノ路。ただしテープは随所にある。

DSC_0061.jpg

大変な急坂で、しかも木が疎林なので、ささえになるようなものがほとんど無い。20 分くらいだったけれど、緊張を強いられて、ダイトレの林道に下り立った。

DSC_0064.jpg

水越峠の手前に東屋があったので、そこでどら焼き休憩。

1時ちょっと前に水越峠を通過。

DSC_0069.jpg

ここからの上り階段はなかなかつらい。Stairway To Heaven

DSC_0070.jpg

45 分ほどの登りでようやく大和葛城山(958.9m)に到着。

DSC_0073.jpg

金剛山を振り返る。

DSC_0075.jpg

これは奈良盆地。

DSC_0078.jpg

あとは消化試合で御所まで下るだけ。これまでに随行で2回登った「くじらの滝コース」を下る。

10 分少々下ったところ、沢のトラバースの部分でとんでもない崩壊に出くわした。

DSC_0082.jpg

このコースはわりと初心者向きなのだけれど、崩壊部分がまったく補修されていない。

このあと道がカーブしてまたこの沢に出会った場所では、さらに激しく崩壊していた。

DSC_0084.jpg

これまで登山道が崩壊しているのは何度も見ているけれど、これほどの大崩壊は初めてだ。元の道が完全に消失している。

本来の登山道は沢の右岸にあるのだけれど、かなり高い部分から崩壊している。とにかくしばらく沢を下ってみて、適当な場所を見つけて右岸に這い上がろうと思った。

水の流れはそれほど多くはないけれど、心配なのは滝が現れること。雪を想定してゴアテックスのシューズを履いてきたのが、こんな所で役に立つとは・・・。

25 分くらい何とか下ったところ、ついに滝が現れてしまった。おそらく落差 3m くらい。側壁は両側とも大きく崩れているので、巻くこともできない。ロープがあれば懸垂下降で下りられるかも知れないけれど、そんなもの持っているはずもない。

諦めて戻ることにした。

ロープウェイの山頂駅に行って、そこから北尾根を下りるしかない。しかし一旦緩んだ気持ちを立て直すのはなかなか大変で、ロープウェイが動いていたらロープウェイで下りようかなんてことも頭に浮かんだ。

実は下りてきた時に目に入った「立入禁止」の立て札が気になっていた。最初の崩壊現場のあと、道がカーブしている所にあったもので、2万5千の地形図にはここから下に向かう道が記載されている。

「ここからは下山できない」と書かれているけれど、地図を見ると下に沢は無いし、それほどの急傾斜も無い。下部では予定していたルートに近づく場所がある。行くしか無いだろう。

DSC_0085.jpg

道は荒れてはいたけれど、どうというほどのことは無かった。予定していたルートに近づいたあたりでその方向に向かったところ、あっさりとその道に合流できた。

沢に下り立った所で唖然とした。櫛羅の滝は残っているけれど、河床が土砂で埋め尽くされている。

DSC_0089.jpg

ロープウェイの駅に近づいたらロープが張られていた。

DSC_0091.jpg

おそらく上でもロープウェイの駅などには警告が張られていたのだと思うけれど、私は人通りの少ない道をショートカットぎみに下ったので、そういう標識には出会わなかった。

ロープウェイは運行されていた。

DSC_0092.jpg

無事に下りてこられたら気持ちも回復して、近鉄御所駅まで 20 分少々のジョグで帰った。

DSC_0094.jpg

御所駅に着いたのは午後4時ちょっと前。

約 29km。8時間弱でした。
ラベル:トレイル
posted by まつだ at 17:06| Comment(0) | トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

唐櫃越え

日曜日(1/14)は随行で「唐櫃越え」を歩いてきた。

唐櫃越えはほんの2ヶ月ほど前に一人で歩いたのだけれど、この時はわりと道が荒れていた。はたして今日はどうなることか。



集合は苔寺のバス停。私は阪急の上桂駅から歩いて行った。

DSC_0018.jpg

このところ冷え込みの厳しい日が続いていて、地蔵院の前もうっすらと雪。

DSC_0019.jpg

竹林を抜ける。

DSC_0020.jpg

お墓を過ぎて山道へ。

DSC_0021.jpg

南の方には小塩山。

DSC_0022.jpg

2ヶ月前に歩いた時は落ち葉に覆われていて道がわかりにくかったのだけれど、今日は随分様変わりしている。

DSC_0024.jpg

11 時半頃、沓掛山(416m)に到着して、昼食にした。出発してからほぼ2時間。

DSC_0025.jpg

前回、ひどい倒木のあった所は横に踏み跡ができていた。

ほどなく林道へ。

DSC_0026.jpg

朝方は好天だったのだけれど、次第に雲がかかってきて、愛宕山の上部は雲に覆われている。

DSC_0027.jpg

みすぎ山手前の倒木も横に踏み跡ができていた。

DSC_0028.jpg

午後1時 45 分、みすぎ山(430.1m)に到着。

DSC_0029.jpg

このあとの谷筋の下りは前回は小雨と暗闇でずいぶん歩きにくかったのだけれど、今日はどうということも無い。

DSC_0031.jpg

あっさりと住宅街へ出た。

DSC_0032.jpg

このあと住宅街を歩いて、3時頃に馬堀駅で解散となった。

私は二条で地下鉄に乗り換えて、奇しくも前回このコースで折れた傘を修理してもらうべく、新京極のモンベルに向かった。
ラベル:登山
posted by まつだ at 17:23| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

ほだ火・・・

昨秋から登山講座で六甲全山縦走路を歩いている。つい先日も歩いたばかりだ。

昨年も個人的な全山縦走は2回やっていて、決して六甲から気持ちが離れたわけではないのだけれど、キャノンボールを卒業したと決めたのがきっかけになったのか、自分の中では随分遠のいた気持ちになっていた。

しかし講座で分割してのんびり歩いていると、また無性に夜間ランがやりたくなってきた。702 の深夜カレーもまた食べたいという気持ちがふつふつと湧いてきた。

3年前の篠山マラソンを 33km でリタイアしてからはロードレースをまた走りたいという気持ちになったことは一度も無いし、トレイルも今はレースに出たいという気持ちはまったく無い。

しかしどうもキャノンボールだけは別物のようで、まだ未練が残っているのかも知れない。

昨秋の大会はエントリーしなかったのだけれど、この3月の大会の案内を見たら勢いでエントリーしてしまった。

とは言っても今回は往復ではなくて夜間の片道。

昨年3月の大会は往復でエントリーしたけれど結局片道でリタイアしてしまって敗北感しか残らなかったので、今度は最初から片道で行こうと思う。

何と言っても六甲全山縦走は夜間が素晴らしい。

昨年は寒さにやられたので、今年は暖かくして走ろうと思う。
posted by まつだ at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする